書籍紹介

アクセンチュア社員の著作書籍をご紹介します。

デジタル×地方が牽引する
2030年 日本の針路

2030年に向けた日本社会の針路を再考する中で、大都市や地方都市がそれぞれの特徴や強みを活かした町づくりを進め、人々が住む場所や生活の仕方を柔軟に変えることができれば、社会全体の生活の質・人生の質(QoL=クオリティ・オブ・ライフ)を高めることができるのではないだろうか。「デジタル×地方」が実社会でいかに新たなQoLエコノミーを形成し、地方の価値を解放することができるか、本書で解説する。

購入する
さらに詳しく
デジタル×地方が牽引する 2030年日本の針路

X-Tech2020
~アクセンチュア編~

フィンテック、ヘルステック、アグリテックetc…。様々なX-Techが紙面を賑わせている中で、実際の中身について知らないという方は多いのではないでしょうか。そこで、12テーマについて概要からキーワード、主要企業、今後の展望までをコンパクトにまとめました。

購入する
さらに詳しく

AIフロンティア(日経ムック)
「人間×テクノロジー」が
ビジネスに革命を起こす

アクセンチュア保科学世 全面監修!AI活用の最先端を、第一線の識者、先進事例の取材から徹底解剖

過去10年のAI(人工知能)に関する技術の進化には眼を見張るものがあります。そして今後10年の間には、あらゆる業種において、AIを用いた業務変革が急速に進んでいくことでしょう。

本誌では、AI領域の第一人者の方々との対談やインタビュー、実際に活用を進めている企業の事例、各種解説記事を通して、AIによりビジネス、生活、そして世の中が今後どう変化していくのか、その方向性を示します。

購入する
さらに詳しく

ピボット・ストラテジー
~未来をつくる経営軸の定め方、動かし方~

変化し続ける企業だけが、高収益を実現できる! アクセンチュア、コムキャスト、ウォルマート、ペプシコ、ユニクロ…。100社以上の豊富な事例に学ぶ、過去・現在・未来の「賢明なピボット」とは?

購入する
さらに詳しく

サーキュラー・エコノミー
デジタル時代の成長戦略

「無駄」を「富」へと変える今世紀最大の資本主義革命とも言われる“サーキュラー・エコノミー”と、5つのビジネスモデルに移行することによって得られる競争優位性(サーキュラー・アドバンテージ)を丁寧に解説。日本の戦略コンサルティング本部による日本企業への示唆をまとめた章も追加されています。

購入する
さらに詳しく

「プロダクト再発明」で
製造業ビッグシフトを勝ち残る
ものづくり「超」革命

アップルのスティーブ・ジョブズは2007年にiPhoneを発表した時、「電話を再発明した」と表現した。製品がコネクテッド化して「ソフトウェアの入れ物」になる今後、ものづくり企業が避けては通れない「プロダクト再発明」とは?

購入する
さらに詳しく

この1冊で合格!
AWS認定
ソリューションアーキテクト・
アソシエイト
テキスト&問題集

本書は、AWSのソリューションアーキテクト担当者向け認定試験である「AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」対策のための書籍です。アクセンチュアのAWSコンサルタント最短育成トレーニングである「AWSカスケード式トレーニング」を再現し、エキスパートが最強の学習法を公開。2018年にリリースされた最新版にも対応しており、豊富な図解と演習、模擬試験、用語集のオールインワンで1回で受かる実力が確実に身につきます。再認定対策や、実務上の知識整理に最適な1冊です。

購入する
さらに詳しく

Mobility 3.0
~ディスラプターは誰だ?~

インターネットが世界を覆い尽くして約20年。デジタル化の波は自動車業界をも震撼させ、“移動”そのものを変えようとしている。「モビリティ革命」とも言うべき生まれ変わりゆくモビリティ世界で覇者となるのは、製造業の頂点に君臨する自動車メーカーか、情報力で他社を圧倒するGoogleか、それとも資金力で世界を手に入れようとするソフトバンクか。生き残りを賭けた戦いはすでに始まっている。

購入する
さらに詳しく

SMART CITY 5.0
~地方創生を加速する都市OS~

少子高齢化、労働力不足という課題先進国である日本において、デジタルを活用して地方創生を成し遂げることの重要性は言うまでもない。この8年にわたる会津プロジェクトの軌跡を明らかにすることが、日本の明るい未来を切り拓くスマートシティへの変革に携わる皆さまの一助になれば、これほど嬉しいことはない。会津プロジェクトに関わるすべての皆さまへの感謝を込めて、本書を贈る。

購入する
さらに詳しく

Human+Machine
~AI時代の8つの融合スキル~

さまざまなデジタル技術が、ヘルスケア産業における変革のスピードを加速させている。医療によるデジタル技術の本質は、IoT(モノのインターネット)をはじめとしたさまざまな技術の発達により、これまで分断されていた、患者と医療機関、製薬企業、医療機器メーカーがシームレスにつながることにある。これからは患者への価値提供やアウトカムを実現するには、自社の製品を売るだけでなく、製品以外の技術やサービスを組み合わせたソリューションが欠かせない。その為には自社単独だけでは不可能であり、さまざまな企業と提携し、従来の路線を離れ、独自のビジネスモデル、エコシステムを構築することが生き残りの必須条件となる。

購入する
さらに詳しく

ヘルスケア産業の現状と課題

さまざまなデジタル技術が、ヘルスケア産業における変革のスピードを加速させている。医療によるデジタル技術の本質は、IoT(モノのインターネット)をはじめとしたさまざまな技術の発達により、これまで分断されていた、患者と医療機関、製薬企業、医療機器メーカーがシームレスにつながることにある。これからは患者への価値提供やアウトカムを実現するには、自社の製品を売るだけでなく、製品以外の技術やサービスを組み合わせたソリューションが欠かせない。その為には自社単独だけでは不可能であり、さまざまな企業と提携し、従来の路線を離れ、独自のビジネスモデル、エコシステムを構築することが生き残りの必須条件となる。

購入する
さらに詳しく

アクセンチュア流
生産性を高める
「働き方改革」

アクセンチュアは数年前まで「激務だ、不夜城だ! 」と揶揄され、「収入は高いが仕事はキツイ」の典型企業でした。強い危機感を抱き、2015年1月に自社の働き方改革「Project PRIDE(プロジェクト・プライド)」に乗り出します。

なぜ、アクセンチュアは変わることができたのでしょうか。 本書は、コンサルタント企業としてのプライドを取り戻すためにトップが主導して断行した働き方改革の軌跡です。プロジェクトの全貌を通して、リーダーシップのあり方、チームマネジメント成功のノウハウを紹介します。

購入する
さらに詳しく

エネルギー産業の2050年
Utility3.0へのゲームチェンジ

エネルギーはライフライン、すなわち生命線と言われます。しかし日本ではオイルショック以降、エネルギーの確保が話題となることはほとんどなく、あって当たり前だと思われています。しかし、当然のことながらこの生活は「当たり前」ではありません。

この先数十年後にこの国に生きる後の世代に、我々はどのような未来を遺せるのでしょうか。より良い未来を遺すために我々はどのような選択を積み重ねていけばよいのでしょうか。エネルギーインフラを構築するのにかかる時間を考えれば、2050年はそう遠い将来ではありません。今から議論を始める必要があります。

購入する
さらに詳しく

インダストリーX.0
製造業の「デジタル価値」
実現戦略

『インダストリー X.0』のテーマは、インターネット・オブ・シングス(IoT)が産業界にもたらす影響についての深い考察にあります。アクセンチュアが明らかにした6つのコア・コンピテンシーに関する広範な調査と知見に基づいて、IoTとは何か? またIoTを取り巻く重要な側面について、わかりやすく興味深い手法で解き明かします。

本書は、企業がビジネスの焦点を製品からサービス、価値、およびアウトカム(成果)へと積極的にシフトするための多様な提言を、緻密な調査とわかりやすい説明で投げかけます。グローバルでの豊富なケーススタディと実例を交えて構成された本書は、IoT時代における成功を目指す企業に対して、実践的かつ価値ある指針を提示します。

購入する
さらに詳しく

気まぐれ消費者
最高の体験と利便性を探求する
デジタル時代の成長戦略

本書ではデジタル技術の進化が事業環境変化のみならず、消費者の行動・心理・価値観にも大きな影響を与え、デジタル時代特有の新たな消費者像が形成されていることに着目しています。

無関心でありながら欲張りであったり、ブランド忠誠心が低いなど、非常に移り気だが、気に入ったサービスの周囲への推奨努力は惜しまないなど、神出鬼没でもあり、掴みどころがない「気まぐれ」な彼らを、まるで液体のようなその様から「液状消費者」と名づけ、行動特性や心理特性を深く考察しています。なかでも特徴的な日本の「液状消費者」と対峙するための考察を追加章として収録。

購入する
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで