「レリバンス」の最大化に向けて

未来は一般的に予想されているものとは、まったく異なるものになる可能性があります。将来的に消費財・サービス企業は、ブランドレリバンス(単なる製品・ブランドの購入者と製造者を超えた強い関係性)を再構築することで事業のあらゆる側面において消費者中心の考え方に移行していくことになります。また、市場のプレーヤーは常に進化しながら、新たなエコシステムとビジネスモデルが生み出されます。さらに、顧客が自らのニーズをより明確に示す時代においては、即時の対応や最適な規模でのタイムリーな生産能力と高い効率性が求められるでしょう。

こうした環境において、消費財・サービス企業はデータとデジタルイノベーションを活用した変革を遂げながら、既存の事業の維持と新たな領域における成長の間でバランスを図らなければなりません。そのためには、企業はどのような戦略的な意思決定を下さなければならないのでしょうか?それはコアビジネスへの依存から脱却し、新たな成長エンジンをフル稼動させるための「Wise Pivot(賢明な事業転換)」です。

新興ブランドが続々と誕生し、市場シェアを奪っていく中で、伝統的な大手企業であっても消費者に対するレリバンスを維持して成長を加速させることができなければ、その地位は決して安泰ではないのです。

続きを読む

アクセンチュアの取り組み

成長戦略とその推進、販売、販促管理、マーケティング、サプライチェーン、インテリジェント・エンタープライズの実現など、幅広いサービスで、お客様にとって適切なペースと規模感で消費者ニーズに寄り添うビジネス(レリバンス)を達成できるよう支援します。

ポートフォリオの再構築

革新的なビジネスアジェンダで、ディスラプティブな成長を実現します。

消費者とチャネルエクスペリエンスを再定義

新しい成長機会を捉え、消費者の流動的な期待にも対応します。

オペレーション再定義と改革

大規模に関連するビジネスを構築します。レリバンスの最大化を目指し、ビジネス構築を支援します。

インテリジェントエンタープライズの実現

未開拓のビジネス価値をこれまでにないスピード感で引き出すための、事業転換をサポート

次世代ITアーキテクチャの開発

変化のスピードに適応するために、デジタルを核に変革を支援

全て見る

ケイパビリティ

フロント業務の変革から、テクノロジーとアナリティクスを基盤としたインテリジェント・エンタープライズの構築に至るまで、アクセンチュアはさまざまな側面から消費財・サービス企業における変革の実現をサポートします。

事例

最新デジタル技術やBPR関連ノウハウを活用し、アサヒグループホールディングスの管理業務の高度化・効率化を支援

Illycaffèがデジタルカスタマーエクスペリエンスを抜本的に変革

デルモンテ・フーズ のITインフラを変革および、パブリッククラウドへの移行をアクセンチュアがサポート

全て見る

関連リンク

Accenture acquires Dutch product design and innovation agency VanBerlo

We have acquired award-winning product design and innovation agency VanBerlo to strengthen capabilities in merging physical products and digital services.

Happen becomes part of Accenture

We have acquired Happen, a UK based firm that uses proprietary methods and digital tools to help clients generate new ideas, products and services.

?What If! becomes part of Accenture

We have acquired ?What If!, a UK based firm that uses an experimentation-driven approach to help clients incubate new products and services.

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで