お客様の「主治医」として、本気の変革をトータルで支援する

世間一般の「アウトソーシング」とは一線を画するサービス

デジタル化とクラウド化が急速に進行し、ビジネスを取り巻く環境が劇的に変わる中、これまで以上のアジリティを持って変革を推進する必要性が生じています。過去の延長線上にない非連続な成長を求められているお客様や、変革を担う人材の採用やリスキルに悩むお客様など、アジェンダも多様化しています。

アクセンチュアのアプリケーション&インフラストラクチャ マネジメントでは、多種多様なテクノロジーを駆使したITアウトソーシングサービスを提供しています。

「アウトソーシング」という言葉からはコスト削減を目的とした運用保守のサービスをイメージするかもしれませんが、アクセンチュアが提供するアウトソーシングサービスはまったく異なります。

アクセンチュアは20年以上にわたって数々の大手企業のビジネスを代行し、時には組織再編や合弁会社の設立も行いながら、お客様と一体になってビジネスを進化させてきました。アクセンチュアが関わるということは、変革に対するお客様の本気度の高さを示すことにもなるでしょう。

パートナーとして中長期的な関係性を築き、着実に変革を推進する

アプリケーション&インフラストラクチャマネジメントでは個別のサービス提供に留まらず、全体を見据えた構造改革の支援を行っています。

IT変革ロードマップの策定にはじまり、俊敏性・柔軟性を獲得するための徹底的な自動化とアジャイル開発、変化するビジネスニーズに即応しながら進化を続けるTechnology Transformationアーキテクチャへの移行、さらにはアクセンチュアとのパートナシップによる合弁会社設立や人材交流を通じたIT組織改革、お客様の社員に対するリスキルプログラムまでをトータルで提供します。

部門の壁を超えたオールラインナップのサービス提供はアクセンチュアの強みのひとつです。一般的にコンサルティングファームは医者に例えられることがあります。医者には個別の専門分野がありますが、アクセンチュアは患者=お客様の生活習慣まで知っている「街の医者」や「主治医」としてお客様に向き合います。

お客様のビジネスが健全・健康であり続けるように経営層の方々の悩みを直接聞き、一般的なビジネスパートナーよりもさらに踏み込んだ中長期的な関係性を築きながら、お客様のビジネスの成長に貢献していきます。

ITアウトソーシングの重要性

様々なデジタル技術が台頭しているビジネス環境において、さらなるITシステム導入・維持・管理等にかかる全体コスト削減の必要性や、社内の人材不足が、アウトソーシングの重要性を高めています。

財政要因

  • TCO(Total Cost of Owenership:ITシステムの導入・維持・管理等にかかる総費用)削減の必要性
  • 情報システム部門へのコスト削減圧力
  • 固定的支出の高止まり改善

ビジネス要因

  • 製品・システムの市場への迅速な投入
  • ITに求められる役割の変化(運用⇒ビジネス価値創造)
  • 経営資源を重要なコア業務に集中
  • グローバルビジネスへの対応

環境要因

  • デジタル時代を勝ち抜くITの必要性
  • クラウド化・デジタル時代に即したアプリケーション構築

ケイパビリティ要因

  • 社員のケイパビリティ育成
  • 業務パフォーマンスの高いアウトソーサーの存在
  • 外部の専門性ある要員の活用

全て見る

ITアウトソーシングに求められる役割

これまでのITアウトソーシングは、オフショア化・標準化によるコスト削減を目的としたシステム保守・運用が中心でしたが、デジタル化の進展とともに従来の枠組みを超えたIT活用によるビジネス競争力強化が急務になり、新たなビジネス価値の創造が求められるようになっています。

ITアウトソーシングの
サービスメニュー

アウトソーシングの検討ステップ

アウトソーシングの案件は以下のような手続きで契約締結まで推進されます。
各フェーズの期間は典型的なもので、スコープ・前提条件等によって変化します。特に初期調査・詳細調査におけるお客様側の協力は不可欠であり、その参画度合、提供される情報の精度によって期間・工数は増減します。
初期フェーズのハイスポットレビューでは、ベースラインコストに対して各年度の削減効果(定量効果)を試算します。さらにヒアリング等から得た課題をベースに定性効果も提示します。

ケイパビリティ

トランスフォーメーション・リーダーシップ

お客様のCEOやCIO/CDOをサポートする専門家集団として、DXのプランニングから実行の伴走までエンド・ツー・エンドでDX実現を支援します。

アプリケーション・アウトソーシング

ビジネス競争力強化を目的とし、ビジネスニーズや時代の要請に合わせてお客様のアプリケーション全体を継続的に最適化していきます。

インフラストラクチャ・アウトソーシング

インフラ戦略策定からサービス管理、次世代ネットワークへの変革、ワークプレイスソリューションにいたるまで、あらゆるニーズに対応します。

グローバルデリバリーネットワーク

アクセンチュアの世界各地の拠点がそれぞれの強みや特性を発揮しながら最適なデリバリーチームの体制を構築し、業務を遂行しています。

IT組織・人材変革

IT組織の再編や合弁会社設立、転籍・出向を含む人材交流により組織変革を支援し、お客様の社員に対するリスキルプログラムを通じて高度なIT人材を育成します。

全て見る

事例

[アプリケーション・アウトソーシングの事例]

  • 中電シーティーアイ: 中部電力グループのDXを高度ITで支える「価値創造企業への抜本改革」を推進
  • 塩野義製薬: 全社的なデジタル変革に向けた戦略的なプロジェクト契約をアクセンチュアと締結
  • エーザイ: IT運用コストの削減に寄与するとともに、グローバルITガバナンスの最適化と効率的なIT運用体制の構築を支援
  • ソニー: 国内グループ向け情報システム関連業務の一部をアクセンチュアに業務委託
  • CNHインダストリアル: デジタル技術を活用した生産性の向上・顧客体験の向上を実現
  • サンケミカル: アジャイルなカスタム・アプリケーションの開発モデルを構築
  • 大手半導体メーカー A社様: ERP/レガシー保守・運用、合弁会社の設立による情報システム部門の構造改革
  • 大手外資系保険会社 E社様: 保険業務基幹システム保守・運用
  • 大手証券会社 F社様: 証券業務の高付加価値フロント領域を対象としたアプリケーション運用・保守
  • 都市銀行 G社様: 基幹システム保守・運用
  • 国内省庁 S様: 基幹システム保守・運用

[インフラストラクチャ・アウトソーシングの事例]

  • 大手ハイテク企業様:グローバル標準のIT・運用モデルを実現。またアクセンチュア独自の人材教育プログラムによりキャリアパスに応じたスキルアップを実現
  • 大手製造業様:運用コストを削減し、戦略投資資金を確保した上で、IT部門社員を運用実務から解放し戦略企画業務へシフト。さらにサイバーセキュリティ強化も推進
  • 独立行政法人様:複数拠点のデータセンターを1拠点に統合し、ITコストを削減し、世界94拠点、約5,000ユーザーに対する日・英語両方のITサポートを提供。40以上のサービスレベル項目を設定することで運用業務を可視化し、IT戦略支援を通じた継続的なIT高度化、および65の品質改善業務を能動的に実施
  • 外資系保険会社様:オフショアでの高度なセキュリティを担保するため、専用区画における入退出管理・Citrixを用いたリモートアクセス環境の整備・運用メンバーのセキュリティ意識向上へ向けたトレーニングの実施。クライアントによる定期的な監査をクリア
  • 地方自治体様:従来システム毎に設置されていたアプリヘルプデスク、およびPCヘルプデスクを統合。同種運用業務の水平統合、およびFAQなどのナレッジの統合による運用業務の効率化によりコストを35%削減

その他、多数実績あり

実績

お客様

世界中1,000以上のお客様に、9,000万のシステム運用を支援

信頼と品質

500,000以上のアプリケーションを管理し、40%以上の生産性を向上

業界における経験

55か国、 200都市、40以上の業界における豊富な経験

グローバルネットワーク

全世界で50か所以上にのぼるグローバルデリバリーネットワークの活用

全て見る

外部評価

アクセンチュアは、第三者機関から高く評価されています。

Fortune

アメリカで最も賞賛されたITサービス企業として2年連続選出

InformationWeek

主要なアウトソーサーのランク付け第1位

Waters readers

Best Outsourcing Partnerに選出

Management Consultancies Association

Thomas Cook UKの「民間部門アウトソーシングのコンサルタント業」におけるGold Awardを受賞

Best EU-Thomas Cook、Best Partnership-BT

Outsourcing Excellence Awardsを2年連続受賞

HRO Association

大型市場を創出した企業として2年連続選出

全て見る

リーダー紹介

採用情報

アクセンチュアのアウトソーシングサービスの特徴は、お客様の経営層クラスと直接コミュニケーションを取り、変革を支援できることです。

お客様の「主治医」として数年単位の中長期にわたって伴走していくため、表面上の変化ではなく、本当の意味でお客様の変革に携わることができます。

また、アクセンチュアではそれぞれの専門性を持ったメンバーが部門の壁を超えて協力しながらデリバリーし、同時に人材育成にも取り組んでいくため、運用や保守などを行っていた若手層のメンバーであっても新たなスキルや経験を得ながら成長しやすい環境となっています。

さらに詳しく