Yuya N.

Oracleコンサルタント、マネジャー

東京オフィス


"国内中堅SIerにて組込み系システムや業務アプリケーション開発の経験を積み、アクセンチュアへ入社。提案や計画、要件定義から開発、運用定着化まであらゆるフェーズを担当。"

What I do

オラクル製品専門組織にて、オラクル製品の専門家として活躍中
私はオラクル製品に関する「特定領域専門家」として、Fit&Gapを踏まえた最適なテクノロジーの提案をはじめ、デジタル・エコシステム実現に向けた次世代型ERPソリューションのPoC、各プロジェクトにおけるさまざまなビジネスチームやシステム側とのコミュニケーション担当などを担っています。

アクセンチュアとオラクルの強固なアライアンス
アクセンチュアとオラクルのアライアンスは25年以上にわたる強固なものです。アクセンチュアは、Oracle ERP / EPM Cloud 認定資格者を数多く育成したことを評価されOracle Certification Award 2019も受賞しています。社員はオラクル製品に関する最新のオンライントレーニングを利用できますし、豊富な導入実績に基づく知見を持ち、「業界知識×オラクル製品」でお客様の経営課題を解決する専門家も多数在籍しています。グループ内で定期配信される「スキルアップミニテスト」などもあり、最新の情報・知識を吸収できる環境です。

Oracle Careers TOP

A day in my life

キャリアパスに必要な経験に挑戦
アクセンチュアが手がけるプロジェクトは幅広いだけでなく、自分が未経験・経験が浅い領域やロールであっても、「経験したい」と手を挙げることでサポート体制を組んでもらえながら取り組むことができます。私も初めてPMOを経験したときは日々のタスク量が膨大で業務に忙殺されそうになりましたが、自分の「できること」が増えるにつれて見える景色も変わり始め、最終的には大きな達成感を得られました。お客様や社内メンバーから信頼を獲得したことも自信につながりました。

「初めて」にありがちな失敗からの挽回と信頼醸成
とはいえ実のところ、「初めて」の際には私も多くの失敗を重ねてきました。会計・経理業務について専門知識が少ない状態で参画した経理システムのプロジェクトで、お客様の経理センター長に「経理のことを何も知らないんじゃないか」とたちまち見破られてしまい、猛勉強をして挽回しました。会計システムに強いメンバーのサポートもあり、最終的にはお客様にも懇意にしていただくことができました。この経験を通して、「何かに挑戦する」ことに対して、ポジティブに向き合えるようになったと思います。

"オラクル製品に関する世界中の最新情報に触れられることはもちろん、現場で実践・導入を手がける第一人者と日々コミュニケーションできるのも魅力です。"

My advice

「高い視座」や「自分の軸となる武器」の獲得
アクセンチュアでは、お客様のCIOサポート業務などもあります。自分はそれまでタスク管理や進捗管理といった業務ばかりでしたが、CIOは全社の効率や生産性、社会の変化、業界の動向などを見ています。こうした「高い視座」を身に付けたい人や、オラクル製品など特定領域を「自分の軸となる武器」として確立したい人には、アクセンチュアはぜひ推薦したい組織です。

Yuya N.

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る