Eriko K.

テクノロジーアーキテクト

東京オフィス


"日系SI企業で金融業界のシステムを中心に運用保守や開発、構築を経験後、新しい挑戦を求めてアクセンチュアに入社。スキルアップを目指す中、自分の「軸となるスキル」としてクラウドに出会う。"

What I do

クラウドの専門チーム「クラウドCenter of Excellence」で活躍中
私はいくつもの業界のシステム更改プロジェクトで幅広い役割を経験してきました。現在はクラウドサービスを専門に扱う社内チーム「クラウドCenter of Excellence(CoE)」に所属し、官公庁の案件でWebシステム基盤構築を担当しています。この案件で利用するクラウドサービスのベンダー資格も有しており、知識と経験を生かしてクラウドインフラの設計構築のスペシャリストとして参画中です。主に、システム要件を実現するための具体的なソリューションを設計し、実際に形にしていきます。日々の業務では詳細設計書の作成やIaCコードを書いて構築作業をしています。

Technical Architects Careers TOP

A day in my life

英語が苦手で失敗も。上司のアドバイスでコミュニケーションを改善
仕事においては成功体験もあれば失敗体験もあります。オフショアメンバーと組んで進めることになったあるプロジェクトでは英語でのコミュニケーションが必要でした。当時の私は英語が得意とはいえず、自分に対応できる開発業務はオフショア側に振らずに自分で解決してしまっていましたが、結果的に仕事量が溢れてしまったのです。相談せずに溜め込んでしまったことが原因でした。その後、上司からアドバイスをもらって「毎日夕方、音声通話で会話してその日の進捗の確認・タスク共有」を行うことにしました。問題は解決し、オフショアメンバーとの関係もとても良くなりました。この経験があって、グローバルに活躍できるようになりたい、という思いが強くなりました。

クラウドの専門家集団「クラウドCoE」で、自分の「軸」を見つけた
私は現在、クラウドインフラに関するスキルを自分の「軸」にしています。色々な開発案件を経験したものの、なかなか自分の軸と呼べるような領域に出会えなかった私でしたが、キャリアカウンセラーから紹介されたクラウド領域は自分に最適な分野でした。先端テクノロジーでは、いち早く海外の最新動向や世界のトレンドを取り入れながらお客様へ提案することがポイントです。私の所属するクラウドCoEは、そのためのエキスパート集団であり、ナレッジ活用や人材育成にも積極的です。

"自分のやりたい分野が見つかるのが、アクセンチュアの魅力です。私はクラウドの専門集団「クラウドCoE」でインフラ関連を自分の「軸」にしています。"

My advice

「選択の自由度」が高いからこそ、自分のライフイメージにあったキャリアを実現
アクセンチュアに入り、活躍するうえでは「自分の強みは何か?」「自分のやりたいことは何か?」を常に意識しておくことが重要です。業界第一人者のような人材がいる環境で、「自分はどんなオリジナルの価値を出せるのか?」という視点を持ち、自分のスキルを磨いていくことで継続的に成長できると思います。アクセンチュアは「選択の自由度の高さ」が働く上での魅力です。組織間を異動しやすい仕組みがあり、キャリアプランに合わせたアサイン希望も聞いてもらえます。女性ならではの働き方も選べますし、周囲にはワーキングマザーも多く在籍しています。ライフコースの選択しだいでキャリアプランは変わりますが、その自由度が働きやすさにつながっていると思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る