事例紹介

アクセンチュアの各種事例を通して、あらゆる業界のお客様が抱えるさまざまな課題解決のため、アクセンチュアがどのような支援を行っているかご紹介します。

事例一覧

同社ではR&D部門の技術者が日頃の研究開発の成果や課題などを数枚のポスターにまとめ、国内外の経営陣や各部門の幹部に対面でその内容を伝えて議論する展示会形式の社内イベント「ポスターセッション」を開催。コロナ禍に対応したニューノーマルとして推進したのがこのイベントのバーチャル化です。

資生堂はデジタルを活用した事業モデルへの転換を加速。革新的なビューティー体験を共創すべく戦略的パートナーシップを結びました。顧客理解の深化と人材育成を通じ、一人ひとりの顧客に対する価値創造、パーソナライゼーションを加速し、ウエルネス全般をサポートするNo.1企業を目指しています。

Human×Smart」な都市づくりを目指しスマートシティ化を推進する神戸市にて、市民一人ひとりの生活をサポートするスマートシティポータルサイト「スマートこうべ」を実現。

アクセンチュアは日本マイクロソフト株式会社におけるシェアードサービスセンターの運用を受託し、継続的な改善提案と業務領域の拡大を続け、日本マイクロソフト社員のビジネスパフォーマンス向上に貢献しています。

東京ガスカスタマーサポートでは、電話応対業務における課題として、参照する情報が整備されていないという問題を抱えていました。AI Poweredナレッジシェアリングによる情報整備や検索性改善により、生産性及びお客さま満足度の向上を図りました。

IoTおよびブロックチェーンの分野におけるリーダーとしてアクセンチュアと日本通運は、豊富な専門知識と技術を生かし、製薬会社に最適なプラットフォームの構築に乗り出しました。

SDGs目標の一つである飢餓をゼロにするためにアクセンチュアとDXを活用し、2024年までに年間1億食を提供するという目標に向けて成長を続けているフェリックス・プロジェクトを紹介します。

社会のデジタル化が加速する中、イーデザイン損保はミッション・ビジョン・バリューの再定義を行い、アクセンチュアとのコラボレーションのもと、顧客体験への落とし込みや、新たな顧客体験を提供する共創型自動車保険「&e(アンディー)」を開発・構築しました。

企業理念である「食べる喜び」追求しつつ持続可能な社会の実現に貢献するため「たんぱく質を、もっと自由に。」を掲げるVision2030を策定。その一環としての新規D2C事業「Meatful」「Table for All」の立ち上げを、戦略からコミュニケーション施策まで支援しました。

中部電力グループ唯一のIT企業である株式会社中電シーティーアイは、より高度なIT活用で価値創造を担っていくIT機能会社へ生まれ変わるべく全社プロジェクトとして「CTI改革」と呼ぶ全社プロジェクトを推進しています。これにより高収益の企業体質をつくり上げることを目指します。

分散化や自由化を背景にエネルギー産業は変革期を迎え、デジタルを駆使して事業構造の転換に成功した企業が次世代の覇者になると考えられている。関西電力とアクセンチュアは、日本初/発のデジタルユーティリティを実現するという狙いのもと、合弁会社 K4 Digital を設立しました。

45年以上にわたり運用してきたホストコンピューターを撤廃し、SAPS/4HANA® および複数のクラウドソリューションを連携させたマルチプラットフォームに刷新するプロジェクトを実行。事業変革を支える経営インフラ基盤を軸に、社会に貢献できる価値を継続的に創出していく企業体質を構築。

JINSは製品の欠品や過剰在庫を課題としていました。AI Powered Management Cockpitによる客観的な需要予測に基づく提案アクションで需給コントロールの高度化に取り組み、「売り逃し」と「廃棄ロス」の削減を実現しました。

事業基盤のない欧州地域において、TSA(Transition Service Agreement)期間となる2年以内でのカーブアウト完了が必須条件となる中、必要な全てのITシステム及びITオペレーションの立上げを期限通りに実現。

アクセンチュアとアライド・アイリッシュ銀行(AIB)は、アルゴリズムによる公平性を適用して、実際のリテールバンキングのシナリオでの意思決定を支援しました。

ビジネスとしても成り立つカーボンニュートラルのあり方や戦略・目標の立案、そして生活者の皆様にも「自分ごと化」して参加を促すような新たなサービスの構想と、対外発信「2030カーボンニュートラル宣言」に向けた総合的なコミュニケーション設計を支援しました。

大同生命は契約事務領域における中期経営計画策定のグランドデザインや改革コンセプト検討、デジタル活用などの支援をアクセンチュアに依頼。顧客接点からバックエンド業務までの一貫したDXを推進中です。

