Akihiro W.

エクスペリエンスコンサルタント、シニア・マネジャー

東京オフィス


"2008年に新卒で入社して以来、幅広い領域でのコンサルティング業務を経てアクセンチュア ソングへ。専門性の異なる複数のメンバーをまとめるプロジェクトマネジャーとして活躍中。周囲とのフラットなコミュニケーションをベースに、メンバーの主体性を生かしたチームを作りたい。"

What I do

様々な領域のコンサルティングを経てアクセンチュア ソングへ異動
アクセンチュアに入社した当初は、データの統合やアナリティクスを行う部署で経験を積み、その後は製造・流通本部で小売業を中心に需要予測や顧客接点の最適化など、消費者に近い領域で幅広くコンサルティングを行ってきました。
2020年より、現在のアクセンチュア ソングにおいてデザイン、マーケティング、コミュニケーションなど異なる専門性を持つメンバーをまとめ、プロジェクトを推進する立場として、体験を軸としたより大きな変革を具現化すべく日々働いています。

デザインを軸に事業再生するアクセンチュア ソングらしいプロジェクト
現在は複数のプロジェクトに携わっていますが、メインは大手アパレル企業の事業変革支援です。デザインプロセスを基に事業モデルそのものを改革するもので、体験デザインを専門とする部内のメンバーと一緒に進めています。お客様企業が単なるアパレル販売に留まらず、顧客体験やその提供価値をデザイン・実装できる企業に進化できるよう、消費者視点のデザインプロセスを取り入れた新規事業の立ち上げ・既存ブランドの変革やデザイン志向の組織づくりなどを行っており、私はプロジェクトマネジャーとしてデザイナーやクリエイティブのチームと連携しながら、ビジネス視点での事業推進チームを担っています。
例えば、お客様企業が抱えるブランドを変革する場合、社会潮流や消費者インサイトをもとにターゲットや服がもたらす提供価値を見直すため、その体験全体を再設計する必要があります。その結果、服以外の商品・サービスを検討したり、組織やビジネスモデルを作り変えたりする必要が出てきます。このように、お客様のビジネス全体に対してあらゆる角度から提案、伴走できる点が、アクセンチュア ソングで仕事をする醍醐味かもしれません。

Song Careers TOP

A day in my life

複数プロジェクトを管理する立場で午前はチームと、午後はお客様とコミュニケーション
私は複数のプロジェクトに携わる立場のため、午前中はチームメンバーとの進捗確認や案件管理、資料のレビューなどを行います。午後はお客様とのディスカッションを中心とした会議、その後に自分が手がける提案書の作成を行う、といった形が主な1日の流れです。
休みの日には娘と2人でいろいろなところに出かけています。娘が生まれた際には妻の職場復帰に合わせる形で半年間の育児休業を取得しました。当時、ひとりで日中の育児を担当していた半年間の経験があったからこそ、育児により主体的に参加するようになりました。現在でも、妻は土日や平日夜遅くまで勤務することがあるため、どちらかの仕事が忙しくても送迎から寝かしつけまで、一連のタスクはどちらでも行えるようにしています。

データが持つ可能性に驚いたオムニチャネル変革案件
入社5年目で携わった、ドラッグストアにおけるオムニチャネル変革のプロジェクトが印象に残っています。これまで小売業のひとつとして捉えていた業態が、病院や製薬会社との連携先、消費者へのテストマーケティングの場、地域におけるコミュニティハブなど複数の役割を担っていることを実感するとともに、バイタルデータや消費行動データが持つ可能性に驚きました。仕事内容としても社長の想いを汲み取って、取り組みテーマから構想、具体化していくもので、ほぼすべての領域を主担当として任せていただきました。自分が本当にやりたい仕事は何かを俯瞰して見られるようになったきっかけでもあり、今でも思い出深いプロジェクトです。

ほぼすべての領域を主担当として任せていただき、自分が本当にやりたい仕事は何かを俯瞰して見られるようになった。

My advice

生活者・企業・社会における体験に着目し、その価値を再発明するユニークな組織
こうした経験から感じるアクセンチュアの強みは、社会や生活者の変化に合わせ、常に組織やその役割を変え続けている点です。何かに特化したサービスやモノづくりを行うのではなく、世の中を変革していくために必要となるテーマを見極め、他社に先駆けて取り入れることで、その姿を変化させてきたように思います。私が所属しているアクセンチュア ソングも生活者・企業・社会における体験そのものに着目し、その価値を再構築するためのユニークな組織であり、クリエイティブエージェンシーやビジネスコンサルティング、テクノロジーコンサルティングが混然一体となって働いています。互いの違いを真摯に認め合い、同じ目的の中でそれぞれの価値を発揮することができるのはアクセンチュアならではだと感じています。

高い成長意欲と利他的な行動
アクセンチュアには多様なバックグラウンドを持つ人たちが、肩書きに囚われず自身の強みを発揮できる環境があります。一方で、自分ならではの社会や消費者に対する視点を持ったうえで、周囲の人々と協働しながら誠実に考え抜く、そんなシンプルなチャレンジの積み重ねがその根幹になっていると感じます。決してラクな仕事ではありませんが、高い成長意欲を持ち、ともにプロジェクトを進める仲間と共に、お客様企業、ひいてはその先の消費者視点で行動が出来る人と一緒に仕事をしたいと心から思っています。

関連する職種

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る