Sunao D.

PMスペシャリスト、マネジャー​

東京オフィス


"地方在住のエンジニアとして市町村におけるシステム統合を多数経験したのち、より大規模な仕事を手掛けるためにアクセンチュアへ転職。現在は、大手保険会社のお客様における改革プロジェクトでPMOを担当しています。"

What I do

現在携わっているプロジェクトについて教えてください
私は現在、大手保険会社のお客様における改革プロジェクトでPMOを担当しています。プロジェクトの運営・推進に関するタスク全般を担い、お客様やアクセンチュア社内との調整でパフォーマンスを発揮しながらプロジェクトを効率的に前進させるための数々の施策をプロジェクトマネジャーと二人三脚で取り組んでいます。
プロジェクトは現在、PoC(概念実証)のフェーズです。私はPMOの立場と観点で「“何を明らかにするのか”の明確化」「検証対象ソリューションの機能・非機能の明文化」などを行い、お客様へ提出する報告書をまとめあげています。これらの業務を通じて、お客様の経営層の意思決定をご支援しています。
アクセンチュアの仕事では、自分の働きがプロジェクトの進捗や成果にダイレクトに反映されるのを強く実感します。業務にあたってはアクセンチュアを代表する立場として、社内外の様々なチャネルに対してコミュニケーションし、プロジェクトを牽引していけることに達成感を感じます。それは同時に、仕事のやりがいでもあります。

テクノロジーコンサルティング本部 TOP

A day in my life

アクセンチュアで働く魅力を教えてください
アクセンチュアに入社する以前、私は行政サービス全般へのIT支援を展開する企業に勤務する地方在住のエンジニアでした。時代は「平成の大合併」と呼ばれ、市町村におけるシステム統合を多数経験しました。しかし、より大規模な仕事を手掛けたいと願い、アクセンチュアへ転職しました。
入社直後は自分のスキルが通用するか、カルチャーになじめるかなどの不安がありました。しかし初めてアサインされたプロジェクトで、同僚のメンバーから「アクセンチュアの仕事の進め方や考え方」を丁寧に教えてもらうことができ、不安は間もなく解消されたことが印象に残っています。多くの社員が、新入社員に対する接し方、キャッチアップする場の提供に慣れており、共に仲間として同じ方向を向いて成長していこうという気概を持っています。
現在、私はマネジャーとしてプロジェクトを率い、推進する立場にあります。「お客様のビジネスの成功のために、やらなければいけないことは何か」を考え抜くだけでなく、上司であるマネジング・ディレクターやシニア・マネジャーと徹底的に議論もします。マネジャーになってからは、そうした上級管理職と直接会話する機会が圧倒的に増えました。的確かつ詳細なフィードバック、自分になかった発想を得られる気づき、ビジネスに関する学びなどを、ある意味で気軽な交流の中で共有してもらえる文化は、アクセンチュア以外ではなかなか見られないかもしれません。

"ビジネスに関する学びなどを、ある意味で気軽な交流の中で共有してもらえる文化は、アクセンチュア以外ではなかなか見られないかもしれません。"

My advice

現在転職を検討されている方へのメッセージ
私自身の成長も、ますます加速しているのを感じます。最近はプロジェクト管理能力の向上を目標として強く意識していますので、プロジェクト管理に関するタスクを担うことができる現在の所属組織は、自分のやりたいことができる環境です。しかも偶然にも、現在のプロジェクトのデリバリー・リードを所属組織のリードが担当しているため、組織の長からプロジェクト管理に関するスキルの指導を直接受けることができ、ノウハウを伝授していただけています。組織としても勉強会などが定期的に開催されており、各自のスキルアップを後押ししています。

関連する職種

日本 東京

PMスペシャリスト

Software Engineering

公開 1か月以上前

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る