コーポレート部門のDXの一環として財務系新基幹システムをOracle Fusion Cloud ERPで刷新しました。アクセンチュアはコーポレート部門のモダン化を目指すヤフーの本取り組みを支援しています。

みんなの銀行は、デジタルネイティブ層をターゲットにし、企画当初より彼らの思考や顧客行動というものを徹底的に理解し、顧客起点でサービスやUIを設計しています。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)では、富裕層向け金融サービス「MUFGウェルスマネジメント」を強化し、徹底した顧客視点によるビジネスモデルへの転換を志向しています。

2000年代半ばからマイグレーションに取り組んできた三菱重工業 相模原拠点では、メインフレームに最後に残った1500万以上のステップを持つシステムをアクセンチュアの支援のもとリライトを実行。これにより同拠点の脱メインフレームが完了しました。

デジタル変革を目指す取り組みに着手した三井金属鉱業では、機能材料事業本部にてデジタルイノベーション活動を推進中。セラミックス事業部にてデータ活用による価値の改革を目指す事業のデジタル化を進めています。新たなデータ基盤を構築するとともにモバイル端末を取り入れ、生産現場の課題の解決に挑戦しています。

日本経済新聞社では次世代の経済コンテンツのビジネスモデルを模索し、部門横断のDXを推進。その取り組みの一環として、管理職へのジョブ型人事制度導入などデータ分析とエビデンスに基づく人材マネジメントの抜本改革を進めています。そのためのインフラとして日本経済新聞社ではWorkday HCMを採用しました。

国民の生活や産業インフラの安全・安心を守る経済産業省の産業保安グループでは、事業者の申請手続きを電子化する「保安ネット」を構築。基盤としてPegaを活用し、省庁のDXの先進的事例を実現しました。

世界的な電化製品メーカーのエレクトロラックス・プロフェッショナルは、デジタル化とパーソナライゼーションの向上を通じて、販売プロセスのすべての段階おいて顧客体験を改善したいと考えていました。

国際協力機構(JICA)はコロナ禍を受けて組織内のコミュニケーション手段が断絶される危機に直面。2022年更改で計画していたクラウド化の前倒し実施およびTeamsを主体とするワークスタイルへの移行を関係者が一丸となって成し遂げるなど、危機の好機への転換を達成しました。

アクセンチュアは、シーメンスが世界中のプロジェクトデータを連動させ、強力なアプリケーションを活用して、コマースプロジェクトの管理を新たなレベルに引き上げるための支援を行っています。

電力・ガス小売全面自由化を受けて市場が活性化する中、これまで以上に顧客接点サービスが重要になっています。ヒトとAIが協働して対応するAIコンタクトセンターで、スムーズな電話受付を実現しました。

国内BtoBオンラインイベントとして過去最大級を実現したソフトバンク株式会社の法人向け大規模イベント「SoftBank world 2020」。その企画・設計およびそれに伴うマーケティング&セールス(営業)のデジタルトランスフォーメーション(DX)をアクセンチュアはご支援しました。

出光興産は陸上輸送用タンクローリーの輸配送管理システム「輸送管理プラットフォーム」を新規構築。車載器としてタブレット端末「iPad」を業界で初採用したほか、Salesforce.comのクラウドを基幹システムと連携。業界の知見と深い業務理解を持つアクセンチュアと共にアジャイル開発で取り組みました。

メルセデス・ベンツはアクセンチュアとの協働を通じて、クラウドテクノロジーを利用してコンテンツ配信能力をさらに高速化することにより、よりスムーズなオンライン・ジャーニーを実現しました。

アクセンチュアは国土交通省が取り組む3D都市モデル構築・利活用プロジェクト"PLATEAU(プラトー)"で、民間ビジネスでの利用促進に向けた業務に参画し、"まちづくりのDX"の取り組みを支援しています。

SAP

食品スーパーマーケット8社を中心として構成され、各社の強みを活かした店舗運営を志向するアークスは、売上高1兆円を目標にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進中です。アクセンチュアの支援のもと、店舗業務標準化とSAPでの基幹システム統合を同時に行うトランスフォームで事業基盤の刷新を行いました。

住宅ローンビジネスの収益性向上とお客さまの利便性向上を目的に、業務の自動化に取り組む三菱UFJ銀行と三菱UFJインフォメーションテクノロジーは、Pegaソリューション導入のパートナーとしてアクセンチュアを選択。業務量75%削減と審査プロセスの劇的な時間短縮を実現しました。

