課題

競争の激しい加工食品市場において、世界最大手の1つとして知られるデルモンテは、成長の伸び悩みに直面していました。

そこで同社は、縮小を続ける市場でトップを争い、絶えず変化する顧客の期待に応えながらも次の成長フェーズに備えることを目指して、ITインフラの刷新とパブリッククラウドへの移行をベースとする、未来を見据えた変革プロセスを開始しました。

“「当社にとって最も重要な領域である、顧客ニーズにお応えする新製品の開発にリソースを再配分できるようなりました」”

– CHAD ANDERSON, CIO – Del Monte Foods

アクセンチュアの役割

かつてない新たなオペレーションのアプローチ

デルモンテはアクセンチュアの支援のもと、合計200台のサーバー(50に及ぶSAPの複雑なワークロードを含む)を4カ月にも満たない期間でAWS(アマゾン ウェブ サービス)に移行しました。

オペレーショナルアジリティ(運用の俊敏性)の向上からビジネスプロセスの合理化にいたるまで、同社はパブリッククラウドの導入がもたらすさまざまなメリットを享受しています。また、ITサポートサービスの継続的な標準化・自動化によりインフラの設定時間が削減されたことで、これまで最大で数週間もの時間を要していたIT関連の課題解決を、わずか数時間にまで短縮できるようになりました。さらに、経営陣とって重要なITの運用とコストの可視化を大きく改善することができました。

シームレスな移行

“「テクノロジーの運用を、可能な限り効率的かつスケーラブルなものにしたいと考えていました」”

– CHAD ANDERSON, CIO – Del Monte Foods

200

移行したサーバーの台数

50

複雑なワークロードの数

4

4カ月未満での移行

創出された価値

新時代のイノベーション

デルモンテの変革プロセスは、直ちに運用面でのメリットをもたらしました。しかし、同社にとってそれ以上に大きな意義は、長期的な機会の獲得にありました。

現在、同社はITオペレーションを柔軟に拡張できるようになったほか、通年のビジネスサイクルにおける需要の変化にも効果的に対応できるようになっています。

また、大規模な資本投資を一度に行う従来のアプローチから、状況に応じて営業費を配分するアプローチへとシフトした結果、資本を節約できるようになりました。そして、ここで生まれた資本のストックは新たな成長戦略へと再配分されています。

こうした大きな進歩を糧に、デルモンテは未来を見据えた成長企業へと生まれ変わり、新時代の近代的な成長とITイノベーションを実現するための基盤を築き上げています。



“「エンドユーザーをより一層リアルタイムかつ迅速にサポートできるようになったことで、加工食品業界でのイノベーションを加速化できるようになりました」”

– PJ BALSLEY, IT Director – Del Monte Foods

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで