クラウドサービス

クラウドファーストがビジネス価値創出を加速

ビジネス価値の優先

効率性、敏捷性、革新性 – アクセンチュアはクラウドによるこれらのメリットを実現します。

アクセンチュアは、お客様の状況や業界に関わらず、お客様がクラウドによる変化を受け入れ、全社一体となりビジネス価値を創出できるように継続的に支援します。

クラウド移行からクラウド・マネジメントまで「ハイパースケーラー」を最大限に活用し、業界を熟知したエキスパートがお客様の変革を実現します。

クラウドを活用しお客様の新たなビジネス価値を創出します。

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の御旗のもと推進するクラウド

アクセンチュアが提供するクラウド関連サービスは、クラウド移行に伴う戦略策定や構築、移行後の運用に至るまで、機能領域ではセキュリティ、プロセス、ガバナンス、人材・スキルに渡って、お客様の事業成長にコミットする総合的なサービスです。クラウドサービスを展開する主要パートナー企業とは強固なアライアンスを築いており、先端的な知見と技術で、お客様の企業価値向上に貢献する高いバリューを提供しています。

「クラウドは手段であり目的ではない」。これは紋切り型でやや言い古された感のある表現ですが、今なお変わらない本質です。メインフレームで稼働している基幹システムのクラウド移行においては、クラウドをテコにして、ビジネスケースをいかにして仕立て上げていくかが重要であるとアクセンチュアでは考えています。「デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革、DX)」の御旗のもと、ビジネスとITをつなぐ基盤や、機能・エコシステムを連携させるプラットフォームとしての役割がクラウドに期待されています。クラウドの活用は多くの企業で中期計画のアジェンダの1つとなっており、アクセンチュアが提唱する「Journey To CloudJ2C)」を自社の成長のコアに組み込みDX実現に取り組んでいる企業が増えています。

アクセンチュアでは、クラウドをビジネスケースに仕立てるべく、9つのエントリーポイントを考慮したJ2Cシナリオを体系化しています。 また、アクセンチュアがグローバルの知見を集約した最新論考レポート「Cloud Ascent(クラウド・アセント)」では、クラウド移行を「マイグレーションとスケールアップ」から、「イノベーションと事業成長」までの5段階でステップ別に分解し、企業が取るべきDXの道としてクラウド・ジャーニーを定義しています。

アクセンチュアはクラウドによるお客様のビジネス価値最大化に向けて、戦略策定からインフラの構築・開発、運用を共にするパートナーとして、一貫して成果にコミットしたサービスをご提供しています。

クラウドに関するケイパビリティの詳細は以下の通りです。

  1. クラウド・インダストリー・ソリューション
  2. クラウド・アドバイザリー
  3. リーン・クラウド・マイグレーション
  4. クラウド・エンジニアリング
  5. クラウド・プラットフォーム
  6. クラウド・セキュリティ

さらに詳しく

Are you getting the full value from your cloud investments?

トランスクリプトを読む

ケイパビリティ

アクセンチュアの幅広いケイパビリティをご紹介します。

クラウド・インダストリー・ソリューション

クラウドを梃子に、各業界のバリューチェーンの変革と機能強化を図ります。インダストリー変革を推進するアイデアと実行力が強みです。

クラウド・アドバイザリー

企業がクラウドシフトの目的性を明確化し、クラウドを梃としたトランスフォーメーションを推進するためのパートナーです。

リーン・クラウドマイグレーション

自動化ツールやクラウドファクトリー、ノウハウ/アセットの最大活用で迅速かつコストを抑制したスムーズなクラウド移行を実現します。

クラウド・エンジニアリング

最適なクラウド・ソリューションの選定を含む、クラウド移行の戦略と実行におけるPMとしてお客様のクラウド移行の価値を最大化します。

クラウド・プラットフォーム

ナレッジに基づくサービス群が、お客様マルチクラウドの利用に伴うコストや運用負荷の軽減、セキュリティとガバナンス強化を支援します。

クラウド・セキュリティ

クラウドセキュリティに係る戦略立案、クラウド環境の利用状況可視化やインシデント早期発見のためのガバナンス・運用構築、クラウド環境を保護する対応など、クラウド活用における包括的なセキュリティをご提供します。

