Zidong G.

スクラムマスタ、シニア・マネジャー

東京オフィス


"SEやプロジェクトマネジャー(PM)として開発やプロジェクト管理を経験し、アクセンチュアに転職。アジャイル開発のプロとして、サーバント(支援型)リーダーであるスクラムマスタを担当。常に新しいことに挑戦するモチベーションとやり遂げた後の達成感で楽しく仕事をしていきたい。"

What I do

開発現場で自分の価値を発揮したい
私のキャリアはSEからスタートし、要件定義から保守までの開発現場を経験しました。その後、PMとしてプロジェクト管理を担うようになっていきました。前職でSEやPMと異なるポジションとなり、開発現場を離れたことで自分の価値を発揮できているかに疑問を持つようになり、転職を決めました。アクセンチュアを選んだのは、魅力のある様々な開発現場があること、急速に成長していること、そしてグローバル企業としての背景を持っていることから、自分の価値を出せる場面をイメージしやすかったことが理由です。アクセンチュアはグローバル企業として、異なる国籍であってもお互いの文化を尊重し合う職場環境づくりに配慮していることを実際に入社してから感じました。例えば、外国籍の社員にも配慮し、お互いの業務習慣や文化を理解するためのトレーニングを社員共通で定期的に実施しています。

アジャイル開発現場のスクラムマスタ
現在は、新銀行の立ち上げプロジェクトに参画し、フルクラウド上に銀行のコアシステムをスクラッチ開発しています。いわゆるエンタープライズ企業向けの大規模分散型アジャイルプロジェクトです。技術でも、開発手法でも、なかなか前例が少なく、プロジェクト全体で日々より良いやり方を模索しながら進めています。私はチーム内でスクラムマスタを務めています。まず、サーバントリーダーであることを意識し、チーム自己組織化、そして持続的に高いパフォーマンス出せるように、調整を行なっています。また、実際手を動かして、設計、実装、コードレビュー、テストも、開発メンバーと一緒にやっています。最近特に注力しているのは、BDD(Behavior Driven Development)スタイルの自動化テストです。BDDとリファクタリングの融合によって、早期に品質を作り込むことで、全体の品質と効率を上げていきます。このようなアジャイルに適合する品質向上のやり方などを、チームと一緒にチャレンジしています。

エンジニア採用情報 TOP

A day in my life

多くの先端技術を用いるチャレンジングなプロジェクト
現在のプロジェクトは特にチャレンジ満載で面白く感じています。最新技術を取り入れながら、データ結合度合いが非常に高い業務に対して、マイクロサービスアーキテクチャでシステムを開発する、という技術的なチャレンジの要素が強いです。また、大規模な案件をアジャイルに短期間で開発する、という要素も非常にチャレンジングだと感じています。苦労も多くありますが、そうしたチャレンジができること、プロジェクトに貢献できたことが自己価値の向上に繋がること、開発過程で色々な学びがあり成長も実感できることなどが日々のモチベーションになっています。このモチベーションと、乗り越えた後の達成感のセットで、アクセンチュアでの仕事が楽しく続けられるのだと思っています。

社内のアジャイル開発をサポートするAgileCoE
通常業務とは別に、AgileCoE(Center of Excellence)というアジャイル手法を社内で推進していく組織にも所属しています。アジャイル開発を進めるプロジェクトチームに対してAgileCoEが蓄積しているアセットの提供やノウハウの共有をします。必要に応じて提案活動にも参加してサポートし、提案活動と開発現場で得た学びなどをアセット化することも仕事のひとつです。また、アジャイル関連のトレーニング講師も務めており、開発をリードしている社員を対象にアジャイル開発の進め方について教えています。

"自分自身やチームメンバーが楽しんで仕事ができるような環境づくりに従事していきたい。"

My advice

極める軸は人それぞれの幅広いキャリアパス
幅広く、色々な方々にアクセンチュアへの応募をしていただきたいと思います。特に、向上心を持つ方は大歓迎です。アクセンチュアの仕事は、高度なチャレンジや価値の実現を伴うものが多く、それに応じて成長できるチャンスが無数にあると思います。その環境で「自分が持っている能力を発揮していきたい」もしくは「どんどん新しい能力を身に付けていきたい」という考えを持っている方には良いのではないでしょうか。アクセンチュアのエンジニアには、幅広いキャリアパスの選択肢があることもメリットだと思います。エンジニア職種でも、アーキテクチャを中心に技術領域を極めていく人、データサイエンスやAIなどの特定領域を極めていく人、アプリ開発の質向上を極めていく人、私のようにスクラムマスタとして手を動かしながらチームの効率化と進化に重心をおく人など、多様なキャリアパスを歩む人が周りにいます。そして優秀な人が多く、常に良い刺激を受けられる環境だと感じます。また、参画するプロジェクトもエンジニアリングファーストのような、エンジニアがパフォーマンスを出しやすい環境づくりへの共通認識が浸透しているため、エンジニアとしても働きやすいと思います。

関連する職種

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る