インクルージョン&ダイバーシティ

インクルージョン&ダイバーシティへのコミットメント

すべての社員にとって平等な職場環境になるよう取り組みを進めています

2021年版総合ランキング1位

女性活躍推進施策の成果が評価され、『日経WOMAN』の「女性が活躍する会社BEST100」2021年版総合1位を獲得。

私たちが信じること

アクセンチュアのパーパスは、テクノロジーと人間の創意工夫でまだ見ぬ未来を創造することであり、我々の社員やクライアント、コミュニティに対するコミットメントは、あらゆる人に対する平等を推進するためにあります。このパーパスとコミットメントは、我々のイノベーションにおいて実践されるべき課題を推進し、360°バリューの創出を支援し、アクセンチュアが責任あるビジネスリーダーとして行動することを確かなものにしています。

企業の責任ある行動が、優秀な人材の獲得、社員の能力と意欲の向上、社員への適正な報酬の還元につながります。また、イノベーションを起こし、社員が最高のパフォーマンスを発揮し、それぞれが帰属意識を持ち、キャリア構築の公平な機会を持つと感じる文化に裏付けられた環境を作り出しています。

このコミットメントは、アクセンチュアの会長兼最高経営責任者と取締役会というトップから発動しています。そして、あらゆるレベルのリーダーに対し、各個人が成長し活躍できる公平な文化の醸成と持続への支援を期待しています。アクセンチュアは、ジェンダー、民族性、LGBTI、宗教、障がい者、クロスカルチャー・ダイバーシティの領域の課題に重点的に取り組んでします。

The Culture Makers

Where Culture Makers lead, organizations grow fast

Inclusion Starts With I

The importance of an inclusive work environment

アクセンチュアのインクルージョン&ダイバーシティへのコミットメントは揺るぎないものです。それはイノベーションを創出し、また誰もが平等な機会を実感できる企業文化の創造につながります。


ジュリー・スウィート

会長 兼 最高経営責任者

お客様の多種多様な課題を解決するために必要なのは、多様なバックグラウンドを持つ人材がコラボレーションし活躍する組織・チームだとアクセンチュアは考えています。そして実際に、早くからその重要性に着目し、採用、教育研修、意識改革の推進、そしてモデルとなるキャリアあるいは働き方を実現している社員とのネットワーキングなど、先進的なアプローチで取り組んでいます。


堀江 章子

インクルージョン&ダイバーシティ統括 常務執行役員

社員に対するコミットメント

ダイバーシティの力とはどのようなものでしょうか。多様な文化、信念、バックグラウンドを持つ67万4,000人の社員に対するアクセンチュアのコミットメントが、どのような革新性をもたらしているかご覧ください。


ジェンダー

アクセンチュアは平等な社員構成を目指しています。グローバル全体で2025年までに社員の男女比を50:50にするべく取り組んでいます。


障がい者

障がい者雇用のためのベストプラクティスを採用している企業は、他の企業よりも優れた業績をあげていることが明らかになっています。


LGBTQ Pride

アクセンチュアの職場では、性的指向、性自認、性表現を含むあらゆる個性から生まれる「自分らしさ」を尊重しています。


アクセンチュア会長 兼 CEOジュリー・スウィート「平等の文化について」

ジュリー・スウィートの「平等の文化」の創出に取り組むメッセージを公開しています。

トランスクリプトを読む

クロスカルチャー・ダイバーシティ

アクセンチュアの平等の文化に対するコミットメントと、「力を合わせることで、これまでにない優れた力を生み出すことができる(together, we are greater than ever)」という信念の下で、120カ国の67万4,000人以上のアクセンチュアの社員がシームレスなネットワークとして連携し、より良いサービスを生み出しています。

アクセンチュアは、すべての社員が持つ個々の文化とバックグラウンドを尊重し認め合うことで、地域を超えるイノベーションを促進し、世界中のクライアント企業の事業とサービスをより効果的にサポートし続けています。

How Accenture works across cultures

トランスクリプトを読む

外部メディア掲載記事

コンサルの新米パパが地方拠点勤務で仕事に工夫

第1子出産をきっかけに、東京から実家のある地方へ拠点を移し、約1年間ほぼリモートワーク勤務を経験したテクノロジー コンサルティング本部 今里凌が紹介する、ワーキングペアレンツの仕事と子育ての両立や多様性の今、そしてそのメリットとは。(日経DUAL

I&D時代に必要なのは「聞く力」。アクセンチュアに学ぶインクルーシブな組織の作り方

3月24日開催のMASHING UP SUMMIT 2022で行われたセッションにおいて、これからの時代に求められるインクルーシブな組織づくりをテーマに、ビジネス コンサルティング本部 人材・組織 プラクティス 日本統括 マネジング・ディレクター 植野蘭子が登壇。(MASHING UP

「女性は昇進を望まない」は、ウソだ。3人の女性、それぞれのキャリアヒストリー

今年発表された世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数」において、未だ日本は156か国中120位。そんな中で、女性が活躍する企業として認められているアクセンチュアの女性管理職3人が語る、努力、サポート、ためらい... 昇進の背景にある、三者三様のストーリーを紹介。(ハフポスト日本版)

リーダーたちに聴く、ダイバーシティ推進の意義と未来

企業がインクルージョン&ダイバーシティに取り組む意義をテーマに、NPO法人Rebitが主催するトークセッションに、LGBTQ Ally Committeeリードとして社内外のアライ・当事者向け施策立案・推進を担当する佐藤守が登壇。自身がこの活動を始めたきっかけや社内の取り組みを紹介。(diversity works)

働く親がパフォーマンスを発揮する環境とは?

2021年11月にオンラインで開催された「第2回 Working Parents Forum」でのマネジング・ディレクターの大河原久子によるセミナーと、シニア・マネジャーの高橋扇香とマネジャーの溝川貴大も参加したパネルディスカッションの模様をレポート。仕事でパフォーマンスを出すためのポイントや両立の工夫、同社の働く親への施策を紹介。(日経DUAL

スローガンで終わらせない、真のイクオリティを実現するために、企業ができること

インクルージョンとダイバーシティ。そのコンセプトと素晴らしさは理解しても、その実践には課題も多い。そんな中で、マネジング・ディレクターの市本真澄が、IT企業ならではの切り口で、特に障がいのある人材がその力を発揮し活躍している具体的な事例と今後の戦略について、他2社からの登壇者を交え、何を語った内容を紹介。(MASHING UP

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで