Yusuke O.

デジタルマーケティングコンサルタント、マネジャー

東京オフィス


"IMJから転籍でアクセンチュア ソングへ。CRMを主軸としたデジタルマーケティングのスペシャリストとして活躍中。アクセンチュアは、自身に経験がなくても周りの方々の多くの知見やサポートを上手に頼りながら、進めていく気概やチャレンジ精神を持つ社員が多いと感じます。"

What I do

デジタルマーケティングの経験を生かしてより大きなプロジェクトに挑戦したい
アクセンチュアには、IMJからの転籍で入社しました。転籍の意志確認において、「アクセンチュアというレベルの高いフィールドで自分の知見がどこまで活かせるのかを知りたい」とまず考えました。また、「移り変わりの早い業界において最先端をいくこの会社で働く意味の大きさ」についても考えて転籍を決めました。IMJの前はSEOとリスティング広告を扱うベンチャー企業で、当時盛り上がり始めていたGoogle Analyticsを使ってウェブ解析を行っていましたが、当時からデジタルマーケティングの世界において最前線で活躍する人間になりたいという思いがありました。

幅広い視点からデジタルマーケティング領域を伴走支援
現在は、アクセンチュア ソングの中でもクライアントのデジタルマーケティングを伴走支援するチームでマネジャーを務めています。クライアントに伴走するためにはデジタルマーケティングの中でも特定の分野に絞って支援をすれば良いというわけではなく、クライアントのビジネス上のあらゆる課題を解決するために様々な領域での支援が必要です。分析を行い課題を見つけるのですが、例えばウェブサイトに問題があればその改善支援、集客に改善の必要があれば広告やSEOの改善支援などを行います。またマーケティング実行体制の支援を行うことも多く、クライアントによっては既にCRM体制が確立されているものの、うまく機能していないケースもあるため、ツールを入れるだけでなく顧客構造のリサーチから行い、マーケティング・オートメーションに加えて可視化ツールを入れて運用を設計するところまで対応しています。個人的には、マーケティング・オートメーションの実行支援に特に深く携わっています。
伴走支援という形はIMJ時代と変わらないのですが、IMJでは例えばCRM、SEO、ウェブ制作のようにある程度分野ごとに分かれた専門チームの単位で動いていたのが、アクセンチュアでは全体を見ながらどの方法が合うかを取捨選択しながら提案していく総合力が求められます。特定の領域に関して専門性を持っていると活躍しやすい環境ですが、プロジェクトに配属されると自分の知らない分野に関する知識も必要になることが多いので、全方位的にスキルを身につけたいと感じています。

Song Careers TOP

A day in my life

管理職として、複数のプロジェクトを掛け持ち
マネジャー職になってからはプロジェクトを複数掛け持つことが増え、今はメインの2件と、監修や営業のサポート的な立場で携わっている2件に参画しています。業界も幅広く、これまでアパレル、保険、通信などの案件に従事しました。
1日はメインで参画しているプロジェクトの朝会で全体の進行確認を行い、個別チーム定例会議でチームの詳細タスクを確認するところから始まります。その後は資料作成・レビューなどの作業や、クライアントとのミーティング、別のプロジェクトのチーム定例会議などを行います。
また、他の社員のキャリア相談にのるピープルリードも務めているので、 二週に1回、担当する社員の案件状況や、困りごとがないか、次に何をしたいか相談にのっています。リモートでの面談では表情の読み取りができないので、アドバイスするにあたり、メンバー自身が言い出しづらいような悩みまで拾い上げられるよう、話しかけやすい雰囲気を作るように心がけています。

セールスフォースのツールをゼロからパッケージ化
セールスフォースのマーケティング・オートメーションツールが上陸して間もない頃、このツールの支援サービスを立ち上げました。当時はIMJのメンバー数人で、セールスフォース社と一緒に実際にサービスを触り、必要なインプットを行いながらパッケージ化していきました。
マニュアルも存在しないツールを検証しつつ毎日のように、クライアントにサービスの説明や実演を行い数多くのプロジェクトを獲得しました。提案で終わらず、実践までご支援することで、この領域に関する知見が大きく伸びたこと。そして、この領域に関する専門家の立場を手に入れたこと。この二つが、スキルアップやキャリアアップにも大きくプラスの影響を与えたと感じます。また、実際に使って学び、自分のものにしていったことで「この辺りを押さえればできる」という感覚を得られ、未経験のことへチャレンジする素地にもなったと思います。

"メンバー自身が言い出しづらいような悩みまで拾い上げられるよう、話しかけやすい雰囲気を作るように心がけています。"

My advice

個人の自主性を尊重する社風
私自身がアクセンチュアの風土の中で特に気に入っているところは「個人の自主性を尊重しているところ」です。アクセンチュアにおいては、判断を上司任せにせず、メンバー自身が自分の仕事に責任を持って取り組んでいるな、と感じます。個人個人が自分の価値を高めてマーケットから、そして仕事仲間から"選ばれる"ようになるために研鑽していかねばなりませんし、会社としても社員にはそうした意識を期待しています。会社から「守られる」状態を期待する人には向いていないと思いますが、実力主義社会での成長を期待する人には最適な環境だと思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る