全て見る

関連リンク

未来のビジネス成長を牽引する、これからのテクノロジー・ITの姿

新型コロナ危機による大混乱の後、企業が軌道に乗り、成長を目指す上で重要なトレンドを考察しています。

全て見る

事例

みんなの銀行は、デジタルネイティブ層をターゲットにし、顧客起点でサービスやUIを設計しています。

国際協力機構(JICA)はコロナ禍を受けて組織内のコミュニケーション手段が断絶される危機に直面。2022年更改で計画していたクラウド化の前倒し実施およびTeamsを主体とするワークスタイルへの移行を関係者が一丸となって成し遂げるなど、危機の好機への転換を達成しました。

出光興産は陸上輸送用タンクローリーの輸配送管理システム「輸送管理プラットフォーム」を新規構築。車載器としてタブレット端末「iPad」を業界で初採用したほか、Salesforce.comのクラウドを基幹システムと連携。業界の知見と深い業務理解を持つアクセンチュアと共にアジャイル開発で取り組みました。

お客様のビジネス基盤のクラウド移行によって経営のさらなる俊敏化や効率化を支援する、AWSへのリフト&シフトの事例をご紹介します。

200ものSAPサーバーをAWSにマイグレーションし、オペレーション変革を実現

クラウド技術を活用し、より高速なコンテンツ配信機能を備えたスムーズなオンライン体験を実現

全て見る

クラウドダイアリーズ

日本企業が「クラウド」という武器をいかに使いこなして未来への「創発」に取り組むことができるか、アクセンチュアの立場から、手触り感のある見解を発信するブログです。

アクセンチュア・クラウド・ダイアリーズ

アクセンチュア社員がクラウドに関するホットトピックをブログ形式でご紹介します。

アクセンチュア・クラウド・ダイアリーズ始動!~本ブログにこめた想い

このブログでは、今後クラウドについて様々なトピックをチームで取り上げていくつもりです。ちょっとした小ネタから時事ネタまで色々あるかと思いますが、「手段ではなく目的としてのクラウド化の意味」そして「新しい時代のITリーダー像」という点を意識して発信していきたいと思いますので、是非楽しんでお読みください。

受賞実績

アクセンチュアは、パートナーや第三者機関、調査会社による評価でリーダー企業、イノベーターとして評価されています。

ニュース

一時的なコスト削減に向けたクラウド移行は、競争優位を失うリスクを伴うことが判明――アクセンチュア最新調査

クラウドがもたらす価値を最大限に享受している企業は、 イノベーション創出に向けてクラウドを継続活用

アクセンチュアとアバナード、サイトコアのグローバルパートナー最優秀賞に選出

世界で最も優れたパフォーマンスのパートナーに授与され、サイトコア製品に関する専門知識、共同販売の能力、顧客ソリューションの提供など、あらゆる側面における両社の功績が評価されました。

アクセンチュア最新調査――コロナ禍においてテクノロジー投資を拡大した企業の収益成長率は、出遅れた企業の5倍に上ることが判明

デジタルトランスフォーメーションを短期間で推進し、同業他社の4倍の収益成長率を示す「跳躍企業」の特徴も明らかに

アクセンチュア、KDDIのパーソナル事業におけるデジタル変革を支援

新たな顧客体験の創出に向けた構想策定、サービス開発、テクノロジー基盤の強化に加え、デジタル人材の育成も支援

エコシステム・パートナー

エコシステム・パートナーとの連携により、アクセンチュアのテクノロジーやビジネス・ケイパビリティを向上しています。

採用情報

アクセンチュアでは、多種多様な価値観や経験を持つ人材が切磋琢磨しながら、それぞれが活躍できる場を提供しています。現在募集中のポジションは下記よりご確認ください。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで