今日のデータが未来の経営を支える

データ、アナリティクス、AIは企業にとって競合他社との差別化を図るかつてないほど大きな要因になっています。今日の経営幹部が効率を向上しながら新たな収益源を開拓し、新しいビジネスモデルをタイムリーに構築する方法を模索する中、価値を生み出し成長を続ける企業には「データ活用」という共通項があります。私たちは、無数のデータから企業にとって本当に必要なデータを活用するための方法を知っています。

将来を見据えたオペレーション体制を備えている企業の半数以上(52%)は、すでにデータとアナリティクスを大規模に活用しています。データとAIに関する取り組みをビジネス戦略に沿って実施することで投資利益率を迅速に最大化し、最終的にはAIをビジネス全体に導入することで企業変革を実現することができます。

データやアナリティクスを活用した企業変革、すなわちDDX(データドリブントランスフォーメーション)サービスは、お客様企業の競争力を高めるためのデータ戦略を支援します。AIをクラウドで大規模に活用することで、企業は提供するサービスを見直し、機能を拡張し、データとAIの成熟度を高めながら新たな価値と持続的な成長の源泉を生み出すことができるのです。

データ駆動型変革(DDX)は、単なる手法や方法論の導入を超えて、データによってビジネスを完全に再構築することを目指します。つまり、過去数世紀の間に企業が競争力を保ち成長するために不可欠であった経営資源(ヒト、カネ、知的資本)と同じようにデータを扱うのです。

DDXで実現できること

価値を提供する際、企業にはそれぞれの優先事項があると同時に独自の課題に直面しています。DDXサービスは最新のプラットフォーム、AI、そして強力なデータ基盤を活用することでより深いインサイトを提供し、ビジネス価値を実現するための最適な意思決定を支援します。

ビジネスのコアバリューを実現

データとAIの成熟度を高め、ビジネス戦略を収益化し効率を最大化することで、ビジネスのコアバリューを実現します。

強固なパートナーシップで収益性を高める

エコシステム・パートナーと連携し、お客様企業の能力やサービスを拡張。エンゲージメントやより良い顧客体験のための新たな機会を創出します。

柔軟なビジネスモデルを構築

データとAIを活用してビジネスを新たな領域に拡張し、変わり続けるニーズや優先事項に合わせてお客様企業が自信をもって変化できるよう支援します。

全て見る

事例

オハイオ州では、ビッグデータを活用し、乳児死亡率に影響する要因の理解と対応の向上を行っています。た。

AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用し、情報収集・分析の迅速化を実現。

アクセンチュアは、佐賀県における救急隊と医療機関との連携の改善に取り組みました。

全て見る

AIがもたらすインパクト

17%

パンデミック発生時に「ビジネス上の意思決定を行うために必要な情報やインサイトを十分に持っている」と確信していた経営幹部はわずか17%。

75%

75%の経営幹部が、クラウドへの移行を優先するなどデジタル変革を加速させることを計画(パンデミック以前と比較して26%増)。

10-20%

デジタル・オペレーティング・モデルを用いて迅速にアジリティを実現した場合、10-20%の収益成長が見込まれる。

81%

81%の企業がデータ資産を十分に活用するための全社的なデータ戦略を持っていない。

データ・アナリティクス戦略

重要なデータの特定

ビジネスの変革に不可欠で、組織にとって最大の価値を引き出すデータを特定します。

データ管理と統制

重要なデータを責任を持って活用できるよう、データの一元的な管理、維持、統制を確実にします。

データプラットフォーム&アーキテクチャの構築

安全なデータ基盤とクラウド・アーキテクチャを構築し、組織のより深い分析を実現。現在のニーズに柔軟に対応しながら将来の成長につなげます。

柔軟な組織設計とスキル構築

部門の壁を取り払い、適切なチームとプロセスを構築。コラボレーションを促進してビジネス優先事項の実現を加速します。

データとビジネス戦略をつなぐ

組織全体にデータとAIを導入し、データ駆動型の文化とアナリティクスの考え方を浸透させます。これにより、より良い意思決定、さらには戦略的優先事項のビジネスにおける実現を目指します。

ビジネス価値の効果測定

施策のビジネス価値への影響を理解するため、常時一貫して効果を測定します。

全て見る

関連リンク

課題の定義、基礎的な分析から機械学習による問題解決まで価値創造のための知識を凝縮。

第一線の識者や先進企業の取材から、AIによりビジネス・暮らし・世の中がどう変化するのか探る一冊。

全て見る

関連ニュースを紹介します

アクセンチュア、中部電力の新会社とデジタル変革に向けたデータアナリティクス事業で協業

中部電力グループにおけるデータアナリティクスを活用した業務変革や新規事業の創出に向け、同グループが共同出資したデータアナリティクスの新会社「株式会社TSUNAGU Community Analytics」と協業したことを発表。 (2021年8月10日)

AIグループを率いるリーダー

採用情報

デジタル技術や先端テクノロジーをビジネスの最前線へ適用し、データサイエンスとの融合により世界の大企業が注目するソリューションをデザインし、実装を支援すること。それがAIグループ(Applied Intelligence)のミッションです。お客様のコアビジネスをデジタルの力で先導した先には、まったく新しい成果をもたらします。AIグループ所属の社員は、そのような価値創造の最前線で活躍しています。AIグループでは、「データネイティブのマインドセット」を大切にしていて、アナリティクスとAIのプロフェッショナルこそが、データという宝の山から真に革新的な価値を見つけ出すことができると考えています。

採用情報を見る
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで