Haruka Y.

人材・組織コンサルタント

東京オフィス


"国家公務員として6年勤務し、28歳でアクセンチュアに入社。人材・組織コンサルティングに所属し、ビジネスを人の側面から支えるため日々チャレンジ。"

What I do

「働き方」を内側から変える
前職では省庁に勤め、働き方改革に関するプロジェクトなどに従事していました。もともと問題意識を持っていた分野だったため業務にやりがいはあったのですが、法律が変わっても実際に企業を変えられるのかという疑問を持つようになりました。働き方改革の実例を見ていくうちに、実際にビジネスの現場で働いてみたいと感じたのが転職のきっかけです。

新卒で公務員になったため、今までビジネスに触れた経験がありませんでした。転職活動では、人材や組織に関わる仕事を中心に見ていたものの、その会社が今後どのような方向でビジネスをしていくべきかを分からないまま、人材・組織戦略を立てても机上の空論に終わってしまうのではないかと考え、一つの会社に入ってその会社の考え方や色に染まるよりも、まずはビジネスや人材・組織戦略全体について理解し、全体観を身に付けたいと思いました。様々な会社を横断して人材・組織戦略に関わることができ、併せてビジネスについてもどうあるべきかを考えることができるのではないかと思い、アクセンチュアに入社を決めました。

Consulting Careers TOP

A day in my life

会社全体で知識を共有できる場
アクセンチュアに入社して驚いたのは、社内トレーニングの豊富さです。実地で参加する研修もたくさんありますが、語学や業界知識に関するオンライン学習のメニューも豊富で、自分の足りない部分を自分で考え補えるように設計されています。また、社内の有識者による勉強会も頻繁に開かれており、Webで参加できるので気になる内容の勉強会にはよく参加しています。経験者採用での転職者は即戦力を求められていると思いますが、やはり最初から全てに適応することは難しいので、社内トレーニングによってスキルアップできることはアクセンチュアの良いところだと思います。また、グローバルのアクセンチュア社員にもメール1本で知見の共有を依頼することができ、会社全体として知識のプールを構築しているところもアクセンチュアならではの利点だと思います。

"様々な会社を横断して働けるアクセンチュアで、働き方をどう変えていけるか挑戦しています。"

My advice

自律しつつ、頼る
入社前は、経験者採用という立場ゆえ即戦力を求められているのに、全く経験が無い自分には一体何ができるのだろう、何もできないのではないか、と不安でした。けれど実際に入社してみると、様々なトレーニングが用意されていたり、同時期に入社した経験者採用の同期に相談したり、上司やキャリアカウンセラーに自分の足りない部分を相談すると、それをどう補えば良いかというアドバイスを貰える機会が多くありました。まだ試行錯誤、四苦八苦しているところはありますが、困ったときは一人で悩まず、誰かに相談したり、社内の様々な人を頼ったりして解決していけば良いことが分かり、少し楽になってきました。コンサルティング会社は一人ひとりがプロフェッショナルで自律すべきだと考えていましたが、アクセンチュアには自律しつつも、誰かに頼れる文化があると思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る