活躍中の社員紹介

Masaaki H.

データサイエンティスト、シニア・マネジャー


東京オフィス


"ジョイントベンチャーで活躍中。メーカー出身のデータサイエンティスト"

What I do

これまでのキャリアやアクセンチュアに転職した経緯を教えてください。
私は経験者採用のデータサイエンティスト職でアクセンチュアに入社しました。前職はメーカーで、もともとはデータ分析と異なる事業部に所属していましたが、自分の担当業務を改善するためにデータを見始めたことがきっかけで社内のデータ分析部門に異動しました。異動後は機械学習なども使い始め、その後様々な課題に携わる中でもっと自分のスキルを高めたいと思い、転職を決意しました。転職を始めた時点では、データ分析に力を入れている事業会社を視野に入れていましたが、面接を経てアクセンチュアに入りたいと思うようになりました。正直なところ、当初アクセンチュアに対しては労働環境や社風に関する不安もありましたが、アクセンチュアに勤めている知人に相談し、そのイメージを払拭できたことも大きかったです。

職種について詳しく見る→デジタルコンサルティング本部 採用案内

A day in my life

現在どのようなプロジェクトに参画していますか?
現在は、通信会社のお客様とアクセンチュアで設立したジョイントベンチャーにて働いています。そのプロジェクトではお客様の社内向けのデータ分析に加えて、お客様のユーザー企業様向けのデータ分析も行っています。そのため、扱うデータの種類は非常に幅広いですし、扱う技術も多岐に渡ります。私は、その中でお客様のユーザー企業様向けのデータ分析やソリューション開発を担当しています。技術領域としては時系列データの異常検知や位置情報の予測、画像認識などです。こうした様々なテーマを通じて、社会的な課題の解決にも貢献できることがやりがいだと感じています。また私個人としては、現在は実務者ではなくデータ分析を行うメンバーを支援する立場ですので、分析者が活き活きと働くことのできるテーマを作れるとやりがいを感じます。

"様々なテーマを通じて、社会的な課題の解決にも貢献できることがやりがいだと感じています。"

My advice

アクセンチュアでデータサイエンティストとして働く面白さはなんですか?
アクセンチュアで働く面白さは三つあります。一つ目は多岐にわたるプロジェクトです。アクセンチュアでは、私が担当している通信業界のプロジェクトだけでなく、他にも製造・流通や素材・エネルギーなど、様々な業界のプロジェクトがあります。そのため、自分の得意分野や将来のキャリアを見据えて多くのプロジェクトに参加し、業務を通じて成長していくことができます。二つ目は、業務内容です。アクセンチュアのプロジェクトでは、目的や課題の整理から実際のデータ分析、さらにその結果を業務に適用するところまで幅広く携われることが魅力です。三つめは、多様な人材です。アクセンチュアには、データサイエンティストの中でもコンサルティングが得意な人、企業の研究所やアカデミア出身で理論に詳しい人など様々な専門性を持った人材がいます。また、一緒に働くコンサルタントからも業務知識やロジカルシンキングの仕方など教えてもらい、勉強になることが多いです。多様な人材と共に様々なプロジェクトに携わることで、どのような課題にも対応できる適応力が身につくと信じています。

Stay connected

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

全て見る