活躍中の社員紹介

Kana C.

データサイエンティスト、シニア・マネジャー

東京オフィス


"育児、教育分野での社会貢献、自治体のデータ分析プロジェクトで活躍中"

What I do

• 現在の仕事について
私はデータサイエンティスト シニア・マネジャーとして、アナリティクスを用いたビジネスソリューションの開発プロジェクトを多数手がけています。
開発にあたっては、初めにデータやシステム、運用モデルのほか、スタッフなど人に関わる情報を収集し、内容を深く掘り下げていきます。これはお客様のビジネス課題を特定するために欠かせないプロセスです。次に、データの前処理やクレンジングなどを行い、分析用のデータセットを作成します。これが統計モデルの基礎になります。
ここからがアナリティクスの本番です。分析や仮説検証、結果の確認を経てお客様による最適なソリューションが決定され、ビジネス課題の解決に向けた支援へとフェーズが進みます。

職種について詳しく見る→デジタルコンサルティング本部 採用案内

A day in my life

・アクセンチュアライフ
どのプロジェクトも思い出深いものばかりですが、特に忘れられないのが、ある日系ハイテク企業でのプロジェクトです。
お客様は社内にデータサイエンスチームを発足させた直後で、チームを本格的に活動させるための支援を必要としていました。私の役割は、お客様へ実践形式でエンドツーエンドのアナリティクスプロセスをスキルトランスファーすることでした。お客様企業のデータの可用性やビジネス課題を調査し、お客様側のパートナー会社とも協業して需給分析のPoC(概念実証)を実施することで、アナリティクスと新チームの価値やポテンシャルを証明しました。

 

・アクセンチュアでのワークスタイル
アクセンチュアのチームメンバーはとても協力的で、一丸となって最先端のソリューション開発のために日々取り組んでいます。こうしたチームワークがアクセンチュアの働き方の特徴です。

 

・育児休業の利用
私自身は、出産にあたって10カ月の育児休業制度を利用しました。当初は「仕事に復帰できないかも」と不安でした。なぜならデータサイエンスの領域は変化と進化のスピードが非常に速く、取り残されてしまうのではないかと感じていました。しかし、アクセンチュアの社内制度である「キャリアカウンセラー」やチームリードから復職後の働き方について複数の選択肢を提示してもらえたことで、負荷が低めの仕事から再開することができました。

"アクセンチュアが提供したサービスや支援結果を受けて、お客様に「ありがとう」と言っていただける瞬間が一番やりがいを感じます。"

My advice

• 私の仕事に興味を持たれた方(女性)へのアドバイス
アクセンチュアでは、多くの女性社員が活躍しています。
データサイエンスは日々成長し続けている領域なので、自分たちが開発したソリューションが社会に直接貢献できる機会も多く、仕事のやりがいは非常に大きいです。 アクセンチュアは仕事環境の多様性を尊重する「インクルージョン&ダイバーシティ」の活動を推進しています。職場のリーダーたちが、様々なライフステージに合わせた働き方の実現や、キャリア構築と成長をサポートしてくれます。

 

ブログ
「Why Now is the Time to be a Data Scientist 」(英語)

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る