クラウドサービス

クラウドファーストがビジネス価値創出を加速

クラウドで世界を変える

クラウドファーストは、お客様の価値創出を加速します。

アクセンチュアは、360°での価値を提供するための、クラウドに関する豊富な知識・経験を有します。お客様個々のニーズに合わせて、業界に特化したソリューションを構築し、お客様が迅速にクラウドに移行し、クラウドがもたらす価値を最大化できるようご支援します。

クラウドコンピューティングの真の価値を実感いただくために、クラウド移行からクラウドマネジメントまで、お客様のビジネス変革を実現し、360°での価値を創出できるようサポートします。

クラウド移行の先にあるものとは?アクセンチュアの最新レポートでは、クラウドで競争力を発揮するためにクラウド先進企業にみられる4つの特徴をご紹介しています。

クラウドへの移行だけでなく、その先の変革にまで伴走する

クラウドの「成果」を感じている企業は4割未満

多くの企業でクラウド移行はたしかに進んでいるものの、アクセンチュアの調査によれば、期待した成果を得られている企業は4割未満に過ぎません。つまり、多くの企業がその真価を引き出せていないということです。事実、クラウドシフトに課題を感じ、アクセンチュアに相談いただくケースも増加しています。

目下の課題は、クラウドへの移行のみにとどまらず、その先にある変革テーマにどう取り組むかという点に移ってきているといえるでしょう。

クラウドを各戦略で活用してビジネス競争力の強化にまで結びつけるのは、IaaS(Infrastructure as a Service)への発展だけではありません。運営ガバナンスの見直し、次世代のクラウド適用の構想策定、ハイブリッドクラウド環境下でのシステム構造改革(リアーキテクト)、自動化された運用アーキテクチャの再構築、データに基づいて判断・意思決定を行うデータドリブンの変革など取り組むべきテーマは多岐にわたり、さまざまな課題に立ち向かう必要があります。

クラウドシフトへの困難な旅路を支え続ける

真のクラウドシフトを実現する「Journey To Cloud(J2C)」には多くの課題が立ちはだかり、高度なテクノロジーが必要とされます。たしかにクラウドへの移行だけであれば、他のプレーヤーでも実行可能でしょう。ですが、真にビジネスに貢献できる仕組みにまで進化させるのは、次元の異なるチャレンジであり、困難な旅路となります。

こうしたJ2Cに必要なスキルを持った人材や組織が揃い、コンサルティングからデリバリー、その後の保守運用までトータルで支援できるプレーヤーは、アクセンチュア以外にほとんど存在しないといっても過言ではありません。

アクセンチュアは、スケールを持ってクラウド移行するマイグレート、クラウド移行後にリアーキテクトするモダナイズ、クラウドネイティブ化とデータ活用によるイノベーションといった各領域において、さまざまなソリューションやツール、テクノロジーを活用しながら、ビジネス価値の創出というゴールまでお客様のJ2Cを支援していきます。

さらに詳しく

Are you getting the full value from your cloud investments?

トランスクリプトを読む

ケイパビリティ

アクセンチュアの幅広いケイパビリティをご紹介します。

クラウド・インダストリー・ソリューション

クラウドを梃子に、各業界のバリューチェーンの変革と機能強化を図ります。インダストリー変革を推進するアイデアと実行力が強みです。 続きを読む

クラウド戦略コンサルタント

企業がクラウドシフトの目的性を明確化し、クラウドを梃としたトランスフォーメーションを推進するためのパートナーです。 続きを読む

リーン・クラウドマイグレーション

自動化ツールやクラウドファクトリー、ノウハウ/アセットの最大活用で迅速かつコストを抑制したスムーズなクラウド移行を実現します。 続きを読む

クラウド・エンジニアリング

現行システムのクラウド移行とアーキテクチャのデザイン、さらにはクラウドネイティブへの移行まで、クラウド移行したシステム構築をエンド・ツー・エンドで包括的に支援します。 続きを読む

クラウド・プラットフォーム

クラウドサービスベンダーの提供するプラットフォームのバージョンアップやスケールに伴って、継続的に効率性を改善できるインテリジェントなクラウド基盤を構築します。 続きを読む

クラウド・セキュリティ

クラウドセキュリティに係る戦略立案、クラウド環境の利用状況可視化やインシデント早期発見のためのガバナンス・運用構築、クラウド環境を保護する対応など、クラウド活用における包括的なセキュリティをご提供します。 続きを読む

