Akiko E.

データエンジニア、マネジャー

東京オフィス


"前職は日系ベンダーのSEとしてBA(ビジネスアナリティクス)、BI(ビジネスインテリジェンス)、DWHなどのシステム構築プロジェクトで提案、要件定義、設計、構築、テスト、運用までの全工程に携わり、後進育成やチーム組成も担うマネジャーとして活躍。アクセンチュアが構築したシステムへの機能追加に関わった際、きれいに構築されたシステムであったことに感心してアクセンチュアを意識。より付加価値の高いシステムを構築できる人材への成長を期待してアクセンチュアに入社。"

What I do

大規模BI/DWHプロジェクトでマネジャーとして活躍
私はいま、前職での経験を生かして大規模かつ長期的なBI/DWH構築プロジェクトに参画しています。私がプロジェクトに加入したのは総合テストのフェーズでしたが、現在はユーザー受入テスト(UAT)が進行中です。私が担当しているのは、テスト中に生じた問い合わせへの回答、問題発生時の障害か仕様かの切り分け、修正が必要な際の設計書の更新および開発元への修正依頼などのほか、修正完了後の受入やお客様とのコミュニケーションなどの一連の作業です。開発業務はアクセンチュア グローバルの中でも主要なテクノロジー開発拠点の1つである中国のセンターと協働しており、海外メンバーとのコミュニケーションギャップが生じないような仕事の進め方を意識しています。また、BI/DWHチームのリーダーである上司(シニア・マネジャー)の業務をサポートしつつ、自分が担当している複数の業務エリアのレポート作成やデータ加工などを行うチームのリードを行なっています。

データ関連ソリューションの知識と経験で、プロジェクト全体に貢献
私が現在参画しているプロジェクトは規模が非常に大きく、大勢のアクセンチュア社員が参加しています。関わる人が多いことから社内人脈の急速な拡大を実感しているほか、仕事を通じて多くの刺激を受けています。案件規模が大きいため、成果物の量も膨大です。そのため、わずかなミスでも影響範囲が大きく、莫大な工数ロスを発生させかねません。アクセンチュアには自動化ツールや共通ルールを確立するなど、生産性向上とトラブル回避の方法論があります。「品質の良いものを、いかに短期間で完成させるか」について考え抜く、本質的な仕事の取り組み意識が徹底しているのもアクセンチュアならではだと思います。一つのプロジェクトで得られた知見が、その後のプロジェクトで活用される仕組みもあります。アクセンチュア入社前に見てあこがれを持った、「アクセンチュアのナレッジ」にこれからたくさん出会い、携われると思うと、自分が人材としてどれだけ成長できるだろうという期待感でいっぱいです。

Data engineer and Data strategist Careers TOP

A day in my life

最新のテクノロジーを教え合い、学び合う組織
私たちデータエンジニアが所属するデータグループは、巨大組織であるテクノロジー コンサルティング本部の1角を構成しているグループです。テクノロジーコンサルタントという側面だけでなく、先進的なテクノロジーに対して感度の高いアンテナを張っている専門家集団という点が、この組織に所属するメンバーの共通点ともいえます。たとえば、最新ツールの情報収集やトレーニングを組織のトップが自ら実施したり、参加者として私たちと一緒に受講したりといった姿もよく見られます。組織がフラットで、お互いを特定分野の専門家としてリスペクトしていることを強く実感します。ノウハウの出し惜しみは、アクセンチュアではありえません。むしろ積極的に共有するカルチャーが根付いています。これが全世界規模で行われていて、知識や経験、ナレッジに1つのプラットフォームを使って気軽にアクセスできるのもアクセンチュアらしさだと思います。

時間の使い方も効率的。柔軟かつ効果的なコミュニケーション 
私の1日はチームやお客様とのミーティング、その間に進める担当作業とで構成されています。会議も集まって話すだけではなく、チャットツールを使って情報共有したり、会議進行の担当でないメンバーが会議中に上がった課題を調査し、即座に解決したりと、時間を有効活用している特長があります。もちろん会議欠席メンバーにも共有もして、時間や工数のロスを減らしています。議事メモがリアルタイムで作られることも多く、会議終了時点で議事録が完成しているスピード感で日々の仕事を進めています。通話も適宜活用するなど、状況に応じて最善のコミュニケーション手段を取っています。

"アクセンチュアのカルチャーは、惜しみない知見の共有と積極的な活用。データ関連テクノロジーの発展は早く、ノウハウやツールもどんどん進歩します。それらの情報をシームレスに横展開するこの組織ならば、いつまでも最前線で活躍し続けられます。"

My advice

誰にでも手が差し伸べられる、支援しあう環境
私の前職は日系企業でした。外資系企業に対して、私は「仕事の仕方がドライ」「温かみのない人間関係」といった先入観を持っていましたが、アクセンチュアはまったくそんなことがなく、緊張と不安はすぐ払拭されました。入社直後に私が参加したマネジャー会議では、個々のスタッフメンバーの希望や期待に組織としてどう応えるか、1人ひとりのメンバーの育成についてマネジャー同士で熟慮を重ねてアサインしている様子が印象的でした。「こんなにも社員のことを考えている会社なのか」と感動したくらいです。また、アクセンチュアにはキャリアカウンセリング制度があり、仕事やキャリアでの不安についてプロジェクトの上司には言いにくいことも気軽に相談できますし、経験者採用で入社した社員同士のネットワークの場があるなど、困りごとを解決するための共有・共感の場があります。私もたくさん助けられました。不安は誰にでもありますが、必ず支援の手が差し伸べられます。恐れずに飛び込んでください。

関連する職種

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る