Shubi Y.

クラウドアプリケーションエンジニア

東京オフィス


"2016年新卒で日系SIerに入社し、金融機関のシステム設計、開発、テスト、保守などを担当。当時の勤務先でPegaに興味を持ち、より高いレベルの開発スキルを身につけるため、アクセンチュアへ転職しました。入社後はPegaの開発プラクティスに入り、保険企業など複数のお客様のプロジェクトに参画中。"

What I do

現在の仕事について
現在、私のメイン案件では保険代理店様向けのシステムの設計と開発を実施しています。チームの開発リーダーとして、システムのグランドデザインからお客様の要件調整、メンバーの成果物の品質管理まで、プロジェクトを完遂するためのタスクを幅広く担当しています。
並行して別プロジェクトの技術サポートとして参画しており、自分でコードを書く場面も多いです。

印象に残っているプロジェクト
あるコンシューマー向け保険販売システムをPegaで開発した案件は、非常にやりがいがあり、私にとって、アクセンチュアでのキャリアにおける重要なプロジェクトでした。
当時、設計と製造のプロセスにおいては参考できる事例がなく、アクセンチュア社内はもちろん、他社のスペシャリストも含めたディスカッションを重ねてようやく完成しました。
サービスのリリース後は多くのお客様が私の作ったプログラムを経由して保険を購入していることを実感でき、嬉しさはひとしおでした。

職種について詳しく見る→ Cloud First Applications Careers

A day in my life

アクセンチュアライフ
お客様オフィスにて他社メンバーも含めた大型プロジェクトチームでの「協働」が私の働き方の基本形です。
私も周囲のメンバーも、働き方の多様化に合わせてアクセンチュアが整備した制度を活用しています。たとえば私自身も在宅勤務を利用したことがありますし、先輩社員(男性)もお子さんの誕生に合わせて育児休業を取るなどしています。
仕事だけではなく、プライベートを充実させている社員が多くいます。

所属チームの強み
私が所属しているCFA(Cloud Frist Applications)チームはSalseforce、Pega、WorkdayなどSaaSを利用してシステムデリバリーを実行する部署です。
各プラットフォームの専門プラクティスでチームを分割しているので、スペシャリストが連携してパフォーマンスを発揮しています。あらゆる製品領域において、私たちは常に日本一を目指して努力しており、それ自体がアクセンチュアの強みであるように感じます。

"国内に専門家が少ない分野のSaaSならば、すぐに貴重なタレントとして最前線で活躍できます。"

My advice

私の仕事に興味を持たれた方へのアドバイス
CFAで取り扱っているSaaSには、日本展開が始まったばかりのものも多く、国内に有識者が少ない状態です。スキルをマスターすると、すぐに様々なプロジェクトで引っ張りだこの活躍ができるでしょう。一般的なスクラッチ開発よりも体系的にスキルを身に着けやすいため、システム開発経験が浅い方のチャレンジにも最適です。

関連する職種

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る