BPOスキームの実践的効果を最大化する、体系化されたアクセンチュア独自のアセット

アクセンチュアが提唱するインテリジェント・オペレーションは、業務のデジタル化を可能とし、データ分析の結果をビジネスの成長へダイレクトに繋ぎ、連続的な価値創出を目的とする考え方です。「SynOps(シンオプス)」は、そうした目標達成へとお客様を導くアクセンチュア独自のアセットです。BPOスキームを活用しながらDXを推進していく上では、SynOpsで整理・体系化された、あるべきプロセスへの変換とシステム群を組み合わせることでDXの成功に寄与する価値創出が実現できます。SynOpsは、これまでアクセンチュアが世界中でBPOサービスを提供する中で培った経験から導き出されたベストプラクティスを体系化しています。

SynOpsの効果は、アクセンチュア オペレーションズが掲げる「超自動化」「高付加価値創出」の2つに集約されます。これをお客様視点の価値へと置き換えると次の3つになります。

  1. エンド・ツー・エンド(E2E)での効率化・コストの削減
  2. AI/Analyticsを用いたデータ活用によるビジネスへの貢献
  3. 人員創出による事業拡大

これらの3つの要素は、相互に連携しあいながら価値創出を実現し、DXの実現を包括的に支援します。

アクセンチュアは、お客様が抱える業務上の難所を乗り越える方法を一緒に考え、業務運営を見直しながらより広い範囲の業務をデジタル化し、そこで蓄積したデータに対しAI/Analyticsを適用させビジネスに貢献する示唆を得るお手伝いをさせて頂きます。また、ルーティン的な仕事から解放されたお客様側の人員にはデジタル領域の知識・経験を習得頂き、新規事業開発など「人にしかできない仕事」への転換を進めます。

しかし単にSynOpsのシステム群を導入すればこれらの効果が連続的に得られるのではありません。重要なポイントは、社内の既存のルールや業務プロセスの見直しといった抜本的改革を伴うことで真に効果ある取り組みとなる、ということです。

また、BPOは最新テクノロジーの活用で効果を最大化し続けることが可能となるため、SynOpsは、デジタル技術の進歩も取り入れていく柔軟性を持つアセットとなっています。アクセンチュア・オペレーションズでは、業務運営の状態や時代に合わせた最適な選択肢を常に検討し、お客様へご提案し続けることで継続的な価値をご提供しています。詳しくはこちらへ

SynOps: 成長の原動力、価値の創出

持続的な戦略的成長

トランスクリプトを読む
clover