Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


未来を拓くインテリジェント・オペレーション

伊佐治 光男
執行役員
オペレーションズ本部
統括本部長

アクセンチュアとHfSが実施した最新の調査により、インテリジェント・オペレーションを実現している企業は、速やかにビジネス価値を創出し、持続可能な競争力を有するということがわかりました。
それらの企業は、人工知能(AI)や人間の知恵によって得られる多様なデータを活用することで、インサイト主導の意思決定、顧客体験の向上、画期的なビジネス成果を実現できます。

今回のレポートでは、グローバルにおける全調査対象460人のうち、日本企業30人の回答を抽出したデータや、日本企業へ向けた提言も掲載していますので、ぜひご一読ください。


レポートを読む [PDF]

インテリジェント・オペレーション実現のニーズを押し上げる主な要因

競争上の脅威に対抗し、絶えず変化する顧客の期待に応え、将来にわたって成功を手にするために、企業はビジネスオペレーションを変革する必要があります。


80%近くの回答者は、創造的破壊と競争上の脅威、とりわけデジタルに精通した新規参入者に対して懸念を抱いています。


80%近くの回答者は、自社データの50~90%が非構造化データであり、アクセスできないと推計しています。

 

50%近くの回答者は、フロントオフィスの要件にバックオフィスが対応できていないと回答しています。

インテリジェント・オペレーションの5つの基本要素

テクノロジーの活用により、企業パフォーマンスが瞬時に良くなることはありません。ビジネス・オペレーションにおけるパフォーマンスを継続的に改善していくために、企業はビジネスプロセスのノウハウや技術変革、人材を統合管理することが必要です。



インテリジェント・オペレーションの5つの基本要素

インテリジェント・オペレーションを実現するために

インテリジェント・オペレーションを実現するためには、オペレーション戦略の抜本的な見直しと新たなケイパビリティが求められます。
用意はできていますか?

以下の5つの事柄について自問自答してみてください。

未来を方向付けるための適切な人材を確保できていますか?


真の変革を促進するために、適切なデータを確保することができていますか?


データ主導型のインサイトを得て、イノベーションを加速させるために、インテリジェンスを適用できていますか?

貴社のインフラストラクチャーとオペレーションモデルは、顧客ニーズを的確に予想するために必要となるアジリティと柔軟性を備えていますか?


スマートなパートナーシップを構築し、エコシステムにおけるイノベーションの潜在力をフルに活用していますか?

今、変革を起こさなければ、市場から取り残されてしまうでしょう。

ぜひレポートをお読みください。インテリジェント・オペレーションを実現することで、企業がいかにして柔軟性、アジリティ、即応性を手に入れられるかがお分かりいただけるでしょう。

The Big Read. 別ウィンドウで開きます。

The big read

20 minutes

The Future Belongs to Intelligent Operations SlideShare. 別ウィンドウで開きます。

SlideShare

7 minutes

変化の先を予測し、対策を講じるために。別ウィンドウで開きます。

Infographic

5 minutes

CONNECT WITH US

お問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ


SUGGESTED CONTENT