Kasumi K.

システムコンサルタント[金融サービス領域]

東京オフィス


"2016年新卒入社。面接官が心から仕事を楽しんでいる様子に惹かれ、アクセンチュアへの入社を決意。ITスキルとグローバル経験を強みとし、幅広い分野で活躍できるジェネラリストを目指す。"

What I do

現在の仕事について
証券会社のお客様先にて、証券アナリストの方々が使用する「レポート作成支援システム」を担当しています。私はチームリーダーの1人として、要件定義や課題分析、お客様側システム担当の方々との調整や折衝、開発チームとの橋渡し役で価値を出しています。私たちが開発しているツールは、お客様の海外拠点でも使われますので、英語での要件のすり合わせや問合せ対応も担当し、海外出張に行くこともあります。そのためにも、英語力はより高めていきたいです。テクノロジー、英語、金融知識は現代の仕事におけるコンピテンシーだと考えています。

キャリアプランにおけるアクセンチュア
「ITって楽しい!」と日々感じながら仕事をしています。テクノロジーは、私の未来を照らしてくれる存在です。社内でキャリアを積み、管理職者としてプロジェクト全体を俯瞰してオーガナイズできる人材に成長したいと考えています。そのため、開発の仕事はもちろん、管理やコミュニケーションに関するスキルや経験を日々増やしています。入社直後に配属された金融業界で今日まで仕事をしています。学生の頃は、金融業界 金融業界というと、変革に慎重でITとは遠い世界であるイメージを持っていました。しかし、テクノロジーを駆使した業務改革を提案してお客様を巻き込んでいく現場に面白みを感じ、私の配属先は間違いなかったと直感しました。

Technology Careers TOP

A day in my life

アクセンチュアライフ
アクセンチュアでは「やりたいこと」があるならば、実現するための道を示してくれます。私も「グローバル案件に携わりたい」「チームを持つ経験をしたい」と希望を表明してきたことで、1つひとつ経験を増やすことができ、自分の目標に近づいているように思います。私がチームリードになったとき、メンバーのほうが年齢も経験も上でした。上司から「失敗を恐れるな。迷惑をかけるとか考えず、自分の考えで突っ走っていいよ」「もしミスしても周囲がちゃんとフォローするから大丈夫」と背中を押され、他のメンバーもうなずいてくれた時は、うれしくて泣きそうになりました。フォローを受けながらチャレンジもできる環境なので、「とことんやってやろう」と思いながら日々働いています。アクセンチュアは経験者採用が活発で、事業会社で役員クラスだったような方や並外れた専門性をもつ方が入社されてくるケースも多いです。そうした方の豊富な業界知識や生のエピソードを1~2時間みっちり聞いて議論できる機会が設けられており、組織としても個人としてもより成長できる環境であることを実感しています。

"ITって楽しい!テクノロジーは未来そのもの。周りのチームメンバーに支えてもらいながら、キャリアアップを目指します。"

My advice

私の仕事に興味を持たれた方へのアドバイス
入社前に「自分はどんなライフプランを思い描いているのか」を明確にしておくのが良いと思います。アクセンチュアはそのプランを実現するプラットフォームです。自分がこの環境を使ってどう飛躍したいのか、イメージを持っていることが大切です。私の場合は、どんな案件でも柔軟に活躍できるオールラウンダーになり、「私と一緒に仕事をしたい」と言ってもらえる人材へと成長することがライフプランでした。また、プライベートの面ではいつかママになっても仕事をバリバリ続けたいと夢見て、アクセンチュアに入社しました。社内にロールモデルとなるワーキングマザーの方が多いので、参考にしています。

Akiko O.

関連する職種

勤務地応相談

金融業界コンサルタント

Management Consulting

公開 1か月以上前

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る