概要

本書はサーキュラー・エコノミーの考え方やフレームワークを示した前作を一歩進め、実践するための「ツールキット」

2016年、本書の前作である『サーキュラー・エコノミー ~デジタル時代の成長戦略~』(日本経済新聞出版)を出版した当時は、ヨーロッパを中心とした概念と捉える向きが強く、日本にいる多くのクライアントにとっては「聞いたことのない言葉」、「まだまだ遠い先の話」と受け止められることが多いのが実態でした。 しかし、あれから4年。サーキュラー・エコノミーはもはや今すぐ取り組むべき、ビジネスモデルとなりつつあります。

その変化の背景には、3つの社会的変化が含まれるでしょう。
1つ目は、環境対応に関する社会的な関心の高まり。
2つ目は、消費者の「所有から利用へ」という志向の変化。
そして3つ目は、「企業のあり方」に関する変化です。

従来より「三方良し」として社会全体に対してはもちろん、従業員や取引先なども含めたマルチステークホルダーに対して貢献することが企業の存在意義とされてきた日本にとっては、上記の3つの変化も相まって、「サーキュラー・エコノミー」の概念はこれからますます着目されていくでしょう。

本書はサーキュラー・エコノミーの考え方やフレームワークを示した前作を一歩進め、実践するための「ツールキット」としてまとめるべく、世界各地の事例を豊富に含め、読者の皆様にそれぞれの立場から理解をいただけるように編纂しました。 またこれからの時代、1社で変革を実現していくことはスピードにおいてもケイパビリティにおいても難しく、企業の枠組みを超えたエコシステムの形成が重要です。こうした視点からも、参考となる事例を見つけていただければ、監訳者としてこんなに嬉しいことはありません。

サーキュラー・エコノミーを取り巻く状況について、日本では、ベンチャー企業の取り組みが先行している一方で、大企業の参加が遅れているのが実態です。本書が世に広まることで、大企業を含めたコラボレーションが加速することにつながれば、当領域を軸にクライアント企業の変革のお手伝いをさせていただくコンサルタントとして望外の喜びです。

(「日本語版への序文」より一部引用)

サーキュラー・エコノミー・ハンドブック

目次

第1章 サーキュラー・エコノミーで変革を果たす

第1部 私たちは今どこにいるのか?―基礎を築く
第2章 サーキュラー・エコノミーのビジネスモデル
第3章 創造的破壊をもたらすテクノロジー

第2部  私たちはどこへ向かうべきか?―産業の影響を拡大する
第4章 サーキュラー・エコノミー:10業界の考察
第5章 金属・鉱業界の動向
第6章 石油・ガス業界の動向
第7章 化学業界の動向
第8章 電力業界の動向
第9章 機械・産業機器業界の動向
第10章 情報通信技術(ICT)業界の動向
第11章 パーソナルモビリティ業界の動向
第12章 家具・家電業界の動向
第13章 日用消費財(FMCG)業界の動向
第14章 ファッション業界の動向
第15章 eコマースとサーキュラー・エコノミーが出会う

第3部  どうすればそこへたどり着けるか?―方向転換する
第16章 サーキュラー・エコノミーへ方向転換するには
第17章 オペレーション
第18章 製品とサービス
第19章 文化と組織
第21章 エコシステムを深く掘り下げる 投資――金融サービスの役割
第22章 エコシステムを深く掘り下げる 政策――政策立案者の役割
第23章 サーキュラー・エコノミーの未来

著者

海老原 城一
Jyoichi Ebihara
ビジネス コンサルティング本部
ストラテジーグループ 公共サービス・医療健康 プラクティス日本統括
マネジング・ディレクター

東京大学卒業後、1999年アクセンチュア入社。行政、公共事業体、民間企 業の戦略立案から大規模トランスフォーメーションまで数多く手掛ける。コー ポレート・ストラテジーの立案や、新制度・新サービス設計/導入による効果 創出を実現。近年は、技術の進展に伴うデジタル戦略策定業務やスマート シティの構想立案に多数従事している。近著に『Smart city 5.0 ~地方創生を加速する都市OS~』(中村彰二朗共著、インプレス)がある。

サーキュラー・エコノミー・ハンドブック
サーキュラー・エコノミー・ハンドブック サーキュラー・エコノミー・ハンドブック