Keisuke K.

テクノロジーアーキテクト、シニア・マネジャー

東京オフィス


"WEB系システム開発会社からアクセンチュアへ転職し、テクノロジーアーキテクトとして活躍中。パブリッククラウドやセキュリティなど基盤周りのアーキテクチャに強みを持つ。歴史に残る事業に自身の技術領域で関わり、成し遂げたい。"

What I do

自分自身の技術力を大規模&高難易度のシステム設計やデリバリーに活用したい
新卒では国内のSIerへ入社し、主に官公庁系システムを中心とした基盤更改プロジェクトなどに携わりました。2社目は、よりモダンな技術に携わりたいという希望で転職したWeb系のシステム開発会社で、当時、東京リージョンができたばかりだったAWSを中心に、クラウドネイティブのアーキテクチャ設計やシステム開発、クラウドマイグレーションなどに従事しました。その後、自分自身の技術力をもっと大規模で難易度の高いシステム設計やデリバリーに活用したいと考え、2017年にアクセンチュアへ入社しました。

テクノロジーアーキテクトとしてクラウドを活用した金融系システムを担当
現在は、テクノロジー コンサルティング本部のEmerging Technologyチームに所属しています。主にパブリッククラウドやコンテナ、セキュリティなど基盤周りのアーキテクチャに強みを持つテクノロジーアーキテクトとして、特にクラウドを活用した金融系システムのデリバリーを担当しています。業務内容は、要件定義から設計・構築など一連の工程、チームマネジメント、お客様との打合せや、得意とする技術領域のコンサルティング、システム全体のデザイン、マネジメントサービスやミドルウェアといった実行アーキテクチャ選定と構築、IaC(Infrastructure as Code)化、運用に向けた権限管理やモニタリング設計など、そのシステムを実現するために必要となる様々な業務に従事しています。
アクセンチュアは、特定のベンダーや技術を背負っているわけではなく基本的にベンダーフリーで、自身が最適だと思う技術をフラットに選択することができます。自身や自社の思いだけでなく、お客様目線の両方の視点が必要で難易度は高いと感じますが、ロジカルシンキングを始め、物事の考え方や整理の仕方などエンジニアリング以外のスキルも身につけられていると感じます。

エンジニア採用情報 TOP

A day in my life

オープンソースソフトウェアから大規模案件向けツールまで、幅広い専門のエンジニアが在籍
アクセンチュアには、多種多様なスキルを持ったエンジニアが所属しており、各領域に特化したプロフェッショナル集団であるCoE(Center of Excellence)をはじめ、オープンソースソフトウェアから大規模エンタープライズでしか利用しないような高価なツールまで幅広い経験者がいます。エンジニア以外でも各業種の業務やビジネスのスペシャリスト、交渉やコスト管理など異なる専門家がいるため、様々な観点を養うことができていると日々感じます。このような環境で、自分の得意領域にとどまらず、新しいことや未知の領域に興味を持ち続け、学びを絶やさないようにしたいと思っています。
また逆説的ですが、自身のスペシャリティを伸ばす上で、「やりたくないことをしない」ということも必要だと考えています。アクセンチュアでは、自分には興味のない領域が必要となった場合でも、その領域を得意とする他のエンジニアと協力し、時には分業してプロジェクトを進められるため、結果として伸ばしたいスペシャリティを伸ばしやすい環境だと言えます。役職が上がるにつれて見るべき範囲は増えていきますが、自分自身がやりたいと思うことにフォーカスできる環境づくりも意識しています。

お客様と一緒にゼロベースで業務やシステムアーキテクチャを検討・開発
クラウドでイチから銀行基幹系と金融サービスを作るというプロジェクトは、アクセンチュアでの仕事の中で特に印象に残っています。金融業務のスペシャリストであるお客様と、最適な銀行業務をゼロベースで考えながら、基幹系システムのあるべき姿を同じくゼロベースで考えて、開発フレームワークや実行アーキテクチャなど最適なものを採用したり自ら開発していくという、とてもチャレンジングなプロジェクトでした。アクセンチュアからは所属部門問わず各領域のスペシャリストが集まり、業務やシステムだけでなくデリバリーの方法やチーム設計も含めて試行錯誤と改善をアジャイルに積み重ねたことが何より面白く、自分自身の大きな成長にも繋がったと思います。

"アーキテクトであることは維持しつつ得意領域を広げていくようなキャリアを築きたい。"

My advice

手を動かしながらロジカルにチームで課題に取り組むアクセンチュアのエンジニアならではの考え方 
常に学び、新しいことにチャレンジし、自身はもとより、チームやお客様含めて成長することに楽しみややりがいを感じる方とぜひ一緒に仕事をしたいと思っています。エンジニアリングや技術力もですが、手を動かすだけでは解決できない問題に対してどのようにロジカルに考え、整理していくか、そういった物事の考え方は、特にアクセンチュアでエンジニアとして働くことにより身につく特徴的なスキルだと思います。技術力やものづくりに自身のスペシャリティを起きつつ、多種多様なメンバーと一緒に難しい課題に取り組んでいきましょう。 

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る