Image Thumbnail

AIグループ

AIとアナリティクスでビジネス変革と成長に貢献
続きを読む

スマートな戦略でAIを本格導入

AI(人工知能)とは、マシンがあたかも人間のように感知し、理解し、行動し、学習することを可能とする、多種多様なテクノロジーの集合体です。この恩恵を最大限に得るためには、人間とマシンがお互いの強みを合わせて協働することが鍵となります。

AIの応用範囲が広がるにつれて、どの業務にどの範囲でAIを採用・導入するか、 迅速な経営判断が求められる時代になっています。しかし、大局的なビジョンと戦略を持たず、拙速にAIソリューションを導入すると、取り組みはサイロ化し、得られるROIも限定的になってしまいます。

部分的にAIを採用・導入するだけでは、AIの真価を発揮することはできません。ビジネス全体を変革できるような強力なAI戦略を掲げたうえで、それに沿った形で適切なAIに投資をし、関連するステークホルダーへの影響に配慮した、責任ある形でのAI構築が必要となるのです。

AI導入の成功要因を検討し、AIの価値を具現化するまでのAIロードマップを紹介します。

AIの本格導入に近道はありません

データ分析から導き出されたインサイト無しにAIの活用は始まりません。AIグループAIサービスと共にアナリティクス自動化のソリューションを提供し、お客様が独自のAI戦略を策定し組織全体で取り組むためのお手伝いをします。

成功への鍵

AIグループの戦略はAIをビジネス全体で活用するために不可欠と考える以下の要素に基づいています。

HUMAN+MACHINE:人間とマシンの協働

AIが得意とするスピードとスケールの拡大が人間の創造性と判断力と合わさることで、より多くの成果を上げることができます。

レスポンシブルAI

アクセンチュアは、従業員やビジネスに力を与え、顧客と社会に等しく良い影響をもたらすAIを設計、構築、展開することを 「責任あるAI(レスポンシブルAI)」と定義しています。AIが信用を獲得しながら望ましい結果をもたらすには、具体的かつ柔軟な基本理念に基づいたガバナンス戦略が欠かせません。

組織文化のチェンジマネジメント

適切なトレーニング、ツール、プロセスを導入し、すべての機能とレベルにおいてAIを活用できるよう組織変革を推進します。

イノベーションのエコシステム

様々なソリューションを持つエコシステムパートナーと協力して、AIアジェンダの構想から実行までを支援します。

エンド・ツー・エンドの統合

単一のアルゴリズムやツールに焦点を当てるのではなく、全体的なビジネス、業務プロセス、機能を考慮し戦略を策定します。

全て見る

AI HUBプラットフォーム/AI POWERED サービス

アクセンチュアでは、AIエンジンの導入はゴールではなく、ビジネスゴールに応じた自動化・高度化を目指すべきと考えており、企業のAI導入を適切・迅速に進められるサービスの開発を加速してきました。アクセンチュアが開発したAI HUB プラットフォーム(複数のAIエンジンから最適なエンジンを組み合わせ、人間のオペレーターとの協調も可能なプラットフォーム)をベースに、その特徴を活かした各種AI POWEREDサービスを紹介します。

AI HUBプラットフォーム

AI POWERED サービス

AI POWERED マネジメントコックピット

AI POWERED バックオフィス

AI POWERED ナレッジシェアリング

AI POWERED コンタクトセンター

AI POWERED コンシェルジュ

AI POWERED セールス

AI POWERED SCM(サプライチェーン・マネジメント)