全て見る

関連リンク

ビジネスを再創造するテクノロジーと体験の融合。​

未来のビジネス成長を牽引する、これからのテクノロジー・ITの姿

全て見る

事例

アクセンチュアは東洋大学のスマートフォンアプリ「東洋大学公式アプリ」の開発・運用を支援しました。

資生堂はデジタルを活用した事業モデルへの転換を加速するべくアクセンチュアと戦略的パートナーシップを結びました。

社会のデジタル化が加速する中、イーデザイン損害保険株式会社はミッション・ビジョン・バリューの再定義を行い、アクセンチュアとのコラボレーションのもと、顧客体験への落とし込みや、新たな顧客体験を提供する共創型自動車保険「&e(アンディー)」を開発・構築しました。

みんなの銀行は、デジタルネイティブ層をターゲットにし、顧客起点でサービスやUIを設計しています。

国際協力機構(JICA)はコロナ禍を受けて組織内のコミュニケーション手段が断絶される危機に直面。2022年更改で計画していたクラウド化の前倒し実施およびTeamsを主体とするワークスタイルへの移行を関係者が一丸となって成し遂げるなど、危機の好機への転換を達成しました。

出光興産は陸上輸送用タンクローリーの輸配送管理システム「輸送管理プラットフォーム」を新規構築。車載器としてタブレット端末「iPad」を業界で初採用したほか、Salesforce.comのクラウドを基幹システムと連携。業界の知見と深い業務理解を持つアクセンチュアと共にアジャイル開発で取り組みました。

お客様のビジネス基盤のクラウド移行によって経営のさらなる俊敏化や効率化を支援する、AWSへのリフト&シフトの事例をご紹介します。

200ものSAPサーバーをAWSにマイグレーションし、オペレーション変革を実現

クラウド技術を活用し、より高速なコンテンツ配信機能を備えたスムーズなオンライン体験を実現

VIEW ALL

クラウドダイアリーズ

日本企業が「クラウド」という武器をいかに使いこなして未来への「創発」に取り組むことができるか、アクセンチュアの立場から、手触り感のある見解を発信するブログです。

アクセンチュア・クラウド・ダイアリーズ

アクセンチュア社員がクラウドに関するホットトピックをブログ形式でご紹介します。

アクセンチュア・クラウド・ダイアリーズ始動!~本ブログにこめた想い

このブログでは、今後クラウドについて様々なトピックをチームで取り上げていくつもりです。ちょっとした小ネタから時事ネタまで色々あるかと思いますが、「手段ではなく目的としてのクラウド化の意味」そして「新しい時代のITリーダー像」という点を意識して発信していきたいと思いますので、是非楽しんでお読みください。

受賞実績

アクセンチュアは、パートナーや第三者機関、調査会社による評価でリーダー企業、イノベーターとして評価されています。

ニュース

一時的なコスト削減に向けたクラウド移行は、競争優位を失うリスクを伴うことが判明――アクセンチュア最新調査

クラウドがもたらす価値を最大限に享受している企業は、 イノベーション創出に向けてクラウドを継続活用

アクセンチュアとアバナード、サイトコアのグローバルパートナー最優秀賞に選出

世界で最も優れたパフォーマンスのパートナーに授与され、サイトコア製品に関する専門知識、共同販売の能力、顧客ソリューションの提供など、あらゆる側面における両社の功績が評価されました。

アクセンチュア最新調査――コロナ禍においてテクノロジー投資を拡大した企業の収益成長率は、出遅れた企業の5倍に上ることが判明

デジタルトランスフォーメーションを短期間で推進し、同業他社の4倍の収益成長率を示す「跳躍企業」の特徴も明らかに

アクセンチュア、KDDIのパーソナル事業におけるデジタル変革を支援

新たな顧客体験の創出に向けた構想策定、サービス開発、テクノロジー基盤の強化に加え、デジタル人材の育成も支援

エコシステム・パートナー

エコシステム・パートナーとの連携により、アクセンチュアのテクノロジーやビジネス・ケイパビリティを向上しています。

リーダー紹介

採用情報

アクセンチュアはクラウドを梃子にしたお客様の変革を支援しています。クラウドへの移行やアプリケーションの開発だけでなく、変革そのものに挑戦できるのはアクセンチュアで働く醍醐味です。

また、様々なクラウドベンダーとパートナーシップを組み、豊富な知見を持った人材が集っていることから、幅広いソリューションやアーキテクチャなどに触れられる環境でもあります。テクノロジーへの強い探究心を持った方や企業の変革に携わりたい方にとって、アクセンチュアは格好の舞台です。

特にクラウドを起点にイノベーションを創出するのは困難なチャレンジであり、他では得難い経験を積むことができます。企業の変革の道筋とロードマップをエンド・ツー・エンドで描く「エンタープライズ・アーキテクト」とでも呼ぶべき希少価値の高い人材を目指すことも可能です。

ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)