Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


デジタル・ビジネスの成否はイノベーション・オーケストレーターが奏でる協和音

「モノ」から「サービス」の大転換期に直面している製造業は今、 ビジネス実行推進の人材管理モデルも否応なしに変革が求められています

デジタルによる産業の地殻変動

製造・流通本部インダストリアルグループ
シニア・マネジャー
花岡 直毅

デジタルは世界の産業構造の地殻変動を驚くべきスピードでもたらしています。Uberは2015年にサンフランシスコで最大のタクシー会社Yellow Cab社に破産宣告をさせるまでに至りました。デジタルを梃子にした安くて便利なUberらが提供するシェアリングエコノミーのビジネスモデルにもはや対抗できなくなったのです。こうした地殻変動は世界各地で起こっています。「コモディティ化するモノ」を売り続けるビジネスモデルから、顧客の本質的価値に響く「成果型エコノミー(注釈1)」への転換をビジネス戦略アジェンダの上位に位置づけることが製造業には求められています。

一方で、日本の製造業に目を転じれば、モバイル、クラウド、センサー、人工知能、アナリティクス、機械学習などの要素技術に着目されがちで、「成果型エコノミー」の実現に向けた切り口で語られる傾向は欧米に比して極めて少ないと我々は観察しています。これは世界第二位の工業国まで戦後登りつめた技術立国としての自負が背景にあるのかもしれません。しかし、さまざまな経営書・学術書などが指摘してきたように、要素技術だけではもはやグローバル市場では勝てなくなってきているのです。

「常時現在進行形」とも表現されうるデジタル・テクノロジーと対峙している現在、「成果型エコノミー」の実現に向けて日本の製造業はどのように取り組むべきなのでしょうか。デジタル・ビジネスで成功を獲得するためには、これまでの企業活動の延長線上では立ち向かえない多角的・多面的な重要な課題があります。今回は、リソース活用の観点から検討を行ってみたいと思います。

注釈1:エリック・シェイファー著『インダストリーX.0 製造業の「デジタル価値」実現戦略』。日経BP社。2017年。

産業の地殻変動に対峙するためのデジタル・ビジネス実行推進体制とは

「成果型エコノミー」を実現するには、顧客の経営課題とそれらを解決することによるアウトカムを見出した上で、自社のサービスの貢献の仕方やビジネスモデルを創造する、というこれまでとは全く異なるケイパビリティが求められます。言い換えると、これまで伝統的な製造業には求められてこなかったケイパビリティが求められていることに目を向けるべきでしょう。

産業の地殻変動に対峙するためのデジタル・ビジネス実行推進体制とは

  1. オペレーション企画・プランナー:顧客視点から新サービスを企画し各役割担当者に指示を出す総合プロデューサー
  2. 業務プロセス・デザイナー:組織及び社内・社外を横断してサービス提供に必要な業務プロセスの変革ポイントをデザイン・調整する人
  3. データサイエンティスト:サービスの意思決定を支えるために探索的データ解析とモデリングを繰り返し行っていく人
  4. UI/UXデザイナー:デジタルの世界ではサービスの成否を左右する、ユーザーインターフェースのデザインに責任を持つ人
  5. バックエンドオペレーションアーキテクト:オペレーションの実行に責任を持つ人。人手とIT化の選択肢を柔軟に組み合わせて企画する力が必要
  6. デジタルソリューションアーキテクト:オペレーションを支えるソリューションの設計に責任を持つ人。既存のITへの影響を避けつつ新規サービス実証後は既存ITと融合させる柔軟な知恵と変化対応力が必要
  7. フロントロールアウトスペシャリスト:現場に近いところで社内外の関係各所の文化・風土を理解してサービス展開・バージョンアップの落とし込みに責任を持つ人

これらのメンバーを組織上配置する方法にはプロジェクト単位で考える方法と、組織構造に組み込んでしまう方法があります。いずれにせよ、伝統的な枠組みとは異なる発想が必要となります。

デジタル・ビジネス成功のカギを握るイノベーション・オーケストレーターの存在

個々のビジネスは前述のケイパビリティを備えた人材で取り組むことが前提になってきていますが、これらを企画段階から旗振り役となる、イノベーション・オーケストレーターの存在がデジタル・ビジネス成功のカギを握っています。イノベーション・オーケストレーターはあたかも、オーケストラの指揮者のように、顧客価値の本質に響くサービスをビジネス・コンテキストに変換し、顧客に届ける存在です。では、このイノベーション・オーケストレーターが備えるべき資質とはどういったものなのでしょうか。


