新たなオペレーティングモデルで、いかにしてディスラプション(創造的破壊)に対処するか?

ディスラプティブなテクノロジーとそのテクノロジーに精通した消費者が、市場に急速な変化をもたらしています。10人に9人の経営者が、急速に変化するオペレーティングモデルによって企業の存続が危ぶまれると報告しています。

パンデミックによって一変した業界もありますが、ほとんどの業界は絶え間ない変化に適応しています。多くの組織はこの危機にアジャイルに対応してきましたが、これを長期的に維持する方法が大きな課題となっています。

継続的な変化に適応できるオペレーティングモデルを構築している企業は、より高い成長が見込まれます。真のアジャイル企業の長期的なEBITDA成長率は16%であるのに対し、非アジャイル企業の平均は6%という結果が報告されています。

継続的に変化する市場や顧客の行動に対応するために、組織のアジリティとレジリエンスを構築する。

新たな課題への適応

アクセンチュアは、変化するビジネス上の課題に継続的に対応し、従業員のエンゲージメントや生産性を向上させながら、価値を提供するというニーズに応えるため、データ対応型のインテリジェントなオペレーティングモデルの構築を支援します。

新しいビジネスモデルの構築

既存のビジネスの将来性を見極めながら、複数の新しいビジネスモデルを導入します。

デジタルトランスフォーメーションの最適化

AI、クラウド、その他のテクノロジーの導入を成功させるために、柔軟なチームや人材を育成し、プロセスを設計します。

複雑性の低減とコスト削減

自動化すべき作業と、人間の判断が必要な作業の適切なバランスを見極め、効率向上を目指し、より良い意思決定をサポートします。

M&A

新しい事業体を統合し、より多くの外部パートナーと協働するための流動的な方法を構築します。

持続可能性とレスポンシリビリティ戦略

パーパスを実現することを前提に、持続可能で責任ある文化を定着させ、ビジネスを再構築します。

イノベーションの促進

自律的な文化を形成し、イノベーションを促進するようなプロセスを構築します。

人間中心の組織の構築

顧客と従業員がグローバル単位で価値体験を共有できるよう、データとインサイトを活用したオペレーティングモデルを構築します。

全て見る

ケイパビリティ

戦略を立てる

ゴールを設定し、新たな価値を生み出すために必要なケイパビリティと道筋を見極めます。

設計する

データ分析を組み込んだ方法論を基に、組織モデルの設計や社内の組織強化を図ります 。

構築する

アクセンチュアの知見と、エコシステムパートナーを活用して、アジャイルでレスポンシブルな(責任ある)オペレーションモデルを導入します。

運用する

インテリジェントなオペレーティングモデルを支える、会社機能や業界に特化したプロセスをデリバリーセンターのネットワークを通じて構築し、実行します。

関連リンク

事例

Sakthi’s new go-to-market approach increased incoming business year-over-year by 60 percent and sales productivity by 70 percent.

M&A

To focus on high-growth market segments in the semiconductor sector, NXP needed to divest a leg of business.

Avis faced disruption with an end-to-end workplace solution to increase HR agility.

全て見る

リーダー紹介

採用情報

革新的な業務。ユニークで多様性に富む職場環境。比類なき専門性。常に学び成長する機会。充実した福利厚生。あらゆる業務に浸透する企業理念(コアバリュー)。これらは、アクセンチュアが働きがいのある会社ランキングで常に高い評価を獲得し、働きたい職場に選ばれている理由の一部に過ぎません。
自分自身の可能性を最大限に引き出し、世界中の国々、そしてあらゆる業界を変革するキャリアに挑戦してみませんか?現在募集中のポジションは下記よりご確認ください。

採用情報を見る
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで