Skip to main content Skip to footer

公共サービスにおけるクラウド活用:継続的な機会の創出

2021/09/07

調査レポート

概略


公共サービスにおけるクラウドの必要性


57%

公共サービス機関の幹部の57%が、クラウド移行の加速が事業に不可欠であると考えています。


47%

公共サービス機関の幹部の41%が、AIと機械学習が今後数年間で最もコンピュータリソースに影響を与えると考えています。


83%

公共サービス機関の幹部の83%が、クラウドがイノベーションと新たな事業モデルを加速するのに必須である、または非常にそう思うと回答しています。


72%

公共サービス機関の幹部の72%が、コンピューティング性能に対するニーズが今後2~3年で倍以上高まると予想しています。

成功の柱:クラウド・コンティニュアムの考察

01. クラウド・コンティニュアムのパワーを深く理解する

02. 標準となる実践を確立する

03. 市民と職員の体験を優先する

04. クラウド・コンティニュアムにはコミットメントが必要であると認識する

デジタル変革が加速したパンデミック後の時代において、公共サービス機関はクラウド移行によってどれくらい成果とサービスの改善を確実にすることができるでしょうか。

クラウドの継続的見直し

著者について

Valerie Armbrust

Managing Director – Health & Public Service, Technology and Cloud


Ahmed Hassan

Managing Director – Defence and National Security Lead, Australia and New Zealand


Timo Levo

Managing Director – Public Service, Defence, SAP, EMEA


水田 響

公共サービス・医療健康本部 マネジング・ディレクター


ニュースレターで最新情報を入手(英語)