Accenture Strategy

Image Thumbnail

デジタルビジネス変革サービス

サステナビリティに関する、国連との1,200名超のCEO調査結果を発表
続きを読む

変化を利用して360度の価値を創造する

常に変化する現在の世界において、企業には迅速な思考および行動力が求められています。そのためには、実際のビジネスで機能する戦略策定が必要となります。バリューチェーン全体における豊富な支援経験を生かし、お客様の戦略策定を支援します。

アクセンチュア・ストラテジーは、AIやデータサイエンスから得られる知見、業界に関する深い専門知識を、事業運営の効率化、サプライチェーンの最適化と運用、テクノロジーの設計と実装、回復力のあるオペレーティング・モデルや企業文化構築といった経験と組み合わせることで、360度の価値創造を可能にします。

これらの豊富な経験を活用し、成長性、収益性、テクノロジーによる企業変革、M&A、オペレーティング・モデル、サステナビリティなどの重要な経営課題に対して、アクセンチュアはCEOや経営幹部と連携し、お客様の価値創出を全方位的に支援します。

The war in Ukraine

ウクライナ侵攻:危機への対応と影響への備え

ウクライナ侵攻がもたらす人的、経済的、ビジネス的な影響を概説し、企業が取るべきアクションを検討します。

続きを読む

戦略事例

事業基盤のない欧州地域にて、2年のTSA期間内に、全ITシステム及びITオペレーションの立上げを実現しました。

みんなの銀行は、デジタルネイティブ層をターゲットにし、顧客起点でサービスやUIを設計しています。

ビジネスとカーボンニュートラル両立に向けた戦略・目標の立案、生活者向けコミュニケーション設計を支援しました。

電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社設立を支援しました。

伊予銀行は、デジタルによる利便性向上と行員の付加価値向上のために、アクセンチュアと共にDXに取り組んでいます。

3D都市モデルを用いた民間サービス開発の案件立上、実証マネジメント持続的発展に向けた戦略立案を支援しています。

全て見る

外部メディア掲載・出演

「脱請負」で世界最先端の総合インフラサービス企業へ。データドリブン経営で変革を実現する

真に業界のディスラプション(創造的破壊)に挑むインフロニアHDとアクセンチュアの2社のリーダーシップが鼎談にて、建設・インフラ業界の危機的な現状とソリューション、そしてその先にある目指すべき姿を語り合う。(2022年7月19日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

「日本型の全方位経営」の実践で、グローバルの新たな競争ルールを勝ち抜く

米国、EU、中国の3極は独自の戦い方を仕掛けているが、日本はまだ独自の勝ち筋が見えていない。サステナビリティやESGに対する世界的な関心の高まりがもたらした新たな競争ルールを踏まえ、日本の強みを活かした戦い方、日本独自の成長モデルを展望する。(2022年3月4日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

社会課題の解決を収益の源泉にするーーアサヒグループホールディングスの挑戦

いかに長期ビジョンとしてのサステナビリティを事業活動の前提として全社戦略にあらかじめ組み込み、抜本的な成長モデルの変革を成し遂げるについて、サステナビリティ経営の取り組みが高く評価されているアサヒグループホールディングス様と鼎談にて語り合う。(2022年2月28日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

”ヘルスケアのデジタル化”の遅れに見る日本の医療・健康課題の本質と、目指すべき姿

コロナ禍で、日本の"ヘルスケアのデジタル化"の遅れと必要性があらためて浮き彫りとなった。デジタルヘルスの現状を国際比較した調査結果を通じ、日本でのデジタルヘルス普及に向けた課題、目指すべき将来像、そして日本における先進事例を論じる。(2022年2月25日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

コロナ禍による消費者のパラダイムシフトを、ビジネスチャンスに変える3つの条件

コロナ禍で消費者の価値観が大きく変化したことが「グローバル消費者調査」にて明らかになった。このパラダイムシフトをビジネスチャンスに変えるには、3つの条件を備えた顧客中心のビジネスモデルに変革する必要がある。その具体的なプロセスや変革要素を説く。(2021年12月16日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

5Gがもたらすビジネスインパクトは絶大 産業変革を促し、DXを加速させる仕組みとは

5Gがもたらすメリットは、単なる通信速度の向上だけではない。ビット単価の大幅な低減によって広範な産業分野に新たな変革をもたらし、DXを加速する大きな可能性を秘めている。5Gの真の価値と日本企業に求められる取組について、世界の動向を概観し考察する。(2021年8月30日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

建設・インフラ運営業界の先端となる経営モデルの実現に向け、インフロニアHDと協業

インフロニアHDとアクセンチュアは、インフラ運営業界で先端となる経営モデルを実現すべく、パートナーシップを強化します。データ活用プロセスの組み込みや徹底したオフィス業務の自動化による「インテリジェント・オペレーション」への変革を加速します。(2022年4月27日)

国連グローバル・コンパクトとアクセンチュアとの共同調査結果を発表

国連グローバル・コンパクトとアクセンチュアは、世界113カ国21の業種の1,232名のCEOを対象に、民間企業の気候行動への貢献と現状に関する調査結果を発表しました。これは、持続可能な開発目標へのビジネスの貢献に関する最も包括的かつ最大規模の調査の1つです。(2021年12月3日)

資生堂との合弁会社設立に合意

資生堂とアクセンチュアは、合弁会社「資生堂インタラクティブビューティー株式会社(SHISEIDO INTERACTIVE BEAUTY)」を7月に設立することに合意しました。2月9日に発表した両社間の戦略的パートナーシップによる資生堂のデジタルトランスフォーメーションを加速します。(2021年5月11日)

「女性が活躍する会社BEST100」において初の総合ランキング1位を獲得

アクセンチュアは、女性社員の活躍を推進している企業を認定する『日経WOMAN』(発行:日経BP社)の「女性が活躍する会社BEST100」の総合ランキングで初めて1位を獲得しました。昨年の同ランキングでアクセンチュアは2位でした。(2021年5月7日)

KDDIのパーソナル事業におけるデジタル変革を支援

アクセンチュアは、KDDIが進めるパーソナル事業のデジタル変革にあたり、顧客体験向上の構想策定と実行、それを実現する柔軟なテクノロジー基盤の導入、ならびにデジタル人材の育成などを支援したことを発表します。(2021年4月15日)

住友化学とアクセンチュア、住友化学グループのデジタル革新に向けて合弁会社を設立

住友化学とアクセンチュアは、人工知能(AI)やアナリティクスなどの先端テクノロジーを活用して、住友化学グループの業務改革や新規事業創出を担う合弁会社「SUMIKA DX ACCENT株式会社(スミカ ディーエックス アクセント)」を設立し、4月1日から事業を開始したことを発表します。(2021年4月1日)

ポッドキャスト

ビジネスの未来を見据えるビジネス コンサルティング本部のリーダーたちの声をお届けする、音声コンテンツ(英語)です。

リーダー紹介

採用情報

グローバル企業の未来を具現化する仕事です。高度なアナリティクスや人間中心のデザインを活用し、お客様が確実に競争優位性を勝ち取り,その価値を引き出し、利益と成長を同時に加速できるようにテクノロジーに基づいたアジャイルな戦略を一緒に構築していきます。

募集職種を見る
ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)