課題―求める変化

Nittoの根幹に息づく「イノベーションDNA」

Nittoはグループの基幹技術である粘着技術や塗工技術をコアコンピタンスとして、エレクトロニクスや自動車、住宅、インフラ、環境および医療関連などの領域でさまざまな製品を提供し、グローバルに事業を展開しています。

同社が65年以上にわたって追求し続けているのが、「三新活動」と呼ばれる独自のマーケティング活動です。既存製品の「新しい用途」を開拓し、そこに新たな技術を加える、もしくは新しい技術を用いて「新製品」を開発することで、さらにその用途を広げ、「新しい需要」を創出し続けるというものです。“技・製・販・管”が一体となって、この三新活動を推進することがNittoの「イノベーションDNA」になっています。

Nitto 取締役 専務執行役員 CTOの三木陽介氏は「イノベーションDNAは弊社のブランドスローガンである“Innovation for Customers”にも体現されており、新しい発想でお客さまの価値創造に貢献することをミッションとしています。ビジネスの直接のお客さまはもとより、社会全体としてつながる幅広いステークホルダーの皆さまの課題を解決する価値を提供することが、Nittoの定義するイノベーションです」と話します。

ポスターセッションに込めた狙い

NittoのイノベーションDNAを形成するための最も重要な社内イベントとして、NittoR&D部門は、経営のグローバル・カンファレンスの開催に合わせて、年1回のペースでポスターセッションを開催しています。研究開発と人財育成の融合施設「inovas(イノヴァス)」において、R&D部門の研究者や技術者が日々取り組んでいるテーマや成果を数枚のポスターにまとめて展示し、国内外の経営陣や各部門の幹部(見学者)と対面でプレゼンテーションやデモンストレーションを行い、意見を交換することができる発表会です。

「ポスターセッションには本社の経営陣はもとより、各事業の執行役員、機能軸の幹部、グローバル拠点の幹部などが一堂に会し、R&D部門のメンバーと直接会話することで、研究開発の方向性やお客さまへの訴求点を共有します。研究開発段階のテーマを早い段階で社内に示し、グローバルの経営幹部やマーケッターと出口を議論することで幅広い意見や市場ニーズを取り入れ、必要に応じて軌道修正することで、最短で製品化・事業化につなげる取り組みです」と、三木氏はこのイベントに込めた狙いを話します。

コロナ禍を機にバーチャル化を推進

ところが、2020年10月に予定していたポスターセッションは想定外の事態により開催が危ぶまれることになりました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる出張制限で、開催が困難となったのです。

とはいえ、ポスターセッションの中止は経営面でも大きなダメージが伴います。Nittoにとってイノベーションはあらゆる事業の根幹であり、そのスピードを緩めるわけにはいきません。またR&D部門のメンバーにとって、経営陣や幹部と直接意見を交わし、成果をアピールできる場が存在することは大きなモチベーションのひとつになっており、人材育成の観点からポスターセッションを止めるわけにはいかなかったのです。

そこでNittoが検討を開始したのが「ポスターセッションのバーチャル化」という施策です。

Nitto 全社技術部門 技術知財戦略本部長の本村弘則氏は「コロナ禍という不測の事態に我々がどう対応することができるか。ニューノーマル時代の新たなイベントのあり方として、ポスターセッションのバーチャル化を推進することもNittoのイノベーションにつながっていくと考えました」と話します。

日東電工 取締役 専務執行役員 CTO 三木陽介氏
※写真撮影時のみ、衛生面に配慮した上でマスクを外していただいております。

日東電工 全社技術部門 技術知財戦略本部長 本村弘則氏
※写真撮影時のみ、衛生面に配慮した上でマスクを外していただいております。

取り組み―技術と人間の創意工夫

安全かつ社員が慣れ親しんだUIで最大限の機能を引き出すセッションの実現

本番まで実質3カ月半というタイトなスケジュールの中、複数のパートナーに打診し、最速で実現できるソリューションとしてすでに多くの社員が慣れ親しんだMicrosoft TeamsのUIで高いユーザビリティを実現するという現実解を提示したのがアクセンチュアでした。

本プロジェクトに参加したアクセンチュアソング、およびインダストリーX(以下、開発チーム)のメンバーは、Teamsの活用を提案した理由をこのように話します。

「スケジュールがタイトだったため、ゼロから基盤をつくっていたのではとても間に合にあわず、Nittoの皆さまが操作を習熟しないまま本番を迎えるリスクがありました。またポスターセッションには非常に機密性の高いR&D情報が集まるため、不正侵入防止など情報漏えい対策も不可欠です。これらを総合的に考えたとき、Nittoの皆さまが日頃の業務で使い慣れており、なおかつ厳重なセキュリティを担保できるMicrosoft Teamsをベースにするのが最善と判断しました」

ポスターセッションのイメージ図

見学者のエクスペリエンスをいかに高めるか

ポスターセッションのバーチャル化は通常の業務アプリケーションとは異なり、単に機能面の仕様を満たすだけではなく、見学者のエクスペリエンスを高めるために高度なクリエイティブのスキルとノウハウが要求されます。

バーチャルポスターセッションのサイトにアクセスしてきた見学者に対して、リアルな展示会と同等の臨場感や没入感で参加してもらうためには、どのようなUIデザインがよいのか、見たいコンテンツをスムーズに回遊できる空間や動線をどのように設計すればよいのか、発表者と見学者がストレスなく会話できるコミュニケーション手段をどのような形で提供すればよいのかなど、Nittoにとっては未経験のことばかりでした。

見学者のエクスペリエンスを高めるための工夫として、アクセンチュア 開発チームメンバーは次のようなポイントを挙げています。

Nittoの皆さまが大切にしている“共創”を体現するR&Dの象徴的な施設であるinovasの画像をメインに利用することで、見学者の親近感と当事者意識を醸成しました。またコンテンツの動線に関しては、見学者が迷わないように最初のバージョンでは出展ブースを決められた順に遷移する標準ルートを設定しました。ただ、この点に関しては『見たいブースに直接アクセスしたい』という要望も寄せられたため、その後の拡張では自由にブースを回遊できる機能も追加しています。画面にブース一覧を表示し、クリックするだけで目的のページに遷移できるようにしました。」リアルな展示会だと、各ブースがどれくらい盛り上がっているかは目で見てある程度は把握できる反面、正確な集客者数など定量的データの収集や集計には手間がかかります。デジタル化によって、バーチャルポスターセッション全体の参加人数やブースごとの訪問者数、詳細資料のダウンロード数といったデータをリアルタイムに可視化でき、発表者の今後の励みにもつながるエクスペリエンスを提供することができました。

柔軟に横展開が可能なプラットフォームを指向

さらにNittoとアクセンチュアは、バーチャルポスターセッションの仕組みをワンショットの使い切り機能として構築するのではなく、再利用性が高く、他の展示会にも柔軟に横展開することが可能なプラットフォーム化を目指しました。

既存のMicrosoft 365の使い方や設定方法、コンテンツ管理画面をそのまま再利用したことも、そこでの工夫のひとつです。設定ファイルを更新してMicrosoft 365に投入することで、新たな環境(チーム)を立ち上げることができます。

これによりNittoは以後、トップ画面(チーム)と展示コーナー(チャネル)のコンテンツを差し替えることで、自社内で新たなバーチャル展示会の横展開を図ることができます。加えて今後リリースされるMicrosoft 365の機能改善や新規機能を取り込むことで、UXをさらに改善することも可能です。 高度なエクスペリエンスを実装したバーチャルポスターセッションを実現したことをNittoの皆様に評価いただきましたが、UI/UXはあくまでも手段でしかなく、真に大切なことは、新たなエクスペリエンスの結果として社員の意識を変え、取引先の変革に貢献し、さらにその先にいる最終消費者のより良い生活を実現していくことにあります。アクセンチュア ではこれをBX (ビジネス・オブ・エクスペリエンス)と提唱しており、今回のプロジェクトでも常に意識して取り組みました。BXの考え方を体現し、今後の取り組みにつなげていくのがプラットフォーム化の狙いです。

成果―創出された価値

参加人数は従来の5倍に拡大

2020年10月に初めて実施されたバーチャルポスターセッションは、その後も2021年4月、2021年9月と半期ごとに開催され、回を重ねるごとに回遊性やチャット機能、セキュリティなどサイト機能を強化するとともに規模を拡大しています。デジタルツールを活用し リモート形式のバーチャル・ポスターセッションを設定することにより、コロナ禍においてもイノベーションに向けた重要な取り組みを継続することができました。

リアルからバーチャルポスターセッションに移行した推移

「リアルからバーチャルになったことが逆に奏功し、海外拠点のメンバーのほか、国内エリアの事業関係者なども気軽にアクセスできるようになったことにより、参加人数はリアル開催と比較して5倍の人数が参加することができました。これまでとは異なる視点の意見を広く取り入れることができるとともに、参加側のメンバーは、自らが積極的にイノベーション参画するという意識を高く持ち、企業文化を広く浸透させる結果につなげることができました」と本村氏は話します。

Nitto側への知見の共有が進展

今回のバーチャルポスターセッションのサイト構築や運用を通じて、Nitto側への知見の共有も大きく前進しました。R&D部門の発表者からも「コンテンツのアップロードや設定に関しては、初めての取り組みということもあり骨を折った。しかし操作方法を覚えればよいだけの話であり、リアル展示会における準備の手間を考えれば、バーチャルの方が格段に負担は軽く、出展する技術者はバーチャル環境のもと、より端的で的を射た訴求力の高いプレゼンテーション目指すようになり、技術アピールのスキルアップが進んだ」といった声も上がっています。

「現在ではDXを活用した効率的なコミュニケーションツールとして全社に広く認知され、R&D以外の部署においても、バーチャルポスターセッションと同様のバーチャル展示会やバーチャル発表会などを独自に開催するといった横展開が進んでいます。 また、展示ブースへの訪問履歴を解析、そのデータを研究開発テーマの価値評価につなげる新たな取り組みも始まっています。」と本村氏は話します。

リアルとバーチャルを融合したハイブリッドなイベント開催を模索

今回のプロジェクトを総括して、三木氏は次のように話します。

Nittoの根幹にあるのがイノベーションDNAですが、単に新しい技術や製品を生み出すことだけがイノベーションではありません。もっと重要なことは、お客さまや社会に対してより良い価値を提供することであり、それこそが本当の意味でのイノベーションであると捉えています。Nittoでは、様々な業界に幅広く製品を提供しており、その背後でさまざまなコア技術を有しています。これらの成熟した技術の組み合わせから新たな価値を創出することは、私どもに課せられたミッションに他なりません。したがってR&D部門の目線だけではなく、ビジネスの最前線でさまざまなお客さまと直接向き合っている事業部門や海外拠点のメンバーの意見も技術開発に取り入れていくことが不可欠です。その意味でも、ポスターセッションはイノベーション創出の場として非常に重要な位置づけにあり、今回のバーチャル化というチャレンジによって、また一歩前進できたことは何よりも大きな成果であると考えています」

Nittoは同じ意識を全社共有しており、コロナ禍が収束した後も従前の展示会に戻るのではなく、リアルとバーチャルを融合したハイブリッドな形で今後のポスターセッションのあり方を模索していき、同社に脈々と受け継がれるイノベーションDNAの体現を今後も推進していく考えです。

ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)