Nana U.

Salesforceエンジニア

東京オフィス


"SIerからアクセンチュアへ経験者採用で入社。前職でSalesforceコンサルタントとして多種多様なプロジェクトに参画してきましたが、より大きなSalesforce組織でスキルを磨きたいと考え、日本最大級のSalesforceのチームを持つアクセンチュアへ転職しました。"

What I do

現在の仕事について
お客様先のオフィスに常駐し、ビジネスアナリストやプロジェクトマネジャーとしてプロジェクトに参画しています。
現在担当しているお客様はSalesforceの活用を積極的に推進されているため、大小様々なプロジェクトが日々立ち上がっている環境です。それらのSalesforce関連プロジェクトにおいて、アクセンチュアが提案・構築・保守・運用までをワンストップで担っています。

Salesforce Careers TOP

A day in my life

キャリアプランにおけるアクセンチュア
アクセンチュアに入社して初めて参画したプロジェクトで、5つのプロジェクトの同時リリースを経験しました。この案件はSalesforce社にも注目されたプロジェクトとなったほどで、入社早々にアクセンチュアのSalesforce案件のレベルの高さを実感しました。
私はそのうちの1つである「海外店向けシステム」のプロジェクトを担当し、アクセンチュアのプロジェクト推進手法を学ぶよい機会になりました。 私は入社前からグローバル案件を手がけたいと伝えていたので、このプロジェクトを担当できたことで自分の希望も叶いました。

アクセンチュアの強み
アクセンチュアでは、お客様先にソリューション横断で複数チームのアクセンチュア社員が常駐していることも多く、互いに連携しあいながら包括的・効率的にお客様のビジネス改革を実現できます。それに、自社製品をあえて持たないことにより、お客様の状況に鑑みてベストな製品を提案できるという点もやりがいです。
ソリューション提供ベンダーとの提携関係も確固たるものばかりなので、「アクセンチュアに聞けば必ず答えが返ってくる」とお客様に信頼いただけていると思います。

"ソリューションフリーかつ横断的な組織体制なので、ベストの提案をお客様へできることが仕事のやりがいです。"

My advice

私の仕事に興味を持たれた方へのアドバイス
アクセンチュアではお客様を担当する「1つのアカウントチーム」として接するため、ソリューションに束縛されることなく総合的なサポートを実現できます。
私はSalesforceのエキスパートとしてプロジェクトに参画していますが、アクセンチュア全体としてはソリューションにとらわれない提案ができることが仕事のうえでの面白い点かと思います。

関連する職種

日本 東京

Salesforceコンサルタント/エンジニア

Software Engineering

公開 1か月以上前

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る