テクノロジー

価値を継続して創出できるよう、企業全体の変革を加速させます。

ライバルを凌ぐ

社内で様々な技術を導入しているにも関わらず、十分な投資効果が得られていないことがあります。

アクセンチュアは幅広い業界知識を有し、お客様が適切なテクノロジーを活用して、複雑かつ重大な課題に対応できるよう支援致します。具体的には、クラウドへの迅速な移行や、テクノロジー・プラットフォームの価値の最大化、アプライド・インテリジェンスによるデータの有効活用、セキュリティ対応など。

100カ所を超える世界中のイノベーションハブを通じ、アクセンチュアはお客様と共に迅速かつ大規模で広範囲にわたるイノベーションを実現します。

Living Systems -デジタルビジネスを支える全社DX基盤-
~ITの発想転換 「レガシーという概念」が存在しない世界へ

市場環境の激しい変化の中で、ビジネスが急速に短命化する中、デジタル変革(DX)の必要性が叫ばれ、あらゆる企業が基盤となるITシステムとその推進体制の見直しを迫られています。そのスピードと柔軟性を追求するうえで大きなハードルとなっているのが、レガシーな基幹システムの存在です。

持続的なビジネスの成長を支えるDXを実現するには、ITのあり方を大胆に発想転換する必要がある、と我々は考えます。アクセンチュアは、基幹システムを一度開発したらそれで終わりではなく、そこを出発点として、「絶え間ない改善と機能アップデートによって進化させ続け、新たなビジネスの要求に即応できるスピードとパフォーマンスを発揮しながら、デジタルビジネスを力強く支える、進化する”生きた仕組み”」を実現するための新たなアプローチとして、「Living Systems(リビングシステム)」を提唱しています。

Living SystemsはマイクロサービスやAPI、デカップリングアーキテクチャなどの技術の組み合わせ、ならびに業務とITが協働しながら経営・事業トップの意思を実現していける、ビジネスアジャイルな実行体制により、市場の変化に対応できる「最適な状態の維持」を可能にします。

Living Systemsの実現に向けては、「戦略」「組織」「プラクティス」「アーキテクチャ」「人材」といった5つの変革レバーに焦点をあて、貴社のランザビジネスのコストを解放し、テクノロジー支出の大部分を新製品やサービスのイノベーションにシフトさせます。

  • テクノロジーの活用がビジネスの成否を決める、と言われる時代。どれくらいランザビジネス予算を削減し、ビジネスと整合したDX投資に予算を振り向けられているか?
  • 顧客ニーズに合わせ日々スピードアップするビジネス環境下において、経営が迅速に意思決定できるかはビジネスの明暗を分ける。その武器となる、社内外の情報を一元的に把握しシミュレーションできる経営ダッシュボードを、必要な精度・深さ・タイムリーさで提供できているか?
  • 意思決定した事項をスピーディに実行するための仕組みは整備できているか?
  • テクノロジーを活用した絶え間ない改善・進化をドライブする組織・タレントは揃っているか?

Living Systemsは上記の問いにこたえる変革プログラムです。

アクセンチュアはお客様の変革パートナーとして、お客様のDXの目的達成を伴走します。

さらに詳しく

エコシステム・パートナー

エコシステム・パートナーとの連携により、アクセンチュアのテクノロジーやビジネス・ケイパビリティを向上しています。

事例

大同生命保険株式会社(以下、大同生命)は契約事務領域における中期経営計画策定のグランドデザインや改革コンセプト検討、デジタル活用などの支援をアクセンチュアに依頼。顧客接点からバックエンド業務までの一貫したDXを推進中です。その中の主要取組みの一つである「AIによる医務査定業務支援」ではデータサイエンティストの知見とテクノロジーで査定プロセスの迅速化、効率化を目指しています。

コーポレート部門のDXの一環として財務系新基幹システムをOracle Fusion Cloud ERPで刷新しました。アクセンチュアはコーポレート部門のモダン化を目指すヤフー株式会社の本取り組みを支援しています。

2000年代半ばからマイグレーションに取り組んできた三菱重工業 相模原拠点では、メインフレームに最後に残った1500万以上のステップを持つシステムをアクセンチュアの支援のもとリライトを実行。これにより同拠点の脱メインフレームが完了しました。

みんなの銀行は、デジタルネイティブ層をターゲットにし、顧客起点でサービスやUIを設計しています。

日本経済新聞社では全社DX推進の一環としてデータ分析とエビデンスに基づく人材マネジメントの抜本改革をWorkday HCMを採用し進めています。

国際協力機構(JICA)はコロナ禍を受けて組織内のコミュニケーション手段が断絶される危機に直面。2022年更改で計画していたクラウド化の前倒し実施およびTeamsを主体とするワークスタイルへの移行を関係者が一丸となって成し遂げるなど、危機の好機への転換を達成しました。

全て見る

関連リンク

未来のビジネス成長を牽引する、これからのテクノロジー・ITの姿。

サイバー攻撃から会社を守る方法に関する最新の知見を提供しています。

ビジネス、テクノロジー、デザイン、そして社会の未来を読み解く7つのトレンドをご紹介します。

新型コロナ危機による大混乱の後、企業が軌道に乗り、成長を目指す上で重要なトレンドを考察しています。

アクセンチュア社員がクラウドに関するホットトピックをブログ形式でご紹介します。

全て見る

受賞実績

アクセンチュアは、パートナーや第三者機関、調査会社による評価でリーダー企業、イノベーターとして評価されています。

一時的なコスト削減に向けたクラウド移行は、競争優位を失うリスクを伴うことが判明――アクセンチュア最新調査

クラウドがもたらす価値を最大限に享受している企業は、イノベーション創出に向けてクラウドを継続活用。

アクセンチュアとアバナード、サイトコアのグローバルパートナー最優秀賞に選出

世界で最も優れたパフォーマンスのパートナーに授与され、サイトコア製品に関する専門知識、共同販売の能力、顧客ソリューションの提供など、あらゆる側面における両社の功績が評価されました。

アクセンチュア最新調査――コロナ禍においてテクノロジー投資を拡大した企業の収益成長率は、出遅れた企業の5倍に上ることが判明

デジタルトランスフォーメーションを短期間で推進し、同業他社の4倍の収益成長率を示す「跳躍企業」の特徴も明らかに

アクセンチュア、KDDIのパーソナル事業におけるデジタル変革を支援

新たな顧客体験の創出に向けた構想策定、サービス開発、 テクノロジー基盤の強化に加え、デジタル人材の育成も支援

会津産業ネットワークフォーラム、アクセンチュア、SAPジャパン 中小製造業向けのデジタル・ICT共通プラットフォームを構築

「コネクテッド マニファクチャリング エンタープライゼス」で 全国中小製造企業の生産性向上に貢献

住友化学とアクセンチュア、住友化学グループのデジタル革新に向けて合弁会社を設立

AIなどの先端テクノロジーを活用し、業務改革や新規事業創出を推進

テクノロジーを率いるリーダー

採用情報

アクセンチュアでは、多種多様な価値観や経験を持つ人材が切磋琢磨しながら、それぞれが活躍できる場を提供しています。現在募集中のポジションは下記よりご確認ください。


さらに詳しく

様々な専門性を備えたチームが一丸となり、お客様に360°の価値を提供します。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで