Skip to main content Skip to footer

気候変動対策への舵取りを迫られる経営者

「アクセンチュアは、サイエンス、経済動向など、データドリブンのビジネスを展開しています。テクノロジーを活用し、ビジネス価値創出とサステナビリティへの取り組みを結びつけることで、競争優位性が高まるのです。」

— ピーター・レイシー(PETER LACY), Chief Responsibility Officer(CRO)兼サステナビリティサービス グローバルリード

気候変動の影響

現状の課題

危機をチャンスに

CEOが政策側に求めること

NDCs(国が決定する貢献)を1.5度シナリオに合わせる

パリ協定に沿ったカーボンプライシングに関する国際協力を強化する

グローバル・サウスに向け、1,000億米ドル以上の気候変動対策資金を拠出する

生物多様性の保全に関する共通基準とNbS(自然を基盤とする解決策)のための道筋を確立する

気候変動対策に関わる政策形成へ企業の影響力を高める

お問い合わせ

ピーター・レイシー

チーフ・レスポンシビリティ・オフィサー 兼 グローバル・サステナビリティ・サービス・リード

海老原 城一

ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ 公共サービス・医療健康 プラクティス日本統括 兼 サステナビリティ プラクティス日本統括 兼 アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター共同統括 マネジング・ディレクター

関連リンク

サステナブルな組織を構築する

企業は、ステークホルダー中心の組織となるための基礎となる「サステナビリティDNA」を強化することで、ビジネス価値を高めながらサステナブルな組織を構築。

サステナビリティ目標の達成と新たな価値の創造

サステナブルな未来を実現するための3つの経路と、持続可能な開発目標(SDGs)への潜在的な影響についてご紹介。

無駄を富に変える:サーキュラー・エコノミーで競争優位性を確立する

無駄を富に変える循環型経済モデルから利益を創出する5つのビジネスモデルや事例をご紹介。
ニュースレターで最新情報を入手(英語)