AI POWERED アセットメンテナンス

AI POWERED プロダクツ&サービス

事例

AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用し、情報収集・分析の迅速化を実現。

アクセンチュアは、佐賀県における救急隊と医療機関との連携の改善に取り組みました。

オハイオ州では、ビッグデータを活用し、乳児死亡率に影響する要因の理解と対応の向上を行っています。た。

全て見る

関連リンク

外部メディア掲載記事

真の「AIドリブン」で業務改革を超え、経営改革へ

ビジネスの様々な場面にAIが浸透しつつあるが、概念実証(PoC)から実用へ、さらには部分活用からエンタープライズ活用へとスケールさせることに成功した企業はまだ一握り。重要性を認識しているのに、実践は進まない。このギャップを埋めるには何より経営者が自ら意識改革することが重要だ。(ハーバード・ビジネス・レビュー掲載)

リモート営業も意思決定も、AI活用の新常識

AIは、すでに導入するかどうかではなく、どう活用するかのフェーズに入っている。ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、AIの捉え方や活用の仕方もアップデートする必要があるのは言うまでもない。企業がビジネスを加速させるために「今」必要なAI活用とは。(東洋経済オンライン掲載)

ダイバーシティ経営はなぜ必要か?

AIグループの中で「データ分析×コンサルティング」を武器にクライアントの経営課題を解決へと導くデータドリブンコンサルティング(DDC)チームをリードする秦純子は、社内を横断した「インクルージョン&ダイバーシティ」の推進メンバーとしても活動。多様な人材が活躍できる風土づくりの必要性を語る。(Business Insider掲載)

関連ニュースを紹介します

お客様のAI活用をさらに強力に支援する拠点「AIセンター」を設立

お客様に提案・提供するサービスに、AI領域においての最新/最先端の知見、技術や人材を組み入れ、AI活用をさらに強力に支援する拠点「AIセンター」を開設。 筑波大学とAI人材育成、研究開発、エコシステム構築分野での連携も推進。

住友化学とアクセンチュア、住友化学グループのデジタル革新に向けた合弁会社を設立、事業開始

合弁会社「SUMIKA DX ACCENT株式会社」は、AI、データアナリティクス、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)などの活用を通して、持続的な成長とサステナブルな社会の実現に向けた業務改革や新規事業の創出を推進します。

アクセンチュアと国立国際医療研究センター、生活習慣病リスクのAI予測モデル構築に向け共同研究を開始

アクセンチュアと国立国際医療研究センターは、10年近くかけて蓄積された約12万件の健康診断データを基に、生活習慣病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症)の将来リスクを確率として提示する、解釈性の高い人工知能(AI)モデルの構築を目指し、共同研究を開始することを発表。

大同生命、アクセンチュアと共同開発した「医務査定AI」のビジネスモデル特許を共同取得

AIを活用したソリューション「医務査定AI」によって大同生命は、保険申込者の病歴や健診結果などのデータに基づいて査定結果を予測することができ、査定者の判断をサポートする情報提供が可能となりました。

アクセンチュアと東京女子医大、腎移植治療におけるAI活用の可能性について共同研究を開始

腎移植後のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に向けて、腎移植治療における人工知能(AI)活用の可能性について共同研究を開始。ドナーと腎臓移植希望者の腎移植前後の観察検査項目データから拒絶反応や副作用を予測することで、将来的な臨床現場における活用と、より効果的な治療法の選択につなげていきます。

アクセンチュアとMUJIN、物流領域で協業開始

AIやロボットを用いて倉庫オペレーションの自動化・可視化、および配送計画の最適化までを実現。

AIグループを率いるリーダー

採用情報

デジタル技術や先端テクノロジーをビジネスの最前線へ適用し、データサイエンスとの融合により世界の大企業が注目するソリューションをデザインし、実装を支援すること。それがAIグループ(Applied Intelligence)のミッションです。お客様のコアビジネスをデジタルの力で先導した先には、まったく新しい成果をもたらします。AIグループ所属の社員は、そのような価値創造の最前線で活躍しています。AIグループでは、「データネイティブのマインドセット」を大切にしていて、アナリティクスとAIのプロフェッショナルこそが、データという宝の山から真に革新的な価値を見つけ出すことができると考えています。

採用情報を見る