この度、楽天モバイル株式会社は、従来のコネクティビティの在り方を変革すべく、ネットワーク構築と運用に新たなクラウドネイティブのアプローチを採用し、通信業界のディスラプションに乗り出しました。

アクセンチュアは、佐賀県における救急隊と医療機関との連携の改善に取り組みました。アナリティクスはビジネスを変えるだけでなく、人の命を救うものでもあります。

ふくおかフィナンシャルグループ様とアクセンチュアは改めて顧客の視点に立ちかえって新たなイノベーション、「iBank」を実現しました。iBankは、「日常と非日常」、「金融と非金融」をつなぎ、「お客様の夢の実現」を支援する、モバイルアプリによるサービスです。

健康づくりを支援したいという思いで実現したのが、健康増進プログラム「健康第一」です。これは業界を超えたエコシステムにより、健康に関する様々なサービスをモバイルアプリで提供する大変画期的なサービスです。

アクセンチュアは、新時代の働き方を支援するコラボレーションツールを導入しています。

アクセンチュアでは、Office 365TeamsなどのMicrosoftソリューションを活用した新たな働き方を実現しています。

ONEは世界中の拠点における「空コンテナの在庫の最適化」を課題としていました。AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用。需要予測精度の改善、余剰在庫を低い水準で運用、経験則に頼った管理からの脱却を果たし、情報収集・分析の迅速化を実現することができました。

ビジネス基盤のクラウド移行によって経営のさらなる俊敏化や効率化を支援する、AWSへのリフト&シフトの事例をご紹介します。

アクセンチュアは、関西学院の変革パートナーとして、自社の組織風土変革「Project PRIDE」のノウハウ等を活かし、教育研究機関における働き方改革を支援しています。

デルモンテ・フーズ が変化する顧客の期待に応えながらさらなる成長を目指して、ITインフラの刷新とパブリッククラウドへの移行をベースとする、未来を見据えた変革プロセスをアクセンチュアがどのように支援したかをご紹介します。

illycaffèがデジタル・カスタマーエクスペリエンスの抜本的な見直しを行った事例。デジタル変革ロードマップから、チャネル再構築、オンラインコンテンツ最適化など、消費財企業のデジタル変革をいかにアクセンチュアが支援したかをお読みください。

急成長するカルビーのIT変革を1年3カ月という短期間で実現。

IPOを目前に控えていたあるテクノロジー系のユニコーン企業は、自社内に蓄積された膨大なデータの精度の課題から、経営幹部が明確な根拠に基づく業績評価を下すことができないという状況に陥っていました。

デジタル・ヒューマン・デジタル(DHD)バンクという概念のもと、アクセンチュアと共にデジタル変革に取組む伊予銀行の事例をご紹介します。デジタルが得意な所はデジタルが、人にしかできない所は人が行い付加価値向上を実現します。

アクセンチュアの提供するアプリケーション・マネジメントサービスにより、CNHインダストリアルはデジタル技術を活用した生産性の向上・顧客体験の向上を実現しました。

サンケミカルとアクセンチュアのコラボレーションにより、今までにないアジャイルなカスタム・アプリケーションの開発モデルを構築しました。

世界150カ国以上で75,000人超の従業員を擁し、毎日10億人以上の人びとに製品が利用されているLIXILグループ。グローバルカンパニーとして未来に向かって成長し続ける為に、管理体制をスピーディーに変革する必要がありました。

海運業界の世界的な大手、日本郵船は、2019年7月に電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社をフィリピンのTDGと共同で設立しました。デジタル・テクノロジーに関する最先端の知見を備えたアクセンチュアおよび金融大手のシティグループとのパートナーシップが大きな貢献を果たしています。

マニエッティ・マレリ社のデジタルトランスフォーメーションをアクセンチュアがインダストリーXにおける豊富な知見でどのように支援したかをご紹介します。

アサヒグループホールディングスとアクセンチュアは「包括業務提携契約」を締結し、経理・人事業務の約7割を順次アクセンチュアへ委託(BPO)することを発表しました。アクセンチュアは最新デジタル技術やBPR関連ノウハウを活用し、アサヒグループホールディングスの管理業務の高度化・効率化を支援していきます。

ビッグデータ活用により、乳児死亡率の原因分析と対策策定を行うオハイオ州の事例をご紹介します。行政機関の壁を越えたデータ分析や、人間中心のサービス設計(Human-Centered Service Design)により優れた成果をあげています。

フランスの自動車部品メーカーであるフォルシア社とアクセンチュアは、両社のイノベーションに関する専門知識やテクノロジーを最適に組み合わせ、コネクテッド・ビークルや自動運転車に向けた製品とサービスの開発に共同で投資しています。

全て見る
ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)