看護小規模多機能型居宅介護(以下、看多機)と医療機関の連携を強化し、中重度の医療ニーズのある高齢者や看取り期の高齢者を在宅で受け入れやすい社会の実現に向けた事業です。

課題

看多機は、退院直後の在宅療養生活へのスムーズな移行や看取りを含めた在宅生活の支援を行うことを目的としていますが、医療機関に従事する看護師の方々からの認知度が極端に低いことが課題となっています。医療機関への看多機の周知および医療機関と看多機の相互理解を深める取り組みが求められます。

概要

高齢化が進む中、中重度の医療ニーズや看取り期にある者に対応する在宅の限界点を高めていく在宅サービスの充実が期待されています。医療機関から在宅療養生活へとスムーズに移行し、看取り期における継続的な支援を提供するためには、介護事業所と医療機関の密な連携が欠かせません。「看多機」のサービスにおいては、退院直後の在宅療養生活へのスムーズな移行や看取りも含めた在宅生活の支援を行うことを目的としていますが、医療機関における従事者の認知度は未だ十分ではありません。

取り組み概要/ソリューション

本事業では、医療機関への看多機の周知および医療機関と看多機の相互理解を深める取り組みの一環として、以下取り組みを実施します。

  • 看多機能と医療機関の連携モデル
  • 上記、試行的実施の効果検証
  • 看多機事業所向け研修会の実施
    1. 医療機関で退院支援に関わる医療従事者に対して、 看多機の特徴と魅力を理解してもらうための研修資料作成と研修の実施
    2. 医療機関と看多機の連携モデル(人事交流や退院支援に関わるコミュニケーション支援等、全国で2つの連携モデル想定)の試行的実施
    3. 上記、試行的実施の効果検証
    4. 看多機事業所向け研修会の実施
    5. 医療機関の看護職等と看多機管理者等の意見交換会を相互理解の取り組みの一環として実施
    6. 報告書作成

成果物

本資料は、看多機管理者の方々に、本資料をもとにして、医療機関説明向けの看多機紹介資料を作成いただくことを目的としております。 当該資料を使って医療機関に看多機の説明をすることで、医療機関に看多機の魅力を知ってもらい、より多くの患者の紹介につながることを目指しております。

在宅医療を支えるかんたき

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで