公共サービス

アクセンチュア 公共サービス・医療健康本部は、中央省庁、地方自治体、教育機関や医療機関のお客さまのデジタル化を支援し、国民・市民の暮らしや職員の働き方にイノベーションを引き起こします。

公共機関に、イノベーションを

アクセンチュアは、公共機関をデジタル化することにより、国民・市民の暮らしや職員の働き方にイノベーションを引き起こすようご支援します。国内外の政府・自治体における実績と最新の知見を駆使し、政策・ビジョンの検討・実行から、業務・組織の変革まで、アウトカムにこだわった支援をご提供いたします。

あらゆるものがつながる超スマート社会「Society 5.0(ソサエティ5.0)」の到来により、公共サービスのデジタル化への期待はかつてなく高まってきております。これは、絶えず変化し続ける現代社会において、公共機関にも革新的なソリューションが求められているからです。

アクセンチュアは、ロボティクス、IoT、人工知能(AI)といった最先端のテクノロジーを活用することで、私たちの働き方、暮らし方を劇的に向上させ続けます。日本が市民や労働者、そしてあらゆるコミュニティにとってよりよい未来社会となるための理想的なパートナー、それが私たちです。

私たちは、斬新な発想と最先端のテクノロジーを駆使したイノベーション、そして行政・立法・司法サービスへの深い知見と実績を組み合わせ、公共機関が国民・市民の期待に応える変革をもたらすような新しいアイディアを実現し、これまでにない新たな価値を生み出すようご支援いたします。

最先端のテクノロジーが政府・社会をどのように変化させていくか、アクセンチュアの最新の知見をぜひご活用ください。

Lead with impact

今まで以上に、公共サービス機関は市民のニーズに応えるために、安定性とスピードのバランスを取る必要があります。限られた資源、限られた時間、前例のない課題に直面しているリーダーたちは、ミッションを実現するために新しい働き方を取り入れなければなりません。

私たちは、人材とテクノロジーを結集し、大胆なビジョンを意味のある行動に変えていきます。お客様は、リソースを活用して実用的なソリューションをサポートし、テクノロジーを迅速に拡張し、パーソナライズされたフリクションレスな体験を構築して、政府への信頼を高めることができます。

組織全体の革新的な可能性を引き出すことで、市民に具体的な価値を提供できます。アプローチを再考し、記録的な速さでサービスを再構築することで、比類のない成果をもたらします。グローバルと地域、コミュニティと個人のバランスを取りながら、真の変革を実現するための支援を行います。

あらゆる機会を最大限に活用するために、インパクトのあるリーダーシップを発揮します。

公共サービス分野

クライアントの組織の課題と機会を深く理解し、課題を解決するための専門知識を提供します。これらの分野におけるアクセンチュアの洞察力とソリューションをご覧ください。

事例

国民の生活や産業インフラの安全・安心を守る経済産業省の産業保安グループでは、事業者の申請手続きを電子化する「保安ネット」を構築。基盤としてPegaを活用し、省庁のDXの先進的事例を実現しました。

国際協力機構(JICA)はコロナ禍を受けて組織内のコミュニケーション手段が断絶される危機に直面。2022年更改で計画していたクラウド化の前倒し実施およびTeamsを主体とするワークスタイルへの移行を関係者が一丸となって成し遂げるなど、危機の好機への転換を達成しました。

ビッグデータ分析により、オハイオ州の乳児死亡率に影響する要因の特定と改善策の検討を支援しています。

データサイエンスの力で意思・救急隊・佐賀県職員を連携し、緊急搬送の高度化、医療サービスの改善を支援しました。

同一労働同一賃金等の制度対応、AIRPAによる生産性向上、組織改革・人材育成、シェアードサービス活用による教育研究機関の働き方改革に取り組んでいます。

全て見る

リーダー紹介

ニュース

アクセンチュア、米国空軍とEITaaSコンピュート&ストア協定を締結

アクセンチュア(NYSE:ACN)は、米国空軍との間に「エンタープライズITアズ・ア・サービス・コンピュート&ストア(Enterprise-IT-as-a-Service Compute and Store、以下EITaaSコンピュート&ストア)」協定を締結しました。

スマートシティのアーキテクチャ構築に関する内閣府SIPを受託

官民共同でスマートシティにおける共通設計図を作成し、スマートシティつくりと横展開を加速。

「大学統合」が地方創生と再編のきっかけになる――地方の国立大中心に経営統合の表明相次ぐ(東洋経済オンライン)

「大学統合」の動きが、国立大学を中心に活発になっている。2019年5月に改正国立大学法人法が成立し、国立大学においても1法人複数大学制(アンブレラ方式)が可能になった。

採用情報

クライアントの頼れるブレーンとして働く仲間を募集しています。
公共サービス・医療健康本部は、官公庁、地方自治体、教育・医療機関など、日本の社会と経済において、大きな影響力を持つ公共機関を支援し、社会に大きなインパクトをもたらす仕事に携わっています。

採用情報を見る