Tomoo Y.

システムコンサルタント [テクノロジーコンサルティング本部 金融サービスグループー保険業界向けテクノロジープラクティス] シニア・マネジャー

東京オフィス


"2007年中途入社。生保業界向けのシステムプランニング、プロジェクトマネジメントが専門。お客様、プロジェクトメンバー、自分、家族みんなが「楽しく!」あることがモットー。"

What I do

より成長できる環境を求めて
前職では保険系SIerでSEをしていましたが、会社が求める成長スピードと私が求める成長スピードにギャップを感じ、より自分が成長できるチャレンジングな環境を求め転職を決意しました。アクセンチュアには優秀な人材が非常に多く、みんな背伸びをして仕事をしているというイメージだったのでその中に身を置き切磋琢磨できれば必然的に成長できるのではないかと考え、入社を決めました。

入社当初は前職からの引き続きでSEとして入社し、経験したことのない規模・スケジュールでの開発に従事し、「やりたい!」と声を上げた役割を与えてもらえました。非常に楽しく、成長を実感することもできたので転職は成功だったと感じています。その後、大規模プロジェクトマネジメントなどコンサルティング寄りの仕事も多くしてきたこと・プロジェクトの上司からのオファーもあり、途中でコンサルティングの部門に異動しました。現在は、部門における生命保険業界向けテクノロジープラクティスのリードと、生保会社向けのSI案件担当および大規模SIのプロジェクトマネジャーを行っています。

Financial Services Careers TOP (金融サービス本部)

A day in my life

全員が強みを発揮できる、「全体での協業」を目指す
朝は6時に起床し、子供と一緒にご飯を食べ・遊び・保育園に送ってから出社しています。可能な時は早く帰って子供の寝かしつけもしています。イクメンのような立派なものではないですが、「親子が一緒に過ごせる時間」は限られているので、仕事だけでなく家族への時間の作り方も考えるようにしています。

私がワークスタイルとして大切に考えているのは「全体での協業」です。上司・プロジェクトメンバーはもちろん、お客様も含めて全員で同じ方向を見て全員の強みを融合させることを目指しています。今はお客様先に常駐していますが、アクセンチュアのコンサルティングとテクノロジーそれぞれのメンバーがいて、さらに東京オフィスだけでなく、大阪・北海道・フィリピン・中国と、所属の異なる100名規模のアクセンチュアメンバーと一緒に仕事をしています。スキルだけではなくバックグラウンドも様々なので、会社でも掲げているインクルージョン&ダイバーシティを大切に考えています。

"より早く成長できる環境を求めてアクセンチュアに入社しましたが、想像以上に楽しく、刺激的なプロジェクトに携われていると感じます。"

My advice

スキルを評価してくれる環境でキャリアを築く
アクセンチュアには優秀な社員が多く、時には困難な仕事もあり、成長すると更なる成長が求められます。また、新卒・経験者採用関係なく役割が与えられるのもアクセンチュアの楽しいところです。経験者採用で入社される方の年齢は様々で、20代はもちろん、40代で入社されて活躍している方もたくさんいらっしゃいます。キャリアカウンセリングの仕組みや、インクルージョン&ダイバーシティの推進など、経験者採用入社の方も働きやすい環境が提供されていると感じます。今でこそSEからコンサルタントへの転身は珍しくないですが、私の場合はアクセンチュア 内で会社が異なったこともあり、転籍にあたってはコンサルティング職を勧めてくれた当時のシニア・マネジャーが強くサポートしてくれました。SEへの思い入れも強かったのですが、コンサルタントとしてのスキルが評価されやりがいのある仕事に携わることができている今の環境を楽しんでいます。個人のやりたいことを後押ししてくれる環境なので、困難なことにチャレンジしたい方は想像以上に成長できる会社だと感じています。

 Tomoo Y.

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る