Accenture Strategy

Image Thumbnail

デジタルビジネス変革サービス

アクセンチュアがリーダー企業に選出
続きを読む

変化を利用して360度の価値を創造する

常に変化する現在の世界において、企業には迅速な思考および行動力が求められています。そのためには、実際のビジネスで機能する戦略策定が必要となります。バリューチェーン全体における豊富な支援経験を生かし、お客様の戦略策定を支援します。

アクセンチュア・ストラテジーは、AIやデータサイエンスから得られる知見、業界に関する深い専門知識を、事業運営の効率化、サプライチェーンの最適化と運用、テクノロジーの設計と実装、回復力のあるオペレーティング・モデルや企業文化構築といった経験と組み合わせることで、360度の価値創造を可能にします。

これらの豊富な経験を活用し、成長性、収益性、テクノロジーによる企業変革、M&A、オペレーティング・モデル、サステナビリティなどの重要な経営課題に対して、アクセンチュアはCEOや経営幹部と連携し、お客様の価値創出を全方位的に支援します。

Business Futures 2021: 変化のシグナル

リーダーが未来を見通すだけでなく、より良い未来を実現するための重要な指針を探索する。

続きを読む

戦略的インサイト

近年、消費者の価値観が大きく変容しています。この「消費者のパラダイムシフト」の中で企業は、健康や安全、製品が作られた背景等の価値観に最大限配慮することを期待されます。消費者は、自分にとって重要な価値観に寄り添うブランドにより多くの出費もいとわなくなる一方、そうでないブランドからは離れるでしょう。

戦略事例

日本郵船は、アクセンチュアおよびシティグループとのパートナーシップのもと、電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社を立ち上げました

伊予銀行は、D-H-D(デジタル・ヒューマン・デジタル)Bankというコンセプトのもと、アクセンチュアと共にDXに取り組んでいます。

国土交通省が取り組む3D都市モデル構築・利活用プロジェクト”PLATEAU(プラトー)”で、“まちづくりのDX”の取り組みを支援しています

全て見る

外部メディア掲載・出演

5Gがもたらすビジネスインパクトは絶大 産業変革を促し、DXを加速させる仕組みとは

5Gがもたらすメリットは、単なる通信速度の向上だけではない。ビット単価の大幅な低減によって広範な産業分野に新たな変革をもたらし、DXを加速する大きな可能性を秘めているのだ。5Gの真の価値と日本企業に求められる取り組みについて、現在の世界の動向を概観しながら考察する。(2021年8月30日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

「どう変わる?日本のヘルスケア~未来の健康のかたち~」

長生きするだけでなく、いかに健康を維持するか?「健康寿命」の延伸という大きな目標に向け、変革するヘルスケアの最前線。企業や専門家の展望から健康の未来を探る。(2021年8月22日、BSテレ東 番組出演)

未来を問い直すパーパス経営の実践

変革をもらたす企業であるためには、「パーパス」に基づく経営が必須となっている。テクノロジーの活用や外部との共創によるパーパス経営の進め方を語る。(2021年6月10日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

精度向上だけではない、企業価値に直結するAIの進化の方向性

AIのリスクと強みを理解して企業活動を展開することの重要性、そして今後AIを活用するにあたって重要となる「倫理性」を論じる。(2021年5月19日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

DXサーベイから見える日本企業の現在地と課題

多くの日本企業がデジタル化への取り組みを始めている中でのDXに対する認識不足の状況や、業種別・企業規模別の課題を論じる。(2021年4月16日、ハーバード・ビジネス・レビュー掲載記事)

無駄を富に変える循環型経済モデルの実現

生産と消費の在り方を抜本的に変革し、持続可能な社会を実現していくための新たな成長モデル、サーキュラー・エコノミーとは。(2020年12月2日、日経ESG掲載記事)

資生堂との合弁会社設立に合意

資生堂とアクセンチュアは、合弁会社「資生堂インタラクティブビューティー株式会社(SHISEIDO INTERACTIVE BEAUTY)」を7月に設立することに合意しました。2月9日に発表した両社間の戦略的パートナーシップによる資生堂のデジタルトランスフォーメーションを加速します。(2021年5月11日)

「女性が活躍する会社BEST100」において初の総合ランキング1位を獲得

アクセンチュアは、女性社員の活躍を推進している企業を認定する『日経WOMAN』(発行:日経BP社)の「女性が活躍する会社BEST100」の総合ランキングで初めて1位を獲得しました。昨年の同ランキングでアクセンチュアは2位でした。(2021年5月7日)

KDDIのパーソナル事業におけるデジタル変革を支援

アクセンチュアは、KDDIが進めるパーソナル事業のデジタル変革にあたり、顧客体験向上の構想策定と実行、それを実現する柔軟なテクノロジー基盤の導入、ならびにデジタル人材の育成などを支援したことを発表します。(2021年4月15日)

住友化学とアクセンチュア、住友化学グループのデジタル革新に向けて合弁会社を設立

住友化学とアクセンチュアは、人工知能(AI)やアナリティクスなどの先端テクノロジーを活用して、住友化学グループの業務改革や新規事業創出を担う合弁会社「SUMIKA DX ACCENT株式会社(スミカ ディーエックス アクセント)」を設立し、4月1日から事業を開始したことを発表します。(2021年4月1日)

出光興産、アクセンチュアと協力し、燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを構築、運用開始

出光興産は、アクセンチュアと協力して、燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを新たに構築し、運用を開始しました。陸上物流における業務フローの大部分の統合・デジタル化に加え、関係者が必要な情報を共有できる仕組みの構築や荷卸現場へのタブレット導入は、業界でも新しい試みです。(2021年3月19日)

企業のデジタル戦略と実行においてCFOの役割は飛躍的に拡大していることが判明

アクセンチュアの最新調査によると、パンデミックによる影響が世界中の企業におよぶ中、最高財務責任者(CFO)は「事業価値のアーキテクト」や「デジタル戦略の媒介者」へと役割を変えつつあり、CFOの72%が企業のテクノロジーの方針に関する最終決定権を持っていることが明らかになりました。(2021年2月9日)

リーダー紹介

採用情報

グローバル企業の未来を具現化する仕事です。高度なアナリティクスや人間中心のデザインを活用し、お客様が確実に競争優位性を勝ち取り,その価値を引き出し、利益と成長を同時に加速できるようにテクノロジーに基づいたアジャイルな戦略を一緒に構築していきます。

募集職種を見る
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで