「ゼロベースの発想」で新たな金融サービスの創造へ

現代の金融機関に求められているのは、「これまでにない発想」による新しい価値の提供です。その本質は、「金融サービスのみ」で成立していた従来型の事業モデルから脱却し、「金融サービス × デジタル技術」で金融ビジネスそのものを再定義していくことに他なりません。

多くの金融機関では喫緊の取り組みとして「①業務の効率化」「②グローバル化(海外戦略)」が進行中ですが、いずれにおいても中核に位置づけられるのは「デジタル技術の活用」です。

デジタル技術を自社のビジネスやシステムへ組み込むには、自社の事業のあり方をゼロから再考する「ゼロベースの発想」が必要です。そして目指すべき姿も、5%のコスト削減や10%の事業成長といった規模感ではなく、イノベーションの実現によるコスト削減率50%・成長率100%といった「桁を超える変革」であるべきだといえます。

グローバル化においては「①海外と日本の事業の最適化・統合化」、「②M&Aによって獲得した現地法人にて先進的な仕組みを構築して実証し、日本へ方法論を逆輸入するアプローチ」が加速します。

金融業界と他の業界との境界線はすでに曖昧となりました。アクセンチュアが提唱しているデジタルと人間の組み合わせのコンセプト「デジタル・ヒューマン・デジタル(DHD)」を実装し、顧客満足度をさらに高める取り組みも、随所で現実化しています。

アクセンチュアは、金融機関のお客様における「ゼロベース発想」とイノベーションの実現のため、業界知識、テクノロジー、現場運用の効率化を推進する総合力でサービスを提供しております。

日本の金融機関が新しい地平を開拓するためのパートナーとして、アクセンチュアはグローバル規模のケイパビリティでご支援してまいります。

アクセンチュア株式会社
金融サービス本部
統括本部長 中野 将志

金融ウェビナー

金融に関する最新動向やアクセンチュアのインサイトをご紹介する「金融ウェビナー」のご案内

第33回目 – 4月27日(火)15:00-16:00 開催​
Capital Markets 2025 – 証券ビジネスの再創造に向けて

詳細はこちらへ
Now Next

レポート

不確実性を契機として:新型コロナウイルス(COVID-19)危機の影響と人々・企業への対応
続きを読む

アクセンチュアの取り組み

金融機関の変革を様々な角度から支援しています。

イノベーション

最新テクノロジーを駆使し、これまでになかった新たな顧客体験、サービス、金融商品の創出を支援します。詳細はこちらのページへ

カスタマーエクスペリエンス

「顧客を知る」、「顧客に応える」、「顧客とともにビジネスを育てる」という顧客起点の考え方、アプローチによる新たな商品・サービスの実現を支援します。詳細はこちらのページへ

ビジネス・トランスフォーメーション・アウトソーシング

従来の効率化を越えて結果にコミットする新たなオペレーションの実現を支援します。詳細はこちらのページへ

デジタル変革:銀行

Bank4.0時代にも必要とされ続ける銀行であるための、デジタル変革、イノベーション創出を専門家の知見を結集して支援します。詳細はこちらのページへ

デジタル変革:保険

保険会社のデジタル変革、イノベーション創出を、専門家の知見を結集して支援します。詳細はこちらのページへ

デジタル変革:証券

証券会社のデジタル変革、イノベーション創出を専門家の知見を結集して支援します。詳細はこちらのページへ

モダナイゼーション

変化する市場環境においても顧客に選ばれる柔軟性の高いサービスの実現に向け、レガシーシステムのモダナイゼーションを実行します。詳細はこちらのページへ

規制対応・ファイナンス&リスクサービス

複雑さを増す規制。規制対応のみならず、経営管理の高度化を踏まえ、テクノロジーを活用した管理体制の構築を支援します。詳細はこちらのページへ

セキュリティ

グローバル化の加速とビジネス環境の変化により、複雑化・高度化するサイバー攻撃。海外のベストプラクティスを活用し、セキュリティの強化を図ります。詳細はこちらのページへ

人材・組織変革

顧客起点の銀行を実現するための、デジタル人材の採用、育成及び組織・体制づくりを支援します。詳細はこちらのページへ

全て見る

事例

10年先も必要とされる銀行でありつづけるために、伊予銀行は、DHD(デジタル・ヒューマン・デジタル)バンクというコンセプトのもと、アクセンチュアと共にデジタル変革に取り組んでいます。

海運業界大手の日本郵船株式会社は、電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社をフィリピンのTransnational Diversified Group(TDG)と共同で設立。電子通貨による船上での給与支払い、決済のキャッシュレス化、船の安全運航強化等に取り組んでいます。

「日常と非日常」、「金融と非金融」をつなぎ、「お客様の夢の実現」を支援する、モバイルアプリによるサービス「iBank」を実現しました。

モバイルアプリ「健康第一」を開発し、お客様の健康的なライフスタイルの実現を支援しています。

住宅ローンビジネスの収益性向上とお客さまの利便性向上を目的に、業務の自動化に取り組む三菱UFJ銀行と三菱UFJインフォメーションテクノロジーは、Pegaソリューション導入のパートナーとしてアクセンチュアを選択。業務量75%削減と審査プロセスの劇的な時間短縮を実現しました

全て見る

関連リンク

ニュース

アクセンチュア、最新レポート「フィヨルドトレンド2021」を発表

アクセンチュア(NYSE:ACN)は、生活者の視点から社会やビジネスにおけるトレンドをまとめた最新レポート「Fjord Trends(フィヨルドトレンド)2021」を発表しました。

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2021」を発表

新型コロナによってデジタル格差が拡大する中、「変化の達人」が未来をけん引。あらゆるビジネスがテクノロジービジネスになるにつれ、新たなリーダー像が不可欠に。

大同生命、アクセンチュアと共同開発した「医務査定AI」のビジネスモデル特許を共同取得

デジタルのさらなる活用でお客様満足度の向上を目指す経営計画の策定も支援。

アクセンチュア、クラウドによる変革を支援する新組織「アクセンチュア クラウド ファースト」を設立

今後3年間で30億米ドルを投資して、お客様の迅速なクラウド移行を実現し、お客様を取り巻く関係者にもさらなる価値をもたらす体制を整備。

アクセンチュア、お客様のAI活用をさらに強力に支援する拠点「AIセンター」を設立

筑波大学とAI人材育成、研究開発、エコシステム構築分野で連携​。

アクセンチュア、スキル再構築の支援サービスを提供開始

一人ひとりに合わせたトレーニングを通じ、デジタル時代に求められるスキルとのギャップ解消を支援。

金融サービスを率いるリーダー

金融業界の最新情報

国内外の最新の情報やインサイトを、ブログやウェビナーでタイムリーにお届けしています。

金融ウェビナー

金融に関する最新動向やアクセンチュアのインサイトをご紹介する、ウェブセミナー「金融ウェビナー」を開催致します。

金融サービスブログ

国内外の様々なトレンド、事例などの最新情報をブログでご紹介しています。無料でサブスクリプションも可能です。

FSアーキテクト

FSアーキテクトは、金融業界のトレンド、最新のIT情報、コンサルティングおよび貴重なユーザー事例を紹介するアクセンチュア日本発のビジネス季刊誌です。

金融ウェビナーの詳細を見る

アクセンチュア 金融ウェビナーのご案内

トランスクリプトを読む

金融サービス本部採用情報

多様な人材こそが私たちの誇り――アクセンチュアでは、多種多様な価値観や経験を持つ人材が切磋琢磨しながら、それぞれが活躍できる場を提供しています。

クライアントの頼れるブレーンとして働く仲間を募集しています。現在募集中のポジションは下記よりご確認ください。

続きを読む