モダナイゼーション

ITシステムのモダナイゼーションと脱ホストは、デジタルトランスフォーメーション(DX、デジタル変革)と表裏一体で取り組むべきテーマです。戦略策定、構築と開発、運用をフルラインナップで有しているアクセンチュアは、お客様のモダナイゼーションの全領域・組織横断での実現をご支援します。

DXのパートナーとして、モダナイゼーションを支援

「2025年の崖」の先の未来

「2025年の崖」レポート* は日本のあらゆる業界の経営者とITシステム部門に基幹システムのレガシー化の問題を突きつけ、「脱ホスト」を目的とするモダナイゼーションを目指す動きが加速しています。

経営者は「デジタルトランスフォーメーション(DX、デジタル変革)」に目を向け、自社のトップライン向上を期待していますが、四半世紀にわたって使い続けてきた「遺産(レガシー)」の処遇に関する意思決定はDXの価値と効果を最大化するうえで避けて通れません。DXとモダナイゼーションはまさしく表裏一体なのです。

アクセンチュアでは、デジタル拡大とレガシー縮小を併走させる「2スピードアプローチ」を提唱しています。

その際、「ビジョンや効果が明確なDXに対し、モダナイゼーションはビジネス面へのインパクトが認識しにくい」という構造的問題を抱えています。ITシステム部門でも、人的リソースを保守とDX、モダナイゼーションの3領域で並行させることは至難の技です。

アクセンチュアではDXの効果的な推進のためにIT/デジタル人材・組織をポートフォリオから変革することが必要だと考え、人材のデジタルシフトも包括的にご支援しています。

DXとモダナイゼーションの併走におけるパートナー

DX後のビジネスモデルへの移行」を目標とするモダナイゼーションにおいては、脱レガシーのための「新規構築」が必要です。これは「改善」とは異なる知見やスキルセット、業務理解が求められることから、アクセンチュアでは専門チームを組織し、サービスを展開しています。

お客様のDX推進を伴走するパートナーとして、アクセンチュアは戦略策定、構築と開発、運用までのフルラインナップでモダナイゼーションをご支援しています。移行後の運用もアクセンチュアがお預かりし、お客様は社内の人的・費用的リソースのDXへのさらなる集中を実現できます。

「未来の創造」こそが、モダナイゼーションの本質です。アクセンチュアはその本質にフォーカスしてお客様のモダナイゼーションをご支援します。

* 「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」(経済産業省、2019年)

講演動画

現在も残るレガシーシステムを移行するのは、簡単なことではありません。
何故難しいのか、2025年の崖を前にどのように解決したらよいのか。
モダナイゼーションのエキスパートの中野恭秀が分かりやすく説明している講演動画をご覧ください。

ケイパビリティ

アクセンチュアは、システム・アプリケーションの不要な運用コストや設備投資を削減し、お客様がより戦略的で収益を生み出す活動により注力できるよう支援しています。

モダナイゼーション支援ツール

移行自動化ツールやテスト支援ツール、運用支援ツールなど、多くの移行支援ツールを有しています。続きを読む

アプリケーション評価

お客様のレガシーシステムを正確に理解し、既存アプリケーションの更新に関するビジネスケースを開発します。

ビジネス・ルール・マイニング

ソフトウェア アプリケーションからビジネス要件を抽出し、自然言語または形式言語でリキャストすることで、より高度な分析やフォワード エンジニアリングを行います。

レメディエーション(修復)サービス

アプリケーションの機能を強化することで、保守性・拡張性を向上させます。

リプラットフォーム・サービス

アプリケーションを新しく、安価で効率的なテクノロジー・プラットフォームに移行します。

マイグレーション・サービス

ビジネス影響を最小限に抑えながら、アプリケーションを標準ベースの環境に移行します。

全て見る

アクセンチュアの強み

インテリジェント・オートメーション、工業化されたアセット、専門スキル、グローバル・デリバリー・ネットワークを活用して、レガシーシステムをよりアジャイルかつ効果的なものにします。

戦略的パートナーシップ

アクセンチュアは、AWS、マイクロソフトAzure、グーグルとのパートナーシップにおいて、No.1の地位を確立しています。

テクノロジーの専門家

クラウド・テクノロジー・アーキテクト向けの認定プログラムを開発することで、より高度な技術に関する専門知識や品質管理を行っています。

最新のテクノロジーと方法論

アプリケーション主導のクラウドサービスに関する知的財産への投資と開発を継続しています。

全て見る

FAQ

モダナイゼーションとは、近代化、現代化という意味の英単語。ITの分野では、企業の情報システムで稼働しているソフトウェアやハードウェアなどを、稼働中の資産を活かしながら最新の製品や設計で置き換えることを指します。特に、開発や稼働開始から数十年経っていることも珍しくないメインフレーム(大型汎用機)を中心とする基幹的な業務システムを、新しい製品や技術を用いて全面的に刷新することを意味する場合が多いです。
特に構築してから21年以上経過した「2025年の崖」に直面するレガシーシステムのモダナイゼーションは難易度が高く、アクセンチュアでは、最新のテクノロジー知識を有した多くのエキスパートが、お客様のモダナイゼーションの全領域・組織横断での実現をご支援します。

モダナイゼーションとマイグレーションは、しばしば混同されがちです。モダナイゼーションでは既存システムやそこに蓄積されたデータなど、企業の資産と呼べるものは活かしつつ、最新技術を活用してシステム構造を変革します。それに対し、マイグレーションでは既存システムの構造は変更せず、システムやデータを別のIT環境へ移転します。例としては、オンプレミスからクラウドへ移行するような取り組みがわかりやすいでしょう。
例えていうならばライフスタイルも変える引っ越しはモダナイゼーション、単なる引っ越しがマイグレーションと言えるでしょう。

経済産業省が2018年のDX(デジタルトランスフォーメーション)レポートで指摘した課題のこと。日本経済の拡大に伴い1970年代、80年代に構築されたメインフレームを基盤とした基幹業務システムがその後のデフレ経済の元で再構築する機会を失いレガシー化したシステムがいよいよ維持することが難しくなることを象徴的に「2025年の崖」と表現しています。このようなITの歴史と経済的な背景の事情により、「2025年の崖」は日本固有の問題となっています。

リプレースとは、古くなったり破損したシステムやハードウェア、ソフトウェアなどを新しいものや同等の機能を持った別のものに置き換えることです。部品やソフトウェアなどの部分的な入れ替え、交換を意味する場合も、機器やシステム全体を新しくすることを指す場合(システムリプレース)もあります。

リライトとは、古いシステムを刷新したいときに、既存のソフトウェアと同じように動作するソフトウェアを、新しいプログラミング言語やライブラリなどを用いて、新しい動作環境(機種やOSなど)向けに開発しなおすことです。
狭義では、アプリケーションプログラムを古い言語から新しい言語に変換、置き換えること、例えばCOBOLをJavaに変換するJavaリライトを意味します。

リホストとは、企業や官庁などの情報システムの更新方式の一つで、古くなった機材やオペレーティングシステム(OS)などの基盤的な部分を新しいものに置き換え、アプリケーションソフトやデータにはほとんど手を加えずに移行することです。
「レガシーマイグレーション」あるいは「ITモダナイゼーション」と呼ばれる情報システム現代化の手法の一つで、稼働中の資産を活かしながら低コストで最新の技術基盤に移行することができ、運用コストの削減や外部の新しいシステムとの連携などが期待できます。
業務の変更が少なく、業務アプリケーションをそのままにインフラを高価なメインフレームからクラウドへ移行しコスト削減を実現する方式です。

レガシーシステムとは、最新の技術や製品を用いた情報システムと対比して、相対的に時代遅れとなった古いシステムのことです。
「レガシー」(legacy)とは遺産という意味で、それまで長年に渡り使用されてきたが、時代が変わり設計や構造、稼働するソフトウェアなどが古くなり最新のものに見劣りする状態を表します。
どのようなシステムがレガシーであるかは具体的な状況に応じて相対的に決まるものであり、変化の激しい新興の分野では最新の技術が数年で陳腐化してしまう場合もありますが、 成熟して変化が乏しい分野では10年や20年を経ても最新のものとさほど変わらない場合もあります。

システム開発の分野でレガシーシステムといった場合によく槍玉に挙げられるのは、大企業などで数十年に渡り使われてきたメインフレームシステムが多いです。これらは補修や小さな改良、機能追加などを繰り返し長年に渡り同じシステムを使い続けることが多いのですが、処理要求の増大や、Webなど新たな外部システムとの連携・接続の必要性、機器の老朽化、製造元の交換部品供給や製品サポートの打ち切りなどにより、どこかの時点で新規システムの開発、切り替えを余儀なくされます。

その際、既存システムのデータや機能は残しながら古い設計や製品を捨て、最新の技術によってシステムを刷新することを「レガシーマイグレーション」(legacy migration)あるいは「ITモダナイゼーション」(IT modernization)などといいます。

業務は時代と共に変化し、それを支えるITも変化を求められます。メインフレームに代表される垂直統合型のハードウェア、ソフトウェアアーキテクチャやCOBOLに代表される事務計算処理に特化した手続き型言語は、デジタル化に伴い急激に変化する業務を支えることはできなくなりつつあり、このような硬直化したシステムをレガシーシステムと考えています。

関連リンク

新型コロナ危機による大混乱の後、企業が軌道に乗り、成長を目指す上で重要なトレンドを考察しています。

Java変換、COBOL変換など様々な事例を紹介しています。

イノベーションを推進する先行企業のマインドセットとは?

企業が保有しているレガシーシステムをいかに戦略的にモダナイゼーションすべきか、その勘所を事例を用いてご紹介します。

基幹システムの移行をいかに行い、経営課題の解決を支援する最新テクノロジーをどう取り入れていくべきか、モダナイゼーションの最新アプローチ手法まで掘り下げてご紹介します。

全て見る

事例

2000年代半ばからマイグレーションに取り組んできた三菱重工業 相模原拠点では、メインフレームに最後に残った1500万以上のステップを持つシステムをアクセンチュアの支援のもとリライトを実行。これにより同拠点の脱メインフレームが完了しました。

リーダー紹介