活躍中の社員紹介

Tomoya U.

戦略コンサルタント

東京オフィス


"前職は総合商社の法務部に勤務。契約書作成や管理業務を担当したが、ビジネス現場により近い仕事をしたいと考えて転職を決意。デジタルによって社会が大転換を迎えていることからデジタル領域に強みを持つアクセンチュアを選択"

What I do

現在の仕事について
シンガポールでのM&A案件の支援や国内製薬会社のプロジェクトを経て、現在は日系大手メーカー企業の新規事業プロジェクトに参画。入社から1年弱でアナリストからコンサルタントへプロモーションしました。職位が上がったことで自分の視座も高まり、仮説設定や検証といったコンサルティング能力を鍛えながらお客様への価値提供に励んでいます。

キャリアプランにおけるアクセンチュア
現時点では自分の将来目標に幅をもたせており、キャリアの選択肢を広げたいと考えています。定期的にスーパーバイザーとの面談があり、前回の面談で設定した目標がどの程度達成できているかがわかります。キャリア形成の進捗や自分の成長を客観的に観測できているように感じます。この面談は一般的な日系企業であれば四半期に一度程度の頻度ですが、アクセンチュアで私は隔週で実施しています。濃い時間を過ごす中で、自分自身が急速にストレッチしている実感を持っています。

職種について詳しく見る→戦略コンサルティング本部 採用案内

A day in my life

アクセンチュアライフ
入社直後はアクセンチュアの「仕事のスピードの速さ」や「クイックな意思決定」「議論では単刀直入に本題から入るトークストレート」といった、前職の総合商社とのカルチャーの違いに驚きましたが、自分のマインドを切り替えたことですぐに慣れることができました。毎朝、お客様先へ出社するとチームリーダーとタスクを確認して作業やミーティングを行います。午後にはお客様やメンバーと議論し、次のフェーズへ向けた作業に集中します。同僚とのランチではカジュアルな話題もするなど、チームはまとまっていて雰囲気も良い環境です。

充実した生活を送るための“いま”の自分
私は自分の人生について、「どれだけ社会や人のためになったか、社会をより良くできたか」を指標として測りたいと考えています。お客様ビジネスへの貢献を通じて個々の生活者の暮らしが良くなったり、社会課題の解決に役立ったりすることが私にとって「いい仕事」であるとも言えます。業務後の時間には英語のリスニングをしたり、ビジネス書を読んだりするほか、趣味のボルダリングやジムで汗を流します。

"自分の頭で考え、恐れず発言する。圧倒的スピードで進むコンサルティングの現場で自分の急成長を実感しています。"

My advice

私の仕事に興味を持たれた方へのアドバイス
コンサルティング以外の業界で勤務していた場合、コンサルタントの仕事の基礎となるロジカルシンキングやPCスキルなどに不安を覚えるかもしれませんが、業務の中で確実にスキルアップしますので、過度に恐れる必要はありません。可能であれば、PCスキルは入社前にある程度は身に着けた方がキャッチアップは早いかもしれません。アクセンチュアでは「自分の頭で考えること」「考えを表明(発言)すること」が強く求められます。基礎的な内容の質問をしても、他のメンバーが鬱陶しがることは決してありません。恐れずに質問し、議論の場では積極的に加わろうとする意識が大切だと思います。

Tomoya U.

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る