デジタルの力で、「業務が創り出す価値」の劇的な向上へ

先進7カ国内はおろかOECD加盟国のランキングにおいても「生産性の低さ」が顕著である日本において、人的リソースの最適活用は経営者にとって喫緊の経営課題です。アウトソーシングは人的コストを抑制し、コスト構造を改善するうえで確かに有効な手法ではありますが、かき集められた安価な労働力を使う手法が、果たして企業の「価値向上」に真に貢献するのでしょうか。私たちアクセンチュアでは、業務における価値そのものをデジタルの力を駆使することで高める包括的なサービスを展開しています。

そうしたデジタルの活用をアクセンチュアではインテリジェント・オペレーションと呼んでいます。このアプローチこそが、日本のあらゆる環境で頻発している人手不足・スキルギャップの解消に貢献し、お客様企業のデジタル変革(トランスフォーメーション)を力強く後押しいたします。

すでに多くの日本企業が何らかのアウトソーシングサービスをご利用中であり、現行業務をお預かりするサービス事業者も各分野に点在しています。しかしビジネス環境の変化の激しさが増している現代社会においては、業務に求められる質の変化、先進テクノロジーへの柔軟な対応など、「適応力」のあるサービスこそが、お客様の競争力の強化に寄与するものと考えられます。

コスト構造の最適化と同時に、業務の高付加価値化を実現するアプローチこそが、アクセンチュアのインテリジェント・オペレーションです。間接業務のみならず、消費者・生活者の体験を生み出す業務や、各業界のコアとなる領域もカバーしているなど、アクセンチュアはお客様企業の経営戦略から日々の業務運営までの一連のバリューチェーンを強化するエンド・ツー・エンドのサービスをご提供しています。

お客様と「成功を共有」する信頼のパートナー

各業界におけるリーダー企業が確立している勝利パターンを熟知しているアクセンチュアは、長年におよぶグローバル企業との協働で培った経験を体系化した以下のケイパビリティを日本企業のお客様へご提供しています。

  1. バリューアーキテクティング
  2. SynOps
  3. 業務運営管理
  4. トランスフォーメーションサービス/チェンジマネジメント
  5. デリバリーネットワーク
  6. リスキリング

これらのケイパビリティは、それぞれが相乗効果を生みだすものであり、お客様ごとに異なる固有のビジネス環境や課題にカスタマイズしてご提供しています。効果証明済みのこれらのサービスを取り入れ、お客様の大規模トランスフォーメーションと持続的な成長の実現をアクセンチュアはお手伝いいたします。

私たちが特に重視している価値観は「シェアードサクセス(成功の共有)」です。コンサルティング企業であるアクセンチュアは、お客様のビジネスの成長の阻害要因を特定して経営課題のギャップを洗い出し、それらの解決に向けて伴走するパートナーであるといえます。複雑化しているビジネスシーンにおいては、私たち自身も勇気を持ってリスクを取る決断をためらわないのです。

お客様のノンコア業務こそが私たちの「コア」

なぜアクセンチュアが、お客様と二人三脚の運命共同体となれるのか。それは私たちがお客様からお預かりする業務を、「私たちのコア業務である」と認識しているからです。コアであるからこそ、さらなる高品質化、高度化、効率化に邁進する強い動機が私たちアクセンチュア・オペレーションズの14万5000人の胸に満ちています。

私たちが取り組むのは、お客様が現在の顧客へより良い価値をお届けし、次世代の社会や従業員に、そうした素晴らしさを継承していく活動の下支えです。お客様にとっての信頼のパートナーであるアクセンチュアは、お客様が明日のビジネスを生み出す基盤づくりをお手伝いいたします。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで