データ&AI

データの利活用で企業の変革を支援し、未来の創造に挑戦します。

データなくして真の変革やデジタルツインは成し得ない

データを通じた企業の根本的な変革を支援

SNSをはじめとする様々なメディアの台頭、コマースや決済のような各種取引のオンライン化によるトランザクションの膨大化、AIを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)など、データはさまざまな事業活動の基盤となりつつあります。

アクセンチュアではデータの利活用によるビジネスの可視化や予測といった“部分的な”支援を行うだけでなく、データを通じた企業の経営や組織運営の根本的な変革、つまりデータドリブン経営の支援に取り組んでいます。

データの利活用は業界を問わず重要なテーマです。その影響の大きさを理解するひとつの例として、化学メーカーにおけるR&Dのデジタルトランスフォーメーション、つまりデジタルR&Dが挙げられます。

デジタルR&Dにおいては、R&D自体のデジタル化はもちろんのこと、販売や生産、その後のサプライチェーンに至るまで、変革の範囲はあらゆる領域にまで及びます。こうした一大変革の土台になるのはデータ基盤であり、データなくして真の変革は実現できないと言っても過言ではないでしょう。

デジタルツインやミラーワールドへの挑戦

しかし企業によっては、そもそもデータが蓄積されていない、収集しているが活用できる状態にない、といったことも珍しくありません。

課題が山積する中、大規模な基幹システムからデカップリング(切り離し)してデータを収集する仕組みを構築するのもアクセンチュアの得意とするところですが、データはあくまでも目的を達成するための手段に過ぎません。

アクセンチュアはお客様の業務に寄り添い、伴走しながら、データドリブン経営へのシフトを着実に支援していきます。分析・予測モデルを開発するだけではなく、それに紐づくアプリケーションやサービスも創出し、その後の改善活動までも継続的に支援することが可能です。

今やデータはあらゆる事業活動の基盤ですが、アクセンチュアが目指すのは、データによってお客様のビジネスモデルのデジタルツイン(現実世界のエンティティやシステムを表現またはシミュレーションした世界)を構築することです。

その先には、多数のデジタルツインがつながるミラーワールドの誕生があります。アクセンチュアはデータの利活用によって企業の変革を支援し、未来の創造に挑戦していきます。

ケイパビリティ

モダン・データ・エンジニアリング

プロジェクトをスモールスタートし、AIを活用したデータのクレンジング(整理)や紐付けを行いながら、アジャイル手法により段階的に規模を拡大していきます。

AIアシステッド・データ・ガバナンス

データアクセスの権限やコンプライアンスの判断をAIが行うことで、属人的な判断のミスをなくし、安全かつ効率的なデータの利活用を支援します。

データ・デモクラタイゼーション

誰もがデータを“民主的”に活用できるよう、安全にデータにアクセスできる仕組みを整えます。SNSの要素も取り入れながらデータやナレッジの共有を行います。

全て見る

事例

AI Powered Management Cockpitによる需要予測で「売り逃し」と「廃棄ロス」の削減を実現。

オハイオ州では、ビッグデータを活用し、乳児死亡率に影響する要因の理解と対応の向上を行っています。

AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用し、情報収集・分析の迅速化を実現。

アクセンチュアは、佐賀県における救急隊と医療機関との連携の改善に取り組みました。

全て見る

リーダー紹介

採用情報

アクセンチュアのデータグループはデータエンジニアリングの専門集団として、最新テクノロジー群・サービスとアセットを組み合わせ、圧倒的なスピードをもって、我々自身で手を動かしてイノベーションを創出することをとても大事にしています。

扱えるデータやソリューションも多様で、多くの経験を積み、スキルや経験の幅を一層広げることのできる環境が整っています。

データグループでのキャリアの詳細については、採用情報をご覧ください。

さらに詳しく