Yuina M.

財務・経営管理コンサルタント

東京オフィス


"働き方を変えたいと日系メーカーから転職。女性としての働きやすさを重視してアクセンチュアを選択。やる気のある人にとって非常に恵まれた環境。"

What I do

女性が活躍しやすい環境を重視して、アクセンチュアを選択
前職は日系メーカー勤務で、約7年海外営業を担当していました。仕事はほぼルーティンワークでしたが、プロジェクト単位で仕事を進める方が自分にあっていると感じ、働き方を変えたいと思ったのが転職のきっかけです。転職先の候補はいくつか検討しましたが、業界はコンサルティングと決めていました。アクセンチュアに決めた理由の一つは、やはり最新事例に逸早く取り組んでいること。業界全体がそれに追従して行く様な事例をつくる会社だったので、業界の最先端を経験できる仕事は面白そうだと思いました。
そしてもう一つ、アクセンチュアのセミナーや面接で多くの女性社員とお話しする機会があったのですが、経験年数や役職に関わらず皆さん楽しそうに生き生きとしていて、女性が働きやすい環境なのだと強く感じました。私にとっては女性がどれだけ活躍しているか、どれだけ働きやすいかは重要でした。実際に育児と仕事を両立している社員の方と面接する機会もあったので、様々なライフステージの方が活躍できる環境だと実感することが出来ました。

日系メーカーの業務オペレーションを改善するプロジェクト
現在担当しているお客様は、グループの成長基盤を確立するため大規模な業務改革を推進しており、その一環として、一部の業務を自社の外に委託すること、その業務を受託する新会社の設立の両方を進めています。この改革にアクセンチュアも参画し、請け負った業務の更なる効率化や人財の育成などアウトソーシングにとどまらない取り組みを推進しています。プロジェクトでは業務移管までのデューデリジェンス(詳細調査)段階でお客様の社員にヒアリングし、外部移管する業務を設計する仕事を担当していました。今は実際に移管するタイミングに入ってきていて、業務が変わる瞬間、仕組みが変わる瞬間は大変な時期ではありますが、変化が見えることでプロジェクトを行ってきて良かったという実感があります。

CFO & Enterprise Value Careers TOP

A day in my life

一日のスケジュール
午前中にお客様と打ち合わせをし、その後業務の詳細をヒアリングすることが多いです。午後は個人作業としてパワーポイントやエクセルで資料作成を進め、社内のメンバーと今後の方針を議論します。私は入社してからずっと在宅勤務ですが、お客様やプロジェクトのメンバーとはオンラインツールを活用して日々やりとりをしています。
アクセンチュアは、“Project PRIDE”という独自の働き方改革を推進しているため、生産性の高い効率的な働き方が求められる環境です。そのため、私は働く時間の管理は15分、30分くらいで区切って、その中で取り組む内容を明確にしたり、休憩を必ず挟んでメリハリをつけたり、短時間で集中するようにしています。また、仕事以外の時間はパソコンを閉じて定期的にランニングするなど、オンオフのメリハリも大切にしています。

社員の「やってみたい!」を引き上げる力が強い会社
アクセンチュアに入社して一番感じるのは、手を挙げた人を引き上げる力が強いということ。「やりたいと思うならやらせよう!」という雰囲気は、やる気のある人にとって凄く良い環境なのだと実感しました。成長したい人に対して、先輩方の「自分が持っているものは全部与えよう」という姿勢も強く感じます。また、アクセンチュアのお客様はほとんど大企業なので、やっていることのインパクトが大きいですね。大きな変化に立ち会えるというところに魅力を感じています。

"お客様やプロジェクトのメンバーとは、オンラインツールを活用して日々やりとりをしています。"

My advice

技術力から人間力まで、自然と身につけられる環境
アクセンチュアに実際に入ってみると、本当にいろんな人がいました。キャラクターだけでなくて、スキルもバックグラウンドも、考え方やアプローチも全然違う。全員が自分の長所を活かしてチームに貢献しています。ひとりでは出来ない様な大きな影響力を持つ仕事を実現できて、それを自分の成長に繋げることも出来る。基礎的なPCスキルやソフトの使い方といった技術的な面から、チームやお客様とのコミュニケーションの取り方などのビジネススキルまで、プロジェクトを通して学んでいます。

アクセンチュアで必要なマインド
必要なのは「どんなことでもやり通す気持ち」と「自分で考える力」だと思います。バックグラウンドや経験ではなく、どれだけプロジェクトにコミットできるかが重要だと思うので、やる気のある方は是非挑戦すべきだと思います。私も入社する時に評価されたのは、その「やる気」のところだったと後から聞きました。
日系企業出身の私からすると、外資系コンサルティングファームという既に出来上がった枠組みの中に外から入れるものなのかと最初は不安がありましたが、幅広いキャラクターに対する受容性が高く、多様性を受け入れる土壌がアクセンチュアにはあるので、安心して飛び込んで欲しいと思います。

Stay Connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る