セキュリティ

革新的なサイバーセキュリティサービスを提供し、高度なサイバーレジリエンスを実現

戦略からオペレーションまで一貫したセキュリティサービスを提供

一気通貫のサービスを提供できる独自の強み

アクセンチュアは20年以上にわたってセキュリティサービスを提供しており、グローバルで多数の専門性の高い技術者を擁しています。

セキュリティ分野における数々のリーダー企業とパートナシップ契約を組み、日本のお客様に対してグローバルレベルのセキュリティサービスを提供できるのもアクセンチュアの大きな強みです。

セキュリティと言ってもバリューチェーンによって多数のテーマがありますが、アクセンチュアは戦略立案からオペレーションまで一気通貫でサービスを提供しています。組織のリスクの把握と対処の検討にはじまり、実際のセキュリティ対策と強化、その後の運用・改善までの全領域を一社で完結して実施します。

一般的に他のコンサルティングファームではリスク把握と戦略立案といった上流部分を主に担い、実行以降はITベンダーにバトンタッチするケースが大半です。逆にITベンダーではセキュリティ対策を実施して終わりになるケースが多く、セキュリティベンダーの場合はSOC(Security Operation Center)に代表されるログ監視をメインにしていることが多数です。

一気通貫でセキュリティサービスを提供できるのはアクセンチュア独自の強みといえます。

ゼロトラストなど、多様なセキュリティニーズに対応

セキュリティに関するニーズは多様化していますが、今もっとも注目度の高いキーワードは、すべてのアクセスを疑ってセキュリティ対策を行う「ゼロトラスト」です。アクセンチュアでは、ゼロトラスト化に向けたセキュリティ計画の策定や新しいアーキテクチャ、オペレーティングモデルへの移行を支援しています。

また、サイバー攻撃の高度化や複雑化を受け、攻撃の早期発見や未然防止のための予兆検知型監視・運用サービスのニーズも高まっています。

アクセンチュアではセキュリティに特化した多数の企業の買収とサービス拡充にも取り組み続けており(2020年4月にはシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収)、さらなる競争力の向上に取り組んでいます。

アクセンチュアのセキュリティは戦略からオペレーションまでの幅広いサービスを提供しているため、お客様独自のビジネスニーズに合わせて、サイバーセキュリティ対策を構築することができます。各業界に精通したアクセンチュアのケイパビリティを活用することで、強固なセキュリティを実現し、お客様のビジネスを加速します。

アクセンチュアの『2022年サイバー脅威インテリジェンスレポート』では、ランサムウエアに焦点を当て、サイバーセキュリティ環境に影響を与える5つのトレンドを明らかにします。

ケイパビリティ

アクセンチュアの幅広いサイバーセキュリティの知識と深い業界知識により、エンド・ツー・エンドでビジネスを守る次世代のサイバーセキュリティサービスを提供しています。

サイバーディフェンス

ネットワークとエンドポイントに対し、サイバー攻撃を迅速に特定、保護、検出、応答、復旧するよう防御体制を整え、事業継続性を確保します。

アプライド・サイバーセキュリティ

実現性のあるソリューション、最新テクノロジーを活用し、Global体制でのサポートにより、クラウド環境、インフラストラクチュア、データ、デジタルID、コンプライアンス、プラットフォーム等のセキュリティを強化します。

マネージド・セキュリティ

革新的なテクノロジー、豊富なサイバーセキュリティサービスを活用し、as-a-Service型でサービスを提供することにより、セキュリティ・コンプライアンスを迅速に拡張し、俊敏性を向上させます。

インダストリー・ソリューション

各インダストリーにおける豊富なセキュリティサービス提供実績を基に、グローバルリソースや高度なテクノロジーを組み合わせ、バリューチェーン全体にわたり最適なソリューションを提供します。

全て見る

サイバーフュージョンセンター

グローバルサービス提供拠点として、コンサルティングからマネージドサービスまで、幅広くお客様のサイバーセキュリティ対策を支援しています。

グローバル サイバーフュージョンセンター

グローバル規模でのセキュリティ専門家やデータサイエンティスト、学術研究者、アライアンスパートナーと連携してサイバーセキュリティ対策を支援しています。

サイバーフュージョンセンター (Tokyo)

グローバル セキュリティサービス提供拠点として、コンサルティングからマネージドサービスまで、幅広くお客様のサイバーセキュリティ対策を支援しています。

全て見る

事例

サイバーセキュリティソリューションを活用した最新事例を紹介します。

UNHCR:デジタル認証システムにより難民を救う

公的な個人認証手段を持たない難民に対して生体認証の情報管理システムを構築

ID4D プログラムの一環として、国を発展させるための世界規模のアイデンティティ・マネジメントシステムを構築

全て見る

関連リンク

企業は最新のランサムウェア攻撃と脅迫への対応を事業リスクとして捉え、組織全体で優先的に取り組む必要があります。

ランサムウエアに焦点を当て、サイバーセキュリティ環境に影響を与える5つのトレンドを明らかにします。

サイバーセキュリティへ期待すること、そしてリーダー企業が成し得る準備について紹介します。

新たに始まる自動車向けセキュリティ規制やCASEによる新たなセキュリティ課題へ自動車業界が対応するために必要となる、包括的な取り組み方針を紹介する

全て見る

アライアンスパートナー

エコシステム・パートナーとの連携により、高度なセキュリティサービスを提供しています。

ニュース

サイバーレジリエンスに優れた企業の割合は、世界で17%に留まることが判明

サイバーセキュリティ技術への投資は過去3年間で拡大している一方で、サイバー攻撃の効果的な特定・防御策の実施や、サイバー攻撃の迅速な検知・対応・復旧を行って被害の軽減を図っている企業は、わずか17%だったことが分かりました。

アクセンチュア、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業をブロードコムから買収

Broadcom, Inc.(NASDAQ: AVGO)から、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収することに同意したことを発表します。この買収により、アクセンチュア・セキュリティは世界レベルでのマネージド セキュリティサービスのさらなる強化を実現し、近年急増するお客様からのセキュリティ支援要請に応えていきます。

サイバー攻撃者同士の連携による新たな脅威が出現

サイバー犯罪や高度標的型攻撃(APT攻撃)を行うグループは、攻撃対象の選定方法に変化を加えるだけでなく、攻撃者同士が複雑な連携を図り、共通の攻撃ツールを使うことで偽装の手口を巧妙化していることが分かりました。

アクセンチュア、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業をブロードコムから買収完了

Broadcom, Inc.(NASDAQ: AVGO)から、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業の買収を完了したことを発表します。この買収により、アクセンチュア・セキュリティは世界レベルでのマネージド セキュリティサービスのさらなる強化を実現し、近年急増するお客様からのセキュリティ支援要請に応えていきます。

マルウェアと悪意ある内部攻撃が2018年の企業のサイバー犯罪対応コストの3分の1を占めたことが判明

マルウェアおよび悪意ある内部攻撃に対する企業の対応コストが2018年は12%増加し、コスト面でサイバー攻撃全体の3分の1を占めたことが明らかになりました。

リーダー紹介

採用情報

アクセンチュアはセキュリティに関する戦略立案からオペレーションまでの幅広いサービスを提供していることから、幅広い領域における知識が求められるセキュリティ人材として成長しやすい環境となっています。

事実、特定分野の専門家がアクセンチュアに入社した後、いくつものテーマに携わることで、専門性を拡張していくキャリアも多数見られます。

セキュリティ人材としてのキャリアアップをめざす方にとって、アクセンチュアはキャリアの可能性を広げられる格好の環境といえるでしょう。

さらに詳しく

Security Careers

Accenture Security is looking for passionate, creative people to tackle the biggest security threats facing us today. See more.

トランスクリプトを読む
ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)