エマージング・テクノロジー

最先端のテクノロジーをソリューションに昇華し、お客様の変革を支援します。

最先端のテクノロジーで「武器」を作り、自らが最前線に立つ

最先端テクノロジーをビジネスの武器「ソリューション」にするアーキテクト集団

最先端のテクノロジーを追求するアーキテクト集団、それがアクセンチュアのエマージング・テクノロジーのチームです。

チームのモットーは、MITメディアラボ創設者のニコラス・ネグロポンテの言葉をもとにした「Solution make, or die」と、提供するサービスはまず自らが口にせよという意味の「Eat our own Dog Food」。数年後を見据えた先端テクノロジーの研究や調査を行うとともに、ソリューションの創造に取り組むチームです。

エマージング・テクノロジーのミッションは、先端のテクノロジーを用いてアクセンチュアの新しいソリューション、つまり「武器」を作ることです。ただし、研究をメインで行うR&D部門と大きく異なるのは、そのソリューションでプロジェクトを成功させるところまでを自分たちでやりきるところです。設計図を描くだけでなく、それを具現化し、その問題点を自ら体感して軌道修正しながらあるべき形に創り上げることを重視しています。

誰よりも早く海に飛び込む「ファーストペンギン」として、設計した自分たちが先頭に立って実現していく集団である点が大きな特徴です。

目的はテクノロジーでビジネスの課題を解決すること

既に実戦投入されているアクセンチュア・ジャパンが創り上げたソリューションの例を挙げると、社内外のビジネス機能をつなぐデジタル・プラットフォーム「ACTS(Accenture Connected Technology Solution)」や、外部AIエンジンのプラットフォーム「AI HUB プラットフォーム」、ブロックチェーンのプラットフォーム「ブロックチェーン・ハブ」、次世代クラウド基幹系システム向けのフルマイクロサービス基盤「MAINRI」、開発自体をアジャイルにする次世代開発基盤「ADOP(Accenture DevOps Platform)」などがあります。

いずれのソリューションにしても、主眼にあるのは“テクノロジーによってビジネスの課題を解決すること”です。

例えば「MAINRI」は、フルクラウド&マイクロサービスで基幹系システムを実装するという大胆で尖ったソリューションにも思えますが、根幹にあるのは「お客様のDXを支援したい」というシンプルな想いです。また、「ACTS」は進化を続けられるように社内向けにオープンソース化し、現在に至るまで有志メンバーによりバージョンアップを繰り返しています。作って終わりではなく、全員でソリューションを育てていくのもエマージング・テクノロジーらしいカルチャーです。

今後もテクノロジーのトレンドは変わり、エマージング・テクノロジーとして取り組む内容も変わっていきます。アクセンチュアのエマージング・テクノロジーは、これからも最先端のテクノロジーをソリューションに昇華しながら、お客様の変革を支援していきます。

ケイパビリティ

エンバランスエンタープライズテクノロジー

マイクロサービス、コンテナオーケストレーション、分散トランザクション、セキュリティなど、エンタープライズで必要とされるテクノロジーを確実に有効活用し、難易度の高いデジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。

ゼロベース・ソリューショニング

先端技術を用いて今までになかったアーキテクチャをゼロベースで設計/開発し、日々変化し続けるビジネスへのチャレンジを支援します。

開発メソドロジーの最適化

マイクロサービスアーキテクチャのように分散が前提となっているシステムは従来の開発手法では適切な管理を行なった上で効率的に開発を進めることが困難です。アーキテクチャに合わせた開発メソドロジーの作成や開発アーキテクチャを設計/開発します。

フルクラウドコアアーキテクチャ

コンテナオーケストレーションなどを採用したクラウドネイティブな基幹システムのアーキテクチャ設計/開発を行うことでシステム全体をクラウド化し、クラウドの利点を最大限享受できるシステムの導入を支援します。

全て見る

事例

みんなの銀行は、デジタルネイティブ層をターゲットにし、顧客起点でサービスやUIを設計しています。

モバイルアプリ「健康第一」を開発し、お客様の健康的なライフスタイルの実現を支援しています。

「日常と非日常」、「金融と非金融」をつなぎ、「お客様の夢の実現」を支援する、モバイルアプリによるサービス「iBank」を実現しました。

全て見る

リーダー紹介

採用情報

エマージング・テクノロジーのチームには、最先端のテクノロジーによる課題解決をこよなく愛するアーキテクトエンジニアたちが集っています。

業界一般的に、前例のない新しいテクノロジーを採用するのはリスクの高さから避けられる傾向がありますが、アクセンチュアでは戦略系コンサルチームとタッグを組み、実現したい目的を明確にする過程で、ロジカルに先端テクノロジーを取り入れています。

テクノロジーだけに特化した企業ではないというアクセンチュアの強みは、テクノロジーを追求するエンジニアにとっても魅力的な環境につながっています。

さらに詳しく
採用情報