Kentaro H.

サプライチェーン&オペレーションコンサルタント

東京オフィス


"アパレル企業の生産部で経験を積んだのち、幅広い業界のサプライチェーンに関わる仕事がしたいと思い、アクセンチュアへ入社。"

What I Do

通信業界のサプライチェーン改革プロジェクト
私が現在参画しているのは、大手通信キャリアのお客様の調達部門において在庫を最適化する「携帯電話のライフサイクルマネジメント支援」のプロジェクトです。余剰な在庫を持たず、適切な量の調達をいかに実現するかがテーマです。携帯端末は一台あたりの単価が高く、実現することで巨額のコスト削減を行いつつ、消費者の期待に沿ったビジネスが実現できるため、経営へのインパクトが大きい取り組みです。端末の需要予測や、在庫が余剰になった場合の原因や対策の分析、余剰も欠品もしないための調達オペレーション改善に、シニア・マネジャーやアナリストと議論や調査、検討を重ねながら取り組んでいます。慎重な判断が求められる高難易度のプロジェクトであるため、強い緊張感と大きなやりがいを得られています。

サプライチェーン=人が商いをする限り、無くなることのない重要な機能
私は前職のアパレル企業で商品開発や生産スケジュール管理、デジタル技術を活用した在庫管理や店舗オペレーション改革など、多くの実践経験を積み上げてきました。事業会社に在籍していると、一般的にコンサルタントの仕事は、「資料を作成して提案するが、お客様の結果にはコミットしない」と揶揄されることがあります。しかしアクセンチュアに関しては、そのようなことは全くありません。むしろお客様の課題や問題意識に真剣に向き合い、何が最適解なのかをお客様と共に考え抜く仕事です。同じ方向を見て仕事をご一緒している感覚がお互いにありますし、大きな責任感も感じます。私は日々、お客様の部長・課長クラスの方々と接しており、感謝のお言葉を直接いただく機会もあり、その度にプロジェクトをやり遂げた達成感があります。私がアクセンチュアへ入社するにあたって期待したサプライチェーン関係の仕事にも従事できており、知識や経験のアップデートや、コンサルタントとしての実力も向上している実感があります。サプライチェーンは人が商いをする限り、絶対になくならない領域です。私はこの領域の第一人者への成長を目指して日々仕事に打ち込んでいます。

Supply Chain & Operation Careers TOP

A day in my life

典型的な一日のスケジュール
現在は在宅勤務で働くことが多く、典型的な私の一日のスケジュールをご紹介します。

8:00 起床、ニュース確認
9:30 勤務開始、メールチェック
10:00 チーム内で業務の認識合わせ、業務実施にあたる不明点、懸念点の共有
10:30 お客様のオーダーに関してマネジング・ディレクターやプロジェクトの上司とディスカッション
12:00 昼食
13:00 個人作業
15:00 お客様との会議
16:00 分析業務にあたるアナリストからの相談
17:00 個人作業
19:30 勤務終了
20:30 オンライン英語講座(無料で受講)

労働量ではなく「成果の質」を意識する効率的な働き方
コンサルティング業界に対して、私も入社以前は長時間労働や激務といったイメージを持っていましたが、実際には深夜に及ぶような残業はほぼありません。アクセンチュア独自の働き方改革「Project PRIDE」が現場にしっかり根付いているからです。しかし、もちろんお客様の期待の高さや要望される品質は変わりません。労働の量ではなく、より質の高い成果を提供することが求められているといえます。そのために有効なフレームワークの習得は簡単ではありませんが、アクセンチュアでは様々なオンライントレーニングが提供されており、コンサルタントにとって必要な「課題の定義」や「論点の洗い出し」、「解決策の検討」などに関するスキルアップの機会がたくさんあります。近い将来にはグローバルな仕事も手がけたいと希望しているため、英語力の強化も進めています。また、プライベートに関しては最近第一子が誕生したため、妻を支えながら仕事と育児をいかに両立していくか、模索しながら働きたいと考えています。

"コンサルティング未経験でも、前職の経験や豊富な研修でキャッチアップが可能です。"

My advice

自分の成し遂げたいテーマを軸に、非コンサル出身者も活躍中
私は自分の成長やより価値の高い経験の獲得を目指してアクセンチュアを志望しました。とはいえ、入社前にはコンサルティング未経験ゆえの不安があったのも事実です。私が不安を跳ねのけられたのは、前職でお世話になった上司からの「アクセンチュアに行くならば、その領域の一番になってほしい」という激励と、私自身の「理想に到達するまでは絶対に辞めないぞ」という決意でした。いずれ目標を達成し、前職の方々に恩返しをしたいと考えています。私の周囲や同期社員にはコンサルティング未経験の人が多く、製造業や人材関連サービス業などからアクセンチュアに入った人もおり、過去の経験とコンサルティングスキルの掛け算でバリューを出しています。アクセンチュアでは自分の興味ある分野に挑戦できる機会が多いからこそ、「自分はアクセンチュアで何を成し遂げたいのか」を設定しての入社が重要です。自分が目指す姿に真摯であるほど、上司や周囲から手厚いサポートを得られる文化と環境でもあります。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る