  • 巻き込み型のリーダーシップ
    経営者から現場のデジタル・ビジネスを推進する実行部隊まで、企業組織のあらゆるレベルや部門に対して関係を築き、これまでの硬直化した組織構造とワークフォースから生じる軋轢やしがらみを効果的に調整できる強い影響力が必要となります。また、デジタル・ビジネスはこれまでのような「モノ」を主体としたプッシュ型のビジネスモデルとは根本的に異なり、「顧客サービス」を主体としたプッシュ型のビジネスモデルとなるため、これまでの自社リソースだけではなく、それぞれの領域で強みを持った他社・他機関とのパートナーシップを伴いながらサービスをローンチします。そうした社外のネットワークもオーガナイズできる能力が求められているといえます。


  • デザインシンキング > ロジカルシンキング
    デジタル・ビジネスの本質は「人」を徹底的に観察し、顧客の求める本質的価値に響くサービスをデジタル・テクノロジーをフル活用して提供することにあります。業務課題解決はロジカルシンキングが有効ですが、論理だけでは欲しいサービスは見つかりません。目まぐるしく変化する環境下で、真の顧客価値に気づき、そのアイデアをビジネスモデルにまで昇華させるには、デザインシンキングが有効です。日本人にとって「デザイン」という言葉は、「この商品のデザインは秀逸だ」のようにモノの形や色など「結果」のみとして捉えられることが多いですが、デザインシンキングにおける「デザイン」は結果だけではなくその過程そのものを含んだ思考法で、欧米では人間のニーズに目を向け、その解決として商品やサービスを開発することとして捉えられています。「モノ」のデザイナーは、材質や加工方法に関する知識はさることながら、価格感や量産プロセスまで熟知していることが多いといわれています。イノベーション・オーケストレーターは「サービス」の絵姿を描くだけではなく、それに必要なデジタル・テクノロジーやビジネスプロセスやその収益モデルまで含めた感覚が備わっていることが求められます。


  • 自社製品に捉われない発想、将来の社会変革ビジョン
    イノベーション・オーケストレーターが答えるべき問いは、自社製品の売り上げ向上や新マーケットへのペネトレーションなどが起点とはなりません。自社製品に捉われたものの見方を捨て、社会が本質的に必要としている価値を問い続け、それを実現するために自社製品がどうあるべきか、どういうデジタル・テクノロジーを活用したプラットフォームを構築すべきかを考えることにあります。「モノ」ありきの事業戦略の問いかけからスタートしていては、「顧客価値」を起点にした問いかけを行っている企業に打ち負かされてしまう結果になっていくでしょう。

    そういう発想ができる資質をもったリーダーがそのビジョンを自ら語り、具体化したうえで仲間と共有し、新たなビジネス立ち上げの指揮をとっていくことが求められています。

まずは自前主義の限界に目を向けること

デジタルは恐ろしいスピードで変革をもたらします。技術や技能の「賞味期限」はいまよりも確実に短くなります。世界経済フォーラム(WEF)の調査では、現在最も需要のある職種や技能のほとんどが、10年前には存在すらしていなかったことがレポートされています。さらに、WEFは、仕事の内容があまりに急速に変化するため、いまの小学生の3人に2人は、現在はまだ名前すらついていない職業に就くことになるだろうと予測しています(注釈2)。

こうしたビジネス環境下では、新卒入社以降じっくり時間をかけてデジタル・ビジネスを推進する人材を育てる作戦は良策とはもはや言えなくなっているのは明確です。企業は社内で育てる人材と社外から獲得する人材をビジネス過程の適材適所で活用していく柔軟な運用が求められます。社外から調達する場合、クラウドソーシングやオープンイノベーションが最近注目されていますが、人材戦略や人材獲得からオンボードして成果を出すまでの一連のプロセス運用が定着していないことには単発的な成果に留まることになるでしょう。また、これまでのように社内だけの人材管理ではなく、グローバル・マーケットでの人材管理を行っていくことが必要となります。リソース・リクエストを出してから獲得してオンボードするまでのリードタイムや人材獲得のネットワークの太さ・多様性が今後の企業の競争力を大きく左右することになるでしょう。

「成果型エコノミー」の実現には、さまざまなリソースが必要となりますが、これら全てを自社内で抱えることはもはや不可能です。これまで伝統的な製造業には全く求められてこなかったケイパビリティが求められているという点を経営者自身が語り、経営陣に徹底共有させながら全社的にメッセージを出していく必要があるでしょう。

注釈2: World Economic Form, “The Future of Jobs-Employment, Skills and Workforce Strategy for the Fourth Industrial Revolution,” January 2016. http://www3.weforum.org/docs/WEF_Future_of_Jobs.pdf

お問い合わせ

お客様導入事例その他、開示可能な情報もあります。

詳細な資料をご希望の方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください。

TEL:03-3588-4453 (製造・流通本部直通)