競争に打ち勝つ俊敏性 

厳しいビジネス環境の中で、既存の分野、新たな分野、そして未知の分野においても、企業が継続して競争優位性を維持するためにはどうすればいいのでしょうか。

競争に打ち勝つ俊敏性とは

競争に打ち勝つ俊敏性を備えた企業は、成長・収益性・持続可能性・信頼のそれぞれに同等の力を投入して経営を行っています。

競争に打ち勝つ俊敏性が重要である理由

企業は中核事業の経営をしっかりと行い、新規事業への投資を最大化し、成長に向けてリソースの配分を根本的に見直す必要があります。

競争に打ち勝つ俊敏性が目指す先

競争に打ち勝つ俊敏性は、企業の外からの要求で生まれ、企業の内で磨かれます。スピード感と自信を持って行動するリーダーは、創造的破壊をビジネスチャンスに変えることができます。


ゼロベース思考:ZBBからZBxへの進化

ゼロベース思考(ZBx)によりリソースを再配分し、緊縮性ではなく俊敏性に、推量ではなく可視性に、過去ではなく未来に注力して企業の成長と競争優位性を促進します。

ZBSC:COVID-19からの回復を加速する

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、従来のサプライチェーンに破壊的な影響をもたらしました。ゼロベース・サプライチェーン(ZBSC)によって、COVID-19からの回復を加速することができます。


『The Big Zero』

書籍『The Big Zero』では、組織にゼロベース思考を浸透させ、スタートアップのスピード感を企業規模で実現する手法について紹介しています。


流動性、収益性、企業価値をめぐる課題の解決 

不確実なビジネス環境の中で成功を収めるための5つの重要な財務レバレッジとは。

ビジネスモデルとオペレーティングモデルの最適化

ディスラプティブな戦略の実践においては、エコシステムや最新のテクノロジーを駆使して、ビジネスモデルとオペレーティングモデルの最適化の向けた永続的な取り組みが不可欠です。

レジリエントなオペレーティングモデル 

変化し続ける市場や顧客の行動に対応するために、組織のアジリティとレジリエンスを強化する。


NGO:イノベーションとインパクトの創出に向けたM&Aの実践

M&Aは、民間非営利団体(NGO)に新たなスピード感とスケールをもたらし、より包括的な変革の短期間での実現を可能にします。


回復力を高める

リーダーは財務チームの支援を通じてビジネスを再構築し、デジタルトランスフォーメーションを加速して、社会に変革を起こすことができます。

信頼と目的の構築

株主の視点に立った旧来の価値観を捨て去り、従業員、顧客、および社会との信頼関係を構築し、彼らと目的を共有することで業界をリードする。

サステナビリティ目標の達成と新たな価値の提供

サステナビリティ目標を企業の戦略に組み込むことができるリーダーは、自社と社会の双方に共通の価値を提供することができます。


新たなブランド 社会的存在意義 

COVID-19はあらゆる企業が社会にもたらす影響を明らかにし、各社のブランド価値や社会的な存在意義にあらためてスポットライトを当てました。


UNGC-CEOにとってのサステナビリティ調査

企業のCEOは、持続可能なグローバル開発目標の達成に向けて、ビジネスコミュニティはこれまで以上に貢献できる、あるいは貢献すべきであると考えています。

ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)
ribbon theme icon