食と農林水産業(Food and Agri-business)

世界的な食需要の多様化、倫理的かつ持続可能な生産への要求の高まり、および国内農林水産業における需給双方の減少を受け、日本の食・農林水産業においてはデジタル化・グローバル化の必要性が高まっています。アグリビジネスの専門家チームをグローバルに展開するアクセンチュアが、お客様の成長を支援します。

食・農水産業をめぐるグローバルと日本

「食」における農水産業はいま、グローバル化とデジタル変革の2つの波を受け、大きな転換期を迎えています。世界と日本の食の市場および生産者の実情に関する知見を有するアクセンチュアでは、幅広いソリューションのご提案を展開しています。

全世界を対象とした調査の結果、日本とグローバルの間には食と農業をめぐって共通点がある一方、日本の独自性に基づく明確な違いが見られます。その差を「質・量」の2軸で比較すると、緩やかな人口減少局面を迎えている日本に対し、人口爆発とアジアやアフリカの都市部などで地域市場の急激な発展が進んでおり、質の点では共通項としてエシカル(道徳的・倫理的)、サステイナブル(持続可能性)な消費を志向する消費者の登場が見られます。

さらに距離や時間の差を解消するデジタル技術は、生産者と直接つながりたいといった消費者の嗜好を叶え、ダイレクトチャネルの台頭を実現しているほか、食品業界のEコマースにおける大きな推進力となっています。また、コロナ禍の影響で中食市場は加速し、消費者の食嗜好が変化・多様化しているのも昨今の特徴です。

そうした消費者サイドの変化に対し、供給側はどのような状況にあるのでしょうか。世界的に需給を直接マッチングする新しい流通形態が発展しているほか、生産現場ではセンサー技術、ドローンといったデジタル技術の活用が進んでいます。データに関する技術はトレーサビリティを向上させ、鮮度保持の技術は世界的に普及しています。

一方、リソース不足は供給危機を招いています。日本では農業人口の減少が止まらず、生産者が小規模であるが故に収益性の低さ、関連産業の頭打ちといった課題があります。海外では大規模営農者の登場やバイオ企業・テクノロジーベンチャーの出現など、伝統的農業の価値観にとらわれないプレイヤーが登場しています。

日本の農水業への「9つの指針」

デジタル化とビジネスのグローバルが進んでいる今日において、日本のアグリビジネスの持続的成長に必要な「9つの指針」をアクセンチュアでは提唱しています。

指針1「農業DXの実現」、指針2「インプット革命によるコスト削減」で、DXによる儲かる営農を志向するとともに、指針3「多様な嗜好の消費者に合わせた流通の構築」が多様化に対応した次世代流通を目指します。並行的な取り組みとして、指針4「地域創生のキーコンテンツとして活用」が多様な価値の訴求による国内アグリビジネスの再活性化を促します。

対象市場拡大と脱「超ニッチ」を目指す指針5「現地市場との関係強化で輸出拡大」、指針6「日本ノウハウの海外生産の促進」のほか、指針7「日本型種苗産業の拡大」と指針8「グローバルを席巻する生産者支援プラットフォームの確立」による農業関連産業の海外展開が、日本の農業の海外市場へのシフトを加速させます。

また、代替たんぱく質市場への先行投資を主軸とする指針9「細胞農業を高収益産業として確立」は次世代一次産業の創出を支援します。

日本のアグリビジネスにおける9の指針

ケイパビリティ

海外展開戦略策定・マーケティング調査

海外での消費者・事業者調査、食品規制調査等に基づき、「対象国×品目×ターゲット(BtoB/BtoC)」の戦略的な絞り込み、マーケティング・サプライチェーン構築に向けた戦略策定を実施しています。 また、戦略策定に留まらず、成果のフォローアップ・施策の改善に向けた支援を行っています。

ブランディング戦略策定

日本食・日本産品の強み及び現地消費者・事業者認識の双方を理解した上で、日本食・日本産品のブランディングコンセプト・ターゲットペルソナ(消費者像)の策定、プロモーション手法の検討等を支援しています。

デジタルマーケティング

SNS等のデジタルメディアを活用したマーケティングやECサイトを利用した販売等の支援を行っています。売上拡大という明確な目標達成のために、定量的なデータ検証を通じて効率的なマーケティングを実現します。

海外展開支援

案件ベースで、ビジネスモデルの策定・収支シミュレーション等を通じたフィージビリティスタディを行っています。戦略策定に留まらず、国内外の官民ネットワークを活用して、海外展開に向けた体制構築・販路開拓等を支援することが可能です。

共通価値の創造(CSV)・サステナビリティ

変化が激しいアグリ領域の規制への対応支援、企業活動と社会の共存を起点としたイノベーション促進・新規ビジネス創出支援、持続可能なオペレーションを実現します。

ICT活用による生産拡大(デジタルアグリ)

ICTを活用したセンシング(データ収集)、農業クラウド・アナリティクス、オペレーション最適・自動化等のサービスを提供し、農産物の生産拡大を実現します。

林業コンセッション

林業のコンセッションにおいて重要となる、ドローンやIoTなどデジタル技術活用による効率化と、デジタル技術を前提にしたデータに基づくサプライチェーン全体でのオペレーション設計を支援し、生産性の高い林業を実現します。

生産者向けデジタルプラットフォーム

生産者の生産性や収益性向上には、経営と営農に関する多様な情報を統合することが急務となっています。資材購入、生育管理、消費者直販を含む農産物販売等の広範で多様な情報を生産者視点でタイムリーに提供するプラットフォームの構築や運営支援を行っています。

全て見る

外部メディア掲載記事

「平成26年度輸出戦略実行事業」

「平成26年度輸出戦略実行事業」(委託先:アクセンチュア株式会社)の最終報告書を掲載いたします。

次世代アグリビジネス - 人材育成の観点から考える2030年の農林水産業

「銀の匙 Silver Spoon」というコミックをご存知だろうか。高校生を含む若い就農者が畜産業という自然を相手にする事業において、手探りで失敗と成功を積み重ねていく話だ。では実際の農林水産業の現場を取り巻く環境はどうだろうか。本連載では、主に農業を中心に国内外の農林水産業の実態を俯瞰しながら、

ニュース

水産物・水産加工品の輸出拡大に向けた海外市場調査結果を発表

アクセンチュアは、水産物・水産加工品輸出拡大協議会からの委託を受け、その連携のもとに「水産物・水産加工品の輸出拡大に向けた海外マーケット調査」を実施しました。次なる有望市場のニーズなどを調査、輸出拡大に向けた提言を取りまとめました。

アクセンチュア、米国農務省からSAP HANA®クラウドソリューション構築案件を受注

アクセンチュアは、米国農務省から、同省の最高財務責任者(CFO)直下の財務局向けに新しいクラウドソリューションを構築する案件を受注したことを発表します

リーダー紹介

採用情報

あなた自身のビジョンとスキルを駆使して、グローバルなビジネス課題の解決に乗り出してみませんか。変化し続けるビジネス環境の下、世界中のお客様の組織再構築を支援して充実したキャリアを築いていきましょう。

さらに詳しく

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで