イベント・セミナー情報

アクセンチュアが開催・参加するイベント・セミナーをご紹介します。さまざまなイベントやセミナーを通じて、企業の経営革新の実現や、よりよい社会の構築をサポートします。

ATM Digital Japan

2020年10月23日(金)~12月18日(金)

本イベントは、ニューノーマル時代における「未知」に挑む全ての企業を支援すべく、「事業継続」と「ビジネス変革」を2大テーマとし、お客様のニーズや課題に近い豊富なコンテンツを配信するバーチャルイベントです。お客様事例や業界のリーダーたちによるパネルディスカッションなど、事業継続やビジネス変革といったビジネス課題を検討されているユーザー様向けのコンテンツ等が多数配信されます。

このイベントの中で、アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター共同統括 中村 彰二朗が、「Smart Cityによる自立分散境の実現」をテーマに基調講演、および「リーダーが議論する 日本でDXが進まない理由」をテーマとしたパネルディスカッションに登壇します。続きを読む。

アクセンチュアとインフォアが創出する製造業における物流・倉庫管理のデジタル化について

2020年10月7日(水)

市場・顧客ニーズの激しい変化により、物流・倉庫管理における可視化・オペレーションの効率化については、各社が恒常的な課題として取り組まれています。

業種・業務によってその取り組みに差異はありますが、「システムの複雑化・ブラックボックス化により、全社横断的なデータ活用ができない」、「過剰なカスタマイズによりシステム変更に不安を感じている」などの課題を多くお寄せいただきます。また、コロナ禍の影響拡大に伴い、物流における限りある資源の有効活用や効率化の重要性は増し、喫緊の課題となっています。

このような課題を受け、本セミナーでは業界をリードする専門家からロジスティクスITおよびロボティクス技術など変化に適応するソリューションや事例をご紹介し、皆様の業務やシステム活用に寄与するヒントをご提示いたします。続きを読む。

Digital twin&transformation forum 2020登壇情報

2020年9月23日(水)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が、多くの企業に多大な影響を及ぼしています。企業は短期的な対応のみならず、 ニューノーマル時代を意識した中長期的な施策の検討を始めました。

危機は好機にもなります。これまでの常識にとらわれず抜本的な事業変革を進めた企業こそ、収束後の「アフターコロナ」に勝利をつかむのではないでしょうか。 特に製造業において、コンピューター上で現実世界と同じモデルを構築する『デジタルツイン』の重要度が増すことは間違いありません。

一方、これまで幾つかの課題が指摘されていました。取り扱う情報をデジタルツインの環境に移行していく中で、現実の情報を正しく反映しているのか、そのロジックの確認に膨大な工数を要し、現実の工数の多さから一歩踏み出せない傾向が存在したからです。しかしながら新型コロナによって企業は取り組まざるを得ない状況となっています。今こそグローバル競争を勝ち抜くDXの一環として、デジタルツインを活用し、攻めの経営を推し進めていくチャンスといえます。

上記背景のもと、日経クロステック主催で開催されるDTTFDigital Twin&Transformation Forum2020 on webにて、アクセンチュア ビジネスコンサルティング本部 インダストリーXグループ日本統括 河野 真一郎が登壇致します。続きを読む。

RFIDを活用したWith/Afterコロナのロジスティクスオペレーション改革

2020年9月15日(火)

超高齢化社会に突入し労働力不足が深刻化する日本において、デジタルを活用したロジスティクスオペレーション改革は大きな命題です。今後、ポスト・コロナの中長期的なパラダイム変化を意識した対応が重要となるでしょう。今回は、企業のデジタル化推進に豊富な実績を持つアクセンチュア株式会社の前田賢二が、改革を実現するための要点を解説します。

そして、RFIDICタグ)はサプライチェーンの可視化、在庫・物品管理の効率化などロジスティクスオペレーション改革で重要な役割を果たすソリューションです。RFIDは製造・物流で急速に活用が広がりつつあり、活用の幅を広げて費用対効果を上げることがポイントです。第二部では、ロケーション管理という新たな活用を可能としたRFルーカス株式会社の位置特定技術や、株式会社ジップが物流現場でベネッセ教材の管理を効率化している事例を詳しく取り上げます。続きを読む。

PTC Virtual DX Forum Japan 2020

2020年8月20日(木)~9月25日(金)

ニューノーマル時代の生き残りをかけて、あらゆる企業がそのビジネスモデルや業務プロセスなど、構造的な変化を求められています。喫緊の課題に応え、そして未来を見据えたデジタルトランスフォーメーションをどう考え、具体的に推進していくべきか。
あらゆる業種で活用できる IoTAR の先進テクノロジーがどのようにビジネスの課題に応えているか、また、最先端の CADPLM など製品設計管理ソリューションが単なる部門内 IT ツールではなく、組織全体のデジタル変革にどのように寄与するのか、ぜひその目でお確かめください。
このバーチャルイベントでは、基調講演や、様々なパートナー企業、スポンサー企業の講演をとおして、業務効率化、競争力の維持、働き方改革を含むニューノーマルを実現する、最新 DX ソリューション事例やテクノロジー活用例など約 50 以上のセッションと約 20 の展示ブースでご紹介します。続きを読む。

アクセンチュアとインフォアジャパンが提案するグローバルサプライチェーンの再構築

2020年7月22日(水)

サプライチェーンの最適化と事業継続計画(BCP)対策は、度重なる災害を経て現在に至ります。2011年の東日本大震災とタイ大洪水、そして現在のコロナ禍を受け、各社対策を進めてきていますが、サプライチェーンの最適化、コスト削減、ロジスティクスの見える化・効率化については、何をどこまで・どのように変更すべきかの議論は社内外にて認識の違いがあるのではないでしょうか。
本セミナーでは、アクセンチュアとインフォアジャパンの両社より業界をリードする専門家が登壇し、グローバルサプライチェーンの再構築に向けた方向性や問題解決するためのソリューションや導入のポイントを、事例を交えてご紹介いたします。続きを読む。

3DExperience Conference Japan 2020 Online

2020年7月14日(火)~8月7日(金)

不確実性が増す中、新しい産業構造を自ら体現していくには企業全体でのデジタル・トランスフォーメーションが不可欠です。デジタル・トランスフォーメーションを目的ではなくビジネス価値に繋げることに成功している企業はどんな戦略を持っているのでしょうか。日本企業の課題を中心に、打開策とともにお話しします。
また、ポスト・コロナ時代に生き残るには、起こり得るパラダイムシフトを適切に理解することが肝要です。デジタル変革を強力に支援するダッソー・システムズとアクセンチュアの取り組みもあわせてご紹介します。続きを読む。

Super City/Smart City Osaka 2020

2020年7月2日(木)、3日(金)

スーパーシティ/スマートシティ構想を実現するために~Withコロナ時代のスーパーシティを考える~

コロナの影響がある中で、社会がどのように変化するか、そして各業界がどのような戦略にシフトしていくべきなのか等をテーマにしたオンラインセミナーです。アクセンチュアは、「市民中心・地域主導の自律分散スマートシティモデル: 会津若松市でのスマートシティ推進事例と都市OS」をテーマに解説します。続きを読む。

アクセンチュアとインフォアジャパンが創出するデジタルパワードロジスティクス

2020年5月20日(水)

AI・WMSを活用したロジスティクスの自動化・高度化~ アクセンチュアとインフォアジャパンの両社より業界をリードする専門家が登壇し、複雑化された問題を解決しロジスティクスをブレイクスルーする自動化・高度化のソリューションの特長や導入のポイントについてご説明いたします。続きを読む。

金融業界 ウェビナー

「時代の半歩先、一歩先のテーマ」を金融機関の皆様にお伝えすべく、毎月1回、ウェビナーを開催しています。ウェビナー詳細はこちらをご覧ください。

製造・流通業界 ウェビナー

製造・流通業界のお客様向けに、製造・流通業界のデジタル変革を学ぶオンライン型セミナーを実施しています。ウェビナー詳細はこちらをご覧ください。

化学・素材・エネルギー業界ウェビナー

変化のスピードが速く、その変化が予測しにくいデジタルの時代において、素材・エネルギー業界の皆さまに、より早く最新動向やインサイトをご紹介します。ウェビナー詳細はこちらをご覧ください。

過去のイベント一覧

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで