Ayano T.

インダストリーコンサルタント [証券領域] マネジャー

東京オフィス


"前職は日系証券会社でリテール営業に従事。より大きな枠組みで業界に関わりたいと考え、2015年アクセンチュアに転職し、インダストリーコンサルタントに転身。"

What I do

業界という大きな場で、仕組みを作る
日系証券会社でリテール営業として働いていましたが、個人のお客様との1対1の関係という枠ではなく、より大きな『業界』という枠の中で仕組みを作る側の仕事にチャレンジしてみたいと思い、アクセンチュアに転職しました。入社以来、企業合併に伴うシステム統合・データ移行のPMO支援、「働き方改革」を実現するための業務改善・デジタルソリューションの導入など、実際に仕組みを変革するプロジェクトに携わることができており、刺激的な毎日です。

現在は、個人富裕層の資産運用・管理・承継サポートの在り方を考える、ウェルスマネジメント戦略プロジェクトのご支援をしています。日本のウェルスマネジメントビジネスは、商品販売が先行する、旧来のプロダクトアウト型の営業スタイルから脱却しようとしています。これに対し、お客様の真の課題・ニーズに応える為には何が必要か、海外の先進事例も参考にしながら日々クライアントとディスカッションを行い、新しいビジネスモデルを支えるデジタルツールを企画しています。サービスをデザインするうえで、営業員の気持ちや、その先にいるお客様の顔色が思い浮かぶことは、前職を経験してよかったと思えることのひとつです。

Consulting Careers TOP

A day in my life

正解が無い問題に、自分なりの答えを出す
日頃のプロジェクトワークの中では、一人ひとりに「私はどう考えるか」という意見が求められます。アナリストとして入社した当初は、プロジェクトメンバー全員が立場に囚われず自分の意見を臆せずに発言することに戸惑いましたが、誰もが自分の意見を積極的に発言できるオープンな社風を、今ではアクセンチュアの魅力のひとつだと感じています。プロジェクトによってクライアントもテーマも異なる中、答えのない問いに対して自分なりの考えを持つことは、常に勉強やアンテナが必要となります。いつまでも新しい知識を吸収し、成長できると思わせてくれるこの環境は、とても刺激的です。

また、コンサルタントというと激務なイメージでしたが、アクセンチュアでは働き方改革が進んでおり、メリハリのある働き方ができています。チーム単位でも、日々の不安や必要なサポートを日常的に話し合い、よりよいパフォーマンスを目指してワンチームで働き方を改善しています。

"常に「自分はどう考えるのか」が求められる環境だからこそ、新しい知識を吸収し、成長することが出来るのだと感じます。"

My advice

長く働くために効率的な働き方を追求する
入社前は、未経験の私がコンサルタントとしてパフォーマンスできるのかとても不安でした。しかし、外資系の、「ドライ」「実力主義」という先入観に反して、アクセンチュアの人達は「人」に対するコミットメントがとても高く、声を上げれば誰かが必ず手を差し伸べてくれる環境であり、そうした周りの人たちのおかげで成長することができていると感じています。

また、多くの女性社員が活躍していることも魅力のひとつです。体力だけに頼るのには限界があるので、長く働き続けるためには効率的な働き方の追及が永遠のテーマだと思っています。その点、アクセンチュアは問題解決のプロ集団なので、相談すれば障害を取り除くように周りに一緒に考えてもらうことができ、とても心強いです。ご自身のキャリアチェンジの機会にぜひアクセンチュアを選んで頂き、一緒に働くことができれば嬉しいです。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る