活躍中の社員紹介

Nana H.

アナリティクスコンサルタント、マネジャー

東京オフィス


"大学院と仕事を両立、モチベーションは好奇心"

What I do

本業以外にも、ボランティアや大学院など社外活動に積極的とのことですが?
世の中の知見を広げようと思って参加しています。こうした活動を通じて、自分の置かれている環境は当たり前ではないということや、世の中にはまだ課題がたくさんあることを肌感として理解できていると思います。大学院に通った理由は、20代後半で抱えていたもやっとした将来への不安を解消させたかったのがひとつです。経営者としての考え方を色々な角度から学べ、また、クラスメイトに色々な人がいる面白さもモチベーションになりました。今後、同じように社外で勉強したいというチームメンバーがいたら、全力でバックアップしたいと思います。私が通学していた当時よりも、個人のニーズに合わせて働ける社内制度が充実してきたので、制度をフル活用して、社外で得た貴重な情報をどんどん仕事に還元してほしいと思います。

職種について詳しく見る→デジタルコンサルティング本部 採用案内

A day in my life

入社後、仕事へのスタンスに変化はありましたか?
20代は自己成長に目が向いていましたが、大学院での経験やアクセンチュアの仕事を通して、自分の成長だけでは世の中は変わらないと気付き、マインドが「自分のために」から「世の中のために」に変わりました。組織や他の人を成長させてみんなで上に上っていこうという思いが強くなりましたね。仕事としても大きい案件が多いので目線を上げて考えなければならないことが増えたと思います。

"自分の成長だけでは世の中は変わらないと気付き、マインドが「自分のために」から「世の中のために」に変わりました。"

My advice

アクセンチュアへの転職を検討中の方へ
Sierから転職してきてつくづく思うのですが、やはり規模の大きい仕事が多いですね。私はデジタルトランスフォーメーションという大きなプロジェクトで、今まで活用されていなかったデータを使いながらモデリングしていくという、分析の仕事を進めています。この領域では日本にまだ事例がないような仕事にチャレンジする機会もあるので、誰もやったことのない、世の中が変わるような仕事をしてみたいという人には良い環境じゃないでしょうか。私はいつも、目の前のことをとにかく必死に頑張るという心意気でいるのですが、アクセンチュアでは「次はこんな案件に挑戦したら成長につながるのでは」と周囲から少しずつストレッチを促してもらえるので、ふと気づいたらステップアップした自分がいたなんてことも大いにあると思